ミネルバクリニック診療案内

内科

日本内科学会内科専門医として、内科分野を例えば消化器内科、呼吸器内科と言う風に臓器を限定するのではなく、臓器横断的に診療いたします。
内科医は、科学的な知識と臨床的な専門知識を用いて、健康から複雑な病気に至るまで、成人の診断、治療、思いやりのあるケアを行う専門家です。

担当医:総合内科専門医 仲田秀史 仲田洋美

腫瘍内科

こちらも比較的新しい概念で、我が国ではまだ浸透しておりませんので、米国国立がん研究所(National Cancer Institute, NCI)の用語辞書より引用しましょう。

腫瘍内科医とは、がんの診断や抗腫瘍薬・ホルモン治療・生物学的治療・分子標的治療などの治療を行うことを専門とする医師であり、担がん患者にとって主たる医療従事者であることが多いです。腫瘍内科医は、緩和ケアも行い、また、他の専門医たちの治療の調整をすることもあります。

米国のoncologist(腫瘍医)は時として、理学療法、精神カウンセリング、臨床遺伝学など。患者の集学的治療のコーディネートを行う役割を果たします。

担当医:がん薬物療法専門医 仲田洋美

遺伝子診療専門外来

臨床遺伝専門医は、遺伝子と健康の間の相互作用に関わる医学を専門としています。遺伝性疾患を持つあらゆる年齢層の人々を評価、診断、管理、治療、カウンセリングするための訓練を受けています。

遺伝や遺伝病についての悩み・不安に対応し、遺伝子検査の情報を提供します。

疾患関連遺伝子研究の飛躍的進歩により、遺伝に関する相談を受けたり、確定診断や発症リスクを予測するための遺伝学的検査の実施に対するニーズが格段に増加しています。

ミネルクリニックでは日本人類遺伝学会認定の臨床遺伝専門医が遺伝性疾患に関するさまざまなご依頼やご不安に対応いたします。遺伝子検査の提出先検査機関に関しては、国内外を問わず幅広くご用意させていただきます。受検者ご自身でそれぞれの検査会社を比較検討して、発注先を決定できるように情報提供させていただきます。

担当医:臨床遺伝専門医 仲田洋美

出生前診断専門外来

胎児の染色体異常を母体から採血して調べるNIPTを提供しています
母胎の血液からDNAを採取して検査します。
NIPTは母体の採血だけと侵襲が少なく、トリソミー21(ダウン症21トリソミー))・18トリソミーエドワーズ症候群(18トリソミー))・13トリソミーパトウ症候群)という胎児の染色体の数の異常により発生する疾患のうち、頻度が高い3つの症候群に対する安全で信頼性の高いスクリーニング検査です。

担当医:臨床遺伝専門医 仲田洋美

呼吸器疾患外来

呼吸器専門医が、鼻、喉(咽頭)、喉頭、気管、肺、横隔膜などの呼吸器系に影響を与える疾患の診断と治療を行います。
呼吸器内科では、気道や肺、その内膜や血管、呼吸に必要な筋肉や神経などのさまざまな疾患の診断と治療を行っています。呼吸器内科は急性期医療や一般医療と密接に関連しており、一般医療のうち呼吸器疾患が占める割合は約3分の1と言われています。ほとんどの呼吸器内科医は、呼吸器内科だけでなく、一般内科の研修も受けています。

担当医:呼吸器専門医 仲田秀史

セカンドオピニオン専門外来

現在またはこれから受ける治療についてのセカンドオピニオンを致します。
主治医の先生からの医療情報を頂いて、提示されている治療方法に対するみなさまの不安や疑問を解決する診療です。

担当医:仲田洋美、仲田秀史