欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません

妊娠12週の胎児と母体の特徴と始めるべき母体のケア

妊婦さん妊娠4ヵ月に突入する妊娠12週は、つわりのピークである妊娠3ヵ月を超えて体調が落ち着いてくる頃です。

流産の確率もこの頃からぐっと低くなり、安心してゆったり過ごせる日が増えて、赤ちゃんとの生活がより楽しみになってくるという時期です。

母体は妊娠12週頃からお腹が大きくなりはじめるので、いよいよ周りから見ても妊婦だと認識されるようになる方もいます。

この記事では、妊娠12週の胎児と母体の特徴と、この時期にはじめるべき母体のケアをご紹介します。

妊娠12週の胎児や母体について知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

妊娠12週の胎児

胎児のイメージ画像
妊娠12週の胎児はお腹の中でゆっくり成長していて、頭殿長約6cm、体重は10~15gほどになっています。

まずは、妊娠12週の胎児の特徴についてご紹介します。

体毛が現れはじめる

妊娠12週の胎児は超音波検査で確認すると、運が良ければ排尿する様子がわかることもあります。手や足を動かしたり、頭を動かす様子も見られますが、胎動を感じるまでにはもう少し時間が必要です。

顔周りにはまつ毛やまゆ毛などの体毛が少しずつ現れ、耳の形も整ってきます。まだ音を感じることはできないものの、超音波検査で確認できる人間らしい姿が愛らしく、ますます赤ちゃんの誕生が楽しみになることでしょう。

胎盤が完成する

妊娠12週~15週の妊娠4ヵ月の期間で、胎盤が完成して赤ちゃんはへその緒を通じて栄養を受け取れるようになります。

赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠である胎盤は、酸素や栄養分、水分を胎児に送り、胎児から排出された二酸化炭素や老廃物を母体に送って処理します。

母体の血液中の物質は胎盤ができるまで、濃度は低くてもそのまま胎児に移行してしまう可能性があるので、とくに薬の服用などには気をつける必要があります。一方で、胎盤ができると分子量の大きいものは胎児に移行しないようになり、有害なものは胎盤がフィルターの役割をして赤ちゃんに届かないようにします。

しかし、胎盤が完成したからといって医師の指示のない薬を服用することは控え、分子の小さいニコチンやアルコールは胎盤を通過してしまうので、引き続き禁煙をおこない、飲酒に気をつけるようにしましょう。

妊娠12週の母体

妊婦さん
妊娠12週になると、超音波検査は経腟超音波のプローブではなく、母体のお腹の表面に検査機器をあてる経腹法に変わります。

ここからは、妊娠12週の母体の特徴をご紹介します。

つわりが治まってくる

妊娠12週になると、辛いつわりもそろそろ落ち着いてくる頃です。個人差はありますが、大体妊娠16週頃までには徐々に症状が落ち着いていき、食欲が出てきたと感じる方もいます。

妊娠12週に入っても「つわりがまだ酷い…」と感じている方も、落ち着くまであともう少しの辛抱です。

つわりが治まってきたと感じたら、つわりが辛くて偏りがちになっていた食生活を見直し、栄養バランスを考えた食事を心掛けましょう。

また、胎盤が形成されて胎盤から妊娠に必要なホルモンが分泌されることによって、ホルモンバランスが安定して、だるさや熱っぽさも解消されていくので、つわりが治まると同時に体調が徐々に回復し、出産や産後の準備のことも考えられるようになってきます。

お腹が膨らみはじめる

妊娠12週頃になると、子宮の大きさはグレープフルーツくらいになり、徐々にお腹の膨らみがわかるようになってきます。

体を締めつけるような服装は血流を悪くしてしまうので、無理に着用せずにゆったりした服装を心掛けましょう。

マタニティウェアの中には、ウエスト部分を調整できるようなボトムスもあるので、妊婦さんはスカートやワンピースしか着用できないというようなことはありません。

妊娠中もファッションを楽しめるようなアイテムがたくさんあるので、これから徐々に大きく膨らんでいくお腹に合わせて、締め付けないような洋服を探しはじめましょう。

妊娠12週頃にはじめるべき母体のケア

横たわる女性
つわりが落ち着いてきたら、出産時や産後のことを考えて母体のケアをはじめましょう。

ここからは、妊娠12週頃にはじめるべき母体のケアをご紹介します。

骨盤底筋体操

骨盤底筋という筋肉群は、子宮や膀胱、直腸などをハンモックのように支えている筋肉の総称で、骨盤底筋がゆるむことで尿漏れを引き起こすこともあるので、女性にとって鍛えておきたい筋肉の一つです。

実は妊娠中や産後は、妊娠や出産によって骨盤底筋がゆるみ、尿道を引き締められなくなり、尿漏れが起こりやすいとされています。

一度ゆるんでしまった骨盤底筋は、産後も1年ほどで機能的にはもとに戻ると言われていますが、閉経によってホルモンの分泌量が低下すると、再び骨盤底筋の機能が低下することがあります。

そのため、妊娠中や産後に尿漏れを経験したことがないという方も、将来的に尿漏れだけではなく、腟から子宮や腸が出てきてしまう骨盤臓器脱などに悩まされる可能性もあります。

妊娠中から骨盤底筋を鍛えておくことで、現在尿漏れに悩んでいる方も、将来的に不安だという方も安心です。

さらに骨盤底筋体操は、出産時に産道を開きやすくすることにもつながるので、毎日実施して骨盤底筋を鍛えるようにしましょう。

骨盤底筋体操は以下のように行います。

  1. 仰向けになって両膝を立てた状態で、骨盤低筋群を意識しながら肛門、腟、尿道を締める
  2. 締めたまま5秒キープする
  3. 締める、力を抜くという動作を10回繰り返して行う

骨盤底筋を締める感覚に慣れてきたら、この体操は座ったままでも立ったままでも行えます。

筋肉を鍛えるので続けることが重要です。数日や数週間でやめてしまうと効果がないので、継続するようにしましょう。

ただし、骨盤底筋体操を行う際は必ず医師に体操を行っても問題ないかを確認のうえ、行うようにしましょう。

体重増加や痩せすぎに気をつける

つわりが落ち着き好きなものを食べられるようになったからといって、暴飲暴食をしないように気を付けましょう。妊娠中は体重管理をしっかり行う必要があります。

太りすぎてしまうと、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病のリスクが高くなるだけではなく、以下のようなトラブルに繋がります。

  • 母体が重くなることで腰痛や膝痛が起きる
  • 産道に余計な脂肪がついて赤ちゃんが下りてきにくくなる
  • 産後の腎臓病、高血圧のリスクが高くなる
  • 出産時に子宮収縮が弱くなり出産が長引く可能性がある

このように、出産に大きく影響を及ぼしたり、産後の慢性病を引き起こしたりする可能性もあり、体重増加には注意が必要です。

妊娠中に赤ちゃんのために必要なカロリーは、妊娠前の1日の摂取量にプラス450Kcal程度と言われています。「赤ちゃんに栄養を送るためにたくさん食べる」という考えは危険で、カロリーを計算し、体重管理をしながら食生活に気をつける必要があります。

母体の出産直前までの体重増加は7~8kgが目安となりますが、自分にとって適正な体重は医師が判断してくれるので、検診の都度体重を測り現状どの程度体重が増えているかを確認することになります。

また、体重は増加だけではなく痩せすぎにも気をつける必要があります。もともと痩せている女性はとくに注意が必要で、切迫早産や早産、低出生体重児などのリスクが高まります。

痩せていることを医師に指摘された場合は、適切な範囲で体重を増やし、産前産後のトラブルを防ぐようにしましょう。

染色体異常症を発見できるNIPT検査とは

血液検査
NIPT検査は、赤ちゃんの先天性異常症を高確率で見つけられる、非侵襲的出生前検査です。

母体の血液を採取し、血液の中に含まれている胎児由来のDNAのかけらを調べることで、赤ちゃんが先天異常を持っているかどうかを調べられます。

従来の非侵襲的検査であるコンバインド検査や、母体血清マーカーを組み合わせて行っても検出率が約95%だったのに対して、NIPT検査では約99%の検出率を誇ります。

NIPT検査は、妊娠9週~10週から受けられるるのが特徴です。結果が出るのも1~2週間程度と早いので、赤ちゃんが先天性異常をもっている可能性が早い段階でわかり、気持ちの整理をして赤ちゃんを迎える準備を整えられます。

さらに無認可施設で実施されているNIPT検査では、赤ちゃんの性別を知ることも可能です。通常の検診では妊娠16週~20週頃の超音波検査で性別を知ることになりますが、NIPT検査なら妊娠初期の段階で性別を知り、赤ちゃんの名前を決めたり洋服を買ったりという準備を慌てることなく進められます。

まとめ

妊娠12週の胎児と母体の特徴と、この時期にはじめるべき母体のケアについてご紹介しましたが、参考になりましたか?

妊娠12週になると、赤ちゃんの姿も人間らしくなるので、超音波検査での赤ちゃんの姿を見るのがよりいっそう楽しみになってきます。

母体はつわりも落ち着き、それまで感じていた体調不良が落ち着いてくる時期です。妊娠中期から後期に向けた準備や、入院の準備、赤ちゃんを迎えるための準備を徐々にはじめていきましょう。

東京にある「ミネルバクリニック」では、全国に例を見ない遺伝診療の1次クリニックとして、全国各地から患者さんを受け入れています。

遺伝診療のスペシャリストである、日本に1500人程度しか存在しない臨床遺伝専門医が、患者さんに寄り添った最新の遺伝診療を提供します。

「ミネルバクリニック」は、大学病院などの大病院でしかできない遺伝診療を地域医療で提供することによって、患者さんがより通いやすい環境を整えています。

NIPT検査を受けたいと考えている方は、妊娠9週から検査ができ、全国の遺伝専門医のなかで最もNIPT検査の経験が豊富な「ミネルバクリニック」にぜひご相談ください。

関連記事




















ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます


 

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移