当院のコンセプト

「遺伝診療をちまたで」
「今日の先進医療、明日の地域医療」
「地域にこそ専門医」をコンセプトに、
皆様のお役にたてる医療機関に成長していきたいと存じます。

遺伝子診療をちまたで

内科専門医、がん薬物療法専門医、臨床遺伝専門医として、
遺伝診療を中心に専門的な診療をご提供いたします。
遺伝診療が大学病院などの大病院でしかできない現状を変えたい、
ハードルを下げて診療を受けやすくすべきだ、
というのが院長仲田の考えです。

今日の先進医療、明日の地域医療

先進医療は、近い将来、
一般化して地域医療となるものです。
遺伝子診療は現在大病院しか提供できていませんが、
遺伝に関連する問題は多くの方がお持ちです。
大病院でしか相談できないというハードルを下げたいと考えています。
仕事のため昼間に受診できない、という方々の為に、
当院では土日・夜間の診療を行います。
診療はすべての時間帯で完全予約制でお受けします。

地域にこそ専門医

みなさんが相談しやすい地域にこそ専門医が必要である。
確固たる考えのもと、北海道から沖縄まで、
本当に全国から患者さんを受け入れています。

 

当院の基本理念

当院は、がん対策基本法を現場で実践するということを
基本理念に掲げて養成されたがんプロフェッショナル養成プラン1期生の院長が

大学病院レベルの専門診療を地域でというコンセプトに
新宿区で開設した
新宿ミネルバクリニックが港区に移転したものです。

開設者である院長は、がん対策基本法の理念であるがん治療の均填化
(全国どこでも同じ医療が受けられるように
均質な医療を提供することを意味しています)
を現場で実現する医療職を養成するため
2008年度より全国各地に設置された医学部医学科大学院コースである
がんプロフェッショナル養成コースの1期生です。

遺伝性乳がん卵巣がんをはじめとする遺伝性腫瘍が、
近い将来では出生前診断の対象となると院長仲田は予測し、
大学院2年目の2009年に遺伝の勉強を始め、
2010年より遺伝専門医修練過程に入り、
同年、がん薬物療法専門医を取得、
2011年に臨床遺伝専門医を取得し、
我が国初のがんと遺伝の専門医となりました。
そして、昨今、遺伝診療を取り巻く状況に風穴を開けるべく、
新型出生前診断を開始いたしました。
近い将来、NIPT(染色体の数の異常を検出する検査です)は、
どんどんNIPD(胎児の遺伝子の異常による疾患を検出する検査です)に
発展していきます。
既に可能となっている疾患群もあります。
こうした時代に、われわれ専門医が手をこまねいているのもどうか、
現場の専門医として交通整理をすべきだ、という考えのもと、
喧騒の街、歌舞伎町から
スタイリッシュな街、北青山に移転し、
より、全国の皆様のためにお役に立てるよう精進いたします。
今後とも、引き続きよろしくお願い申し上げます。

尚,ミネルバクリニックでは,
「すべての子供たちの出ていく社会を少しでも良くしたい」
という,母親としての思いから
院長仲田が,医療にまつわるさまざまな問題を業界内部に発信して
取り組みを続けています.
こうした活動も,時折ご報告しておりますので,
めっちゃお転婆な
公式ブログもご覧くださいませ.
よろしくお願いいたします (^_^ゞ

Pocket