欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません



妊娠5週の胎児と母体の特徴とつわりについて

喜ぶ女性
妊娠5週は、女性ホルモンが盛んに分泌されるため、体調が変化したり月経が遅れたりして妊娠に気が付く方も多い時期です。妊娠の予兆を感じ、病院へ行く前にまず市販の妊娠検査薬を試し、待望の妊娠を確認したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、妊娠5週は月経開始予定日から1週間しか経過していないため、中にはちょっと遅れているだけかな、と妊娠に気がつかなかったり、月経予定日付近に少量の出血(着床時出血)があったために月経と間違えてしまったり、だるさを風邪と勘違いしたという方もいらっしゃいます。

この時期は安易に薬を飲まないように気をつけるべき時期でもあるので、妊娠の可能性がある方は、体のちょっとした変化が気になったらできるだけ早めに受診することが大切です。

本記事では、妊娠5週の胎児と母体、妊娠初期に起こるつわりについてご紹介します。

妊娠5週の胎児

赤ちゃん
この頃の赤ちゃんは、正確にはまだ胎児ではなく胎芽と呼ばれる時期で、超音波検査ではまだ心拍を確認することはできません。大きさも0.13~0.25cm程度で小さなおたまじゃくしほどですが、栄養素や酸素を取り入れるための胎盤とへその緒が発達するなど、急速に成長を遂げています。

このほかにも、妊娠5週の赤ちゃんにはさまざまな変化が起こっています。

神経組織が発達

見た目は豆粒のようで、まだヒトの形をしていない妊娠5週の赤ちゃんですが、脳と脊髄の基である神経管が膨らみ始め、神経組織が発達し脊柱と脳が形成されていきます。特に脳が急速に拡大し、頭部が大きく発育します。

重要な器官が作り出される時期なので、この時期に妊娠に気がつかず薬や多量のアルコールを摂取してしまうと赤ちゃんに影響が出る可能性もあります。

大動脈や肝臓が形成される

体のさまざまな器官ができ始める妊娠5週は、心臓に繋がる大動脈や肝臓などの消化器系の臓器や肺の原型なども形成され始め、この週の終わりごろになると、赤ちゃんの心臓から臓器に血液を送り出そうとします

臓器だけでなく、腕や足のもとになる突起状のものができ、顔も耳ができる場所にはくぼみが現れ、あごや頬、口、舌、泌尿器系や生殖器系になっていく部分など、産まれてから生きていくうえで非常に重要な器官が形成され始める大切な時期です。

妊娠5週の母体

妊娠中の夫婦
妊娠に気が付く方も多い妊娠5週ですが、まだ妊娠しているという実感は薄いかもしれません。しかし、お腹の赤ちゃんの身体では重要な器官ができ始めている時期なので、当然お母さんの身体の中でもさまざまな変化が起こっています。

妊娠の初期症状は個人差が大きいため、全く症状がない方もいれば体調の変化を敏感に感じる方もいます。

ここでは、妊娠5週の母体についてご紹介します。

おりものが変化

妊娠の初期症状のひとつとして、おりものの量や色の変化が挙げられます。しかし、このおりものの変化に気が付くためには、普段から自分のおりものの状態を知っておかなければなりません。

そもそもおりものとは、膣から排出される分泌物です。膣壁や子宮頸部、子宮内膜、バルトリン腺などから分泌されていて、膣内に病原菌が侵入して繁殖しないようにする役割と、排卵期に受精を助ける役割を担っています。

また、おりものは女性ホルモンによって状態が変化するため、エストロゲンという女性ホルモンが増える妊娠中は、子宮頸部から分泌されるおりものの量が増えます。そのため、妊娠初期は水っぽいおりものが多くなるのですが、おりものから悪臭がしたり、膣にかゆみや焼灼感を感じたりする場合には、早めに受診するようにしましょう。

精神面の変調

妊娠すると身体的変化だけでなく女性ホルモンのバランスに乱れが生じます。そのため、ついイライラすることが増え、いつもならなんでもないことでも気になったり、悲しく感じて涙が出たりすることもあります

通常時は、主にエストロゲンとプロゲストロンの2種類の女性ホルモンが交互に優位になって女性の体に作用していますが、妊娠時は月経のときと似た女性ホルモンのバランスの変化が起こるため、月経前症候群と同じような症状が出るのです。

さらに、出産への漠然とした不安などが重なることも精神面の変調に影響していると考えられており、つわりの症状を強く感じる可能性もあります。

また、プロゲステロンの影響により、腸の運動が低下するため、妊娠初期から出産までは便秘になりやすくなることもあるので、普段から水分と食物繊維を意識してとるようにすることも大切です。

つわりについて

横になる女性
妊娠5週は、吐き気や食欲不振など、つわりの症状が出てくる時期でもあります。妊婦さんの50~90%にはなんらかのつわりの症状が現れますが、10%程度はつわりがない方もいるようです。

ここでは、妊娠初期の辛い症状であるつわりについて詳しくご紹介します。

つわりの症状

一般的につわりは妊娠4~6週目くらいから始まり、12~16週目ごろには落ち着いてくることがほとんどです。しかし、赤ちゃんが産まれるまでずっとつわりの症状が続いていたという方もいるので、つわりの期間に関しては一概にはいえません。

つわりの症状についても、期間と同様に人によって違いますが、主に以下のような症状を感じることが多いです。

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • ニオイに敏感
  • 食べ物の好みが変化する
  • 眠気が覚めない
  • イライラする
  • 頭痛がする
  • 体がだるい

症状の程度は千差万別で、普段より少しムカムカする程度の方もいれば、つわりの間ずっと寝込んでしまう方もいます。さらに症状が悪化すると、妊娠悪阻となり、脱水症状や栄養障害、代謝障害などに発展し、中には入院を余儀なくされるほど重症になる方も1~2%ほどいます。

また、食欲がなくなるのがつわりだと思いがちですが、その反対に何か食べていないと気持ちが悪くなってしまう、食べづわりになる方もいます。

つわりの対処法

つわりの原因はいまだ解明されておらず、今のところはただ時期が過ぎるのを待つしかありません。しかし、以下のような対処法を実践することでつわりの症状を軽減し、妊娠初期を楽しく過ごすことができる可能性があります。

  • 食べたいものを食べられるだけ食べる
  • お腹が空く前にこまめに食べる
  • 気分が悪くなったらすぐに横になる
  • お友達と会うなど気分転換をする
  • 趣味に没頭する時間をとる
  • 水分をできるだけ多くとる
  • 家事はできるだけ協力してもらう
  • ブラジャーなど体を締め付けるものをつけない

つわりの時期は栄養バランスよりも食べられるものを食べられるだけ食べることを意識します。栄養が気になる場合は、サプリメントなどを活用するなど、楽に過ごせるように努めましょう。

特に葉酸は、妊娠5週に始まるさまざまな赤ちゃんの身体の形成に必要な大切な栄養素です。本来は緑黄色野菜や納豆から摂取することが理想ですが、つわりの時期は無理をせずにサプリメントで補うようにしましょう。

また、症状が辛過ぎるときは医師に相談すると吐き気を和らげるような漢方や、ビタミン剤などを処方してくれるので、我慢せずに相談してみることも大切です。

出生前に疾患がわかるNIPT検査とは

NIPT
妊娠5週目は、身体や精神面にさまざまな変化が訪れる時期ですが、健康な赤ちゃんが産まれてくるかなどの不安にも襲われるときでもあります。

近年、妊娠中の方が任意で受けることができる新しい出生前診断として注目を集めているNIPT新型出生前診断)は、妊婦さんの血液中に含まれる胎児に由来するDNA断片を分析し、胎児に特定の染色体疾患の可能性がないかを調べる検査です

NIPT検査でわかる先天異常としてはダウン症候群エドワーズ症候群、パトウ症候群がありますが、いずれも染色体異常で、通常2本ある染色体が3本になることで起こる疾患です。

NIPT検査はあくまでも疾患の可能性を知るための検査なので、検査結果を保証するものではありませんが、疾患の可能性を知ることで、赤ちゃんが産まれてくるまでに気持ちの整理をすることができます。

また、陽性と判定が出て不安に感じる場合は、遺伝カウンセリングを受けることもできるので専門知識を持っているカウンセラーに相談することも可能です。

まとめ

妊娠5週の胎児と母体、妊娠初期に起こるつわりについてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

妊娠5週はつわりが始まることもあるため、身体も心も不安定になりがちな時期ですが、日々赤ちゃんが急速に成長している大切な時期です。つわりがひどいときは家族にも協力してもらい、無理をせずにゆっくりと過ごし、これから赤ちゃんを迎えるための心の準備をするようにしましょう。

上記でご紹介したNIPT検査は、一般的に妊娠10週を過ぎると受けることができるようになりますが、中には遺伝カウンセリングの体制が整っていないなど施設の環境が不十分な病院も存在します。

しかし、東京の北青山にある「ミネルバクリニック」は無認可施設でありながら、臨床遺伝専門医による診療や遺伝カウンセリングなどを受けられるうえ、妊娠9週目からNIPT検査が可能です。

しかも「ミネルバクリニック」のNIPT検査は年齢制限もなく、紹介状も不要で予約も取りやすいので、NIPT検査を受けようと思い立ったときにすぐに受診することができます。

NIPT検査を検討している方はぜひ一度、適正価格で質の高い検査を受けられる「ミネルバクリニック」にご相談ください。

関連記事




















ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます


 

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移