ミネルバクリニック|総合内科

内科医を象徴する聴診器

成人の診断と治療を専門とする医学分野を内科学といいます。内科を専門とする医師は、内科医と呼ばれます。内科のサブスペシャリティには、アレルギー・免疫学、心臓病学(心臓疾患)、内分泌学(ホルモン疾患)、血液学(血液疾患)、感染症、消化器病学(消化器疾患)、腎臓病学(腎臓疾患)、腫瘍学(がん)、肺病学(肺疾患)、リウマチ学(関節炎および筋骨格系疾患)などがあります。

内科医とは何か?

内科医は、科学的知識と臨床的専門知識を用いて、健康な成人から複雑な病気の成人までの診断、治療、思いやりのあるケアを行う専門家です。内科医は、特に、不可解な医学的問題の診断慢性疾患の継続的なケア複数の疾患を持つ患者のケアに精通しています。また、内科医は、健康増進や疾病予防を専門としています。

内科医は、「内科医」、「総合内科医」、「内科医」と呼ばれることもあります。内科医はプライマリーケアの医師として活動することもありますが、総合診療医ではありません。

内科医は、心臓病、高血圧、糖尿病、肥満、慢性肺疾患などの症状を持つ患者を日常的に診ています。内科医は、他の医学分野の医師と相談したり、他の専門家から患者の相談を受けることもあります。

内科専門医になるためには、医学部を卒業した後、2年間の臨床研修を終えたのち、通常3年間の内科の研修を受けなければなりません。一般的な内科研修が終了すると、内科医としての診療を開始することができますが、内科医はその後、循環器科や感染症など、内科の特定の分野をサブスペシャリティとして選択することもできます。サブスペシャリティのトレーニングはフェローシップと呼ばれ、2~3年の追加トレーニングが必要となります。

内科専門医は医学のさまざまな側面について多くを学び、そのすべてを患者さんに最高のケアを提供するために応用します。

内科と総合診療科の違いとは?

内科の医師は、通常、成人を対象とし、病気や慢性疾患の予防、診断、管理を専門としています。総合診療科の医師は、家庭医のようなもので、性別や年齢に関係なく患者を診療することができます。

担当医

仲田秀史(総合内科専門医、呼吸器専門医)
仲田洋美(総合内科専門医、がん薬物療法専門医臨床遺伝専門医