欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

妊娠15週の胎児と母体の特徴と起こりやすいトラブルについて

妊婦さん

妊娠15週目は、妊娠4ヵ月の最後の週で、子宮の大きさも幼児の頭程度まで大きくなっているので、洋服の上からでもお腹がふっくらしているのを感じることができます。つわりが落ち着いて食欲が出てくるという方も多く、赤ちゃんは胎盤から母体の栄養と酸素を取り入れるので、ママの食事の管理も非常に重要になってくる時期です。

また、この時期に母体に起こりやすいトラブルにも気を付ける必要があります。この記事では、妊娠15週の胎児と母体の特徴と、妊娠15週の母体に起こりやすいトラブルについてご紹介します。

妊娠15週の状態について知りたいという方は、是非参考にしてみて下さい。

妊娠15週の胎児

妊娠15週目の赤ちゃんの3D・4Dエコー写真
みやもとレディーズクリニック(香川県)様より引用)

妊娠4ヵ月の最後の週にあたる妊娠15週の胎児は、頭殿長が104~114mm、体重は40gほどです。

超音波検査で赤ちゃんを確認すると、指をしゃぶっている様子が見られることもあります。これは吸啜反射といって、母乳を吸うために必要な動作がこの頃からできるようになってきています。エコー写真からも性別がはっきりわかるようになってきます。

まずは、妊娠15週の胎児についてご紹介します。

胎盤が完成して臍帯から栄養補給

妊娠12週頃から胎盤が完成している方もいますが、多くの方はこの妊娠15週頃に胎盤が完成し、14~15cmほどになります。

胎盤の中央についている胎児と胎盤を結ぶ臍帯は、胎盤全体から栄養や酸素を受け取り、不要になった老廃物や二酸化炭素を母体へ送ります。

胎盤の完成とともにつわりも落ち着き、ママの体調も安定してくると言われています。

髪の毛の一部が生えてくる

顔の器官である耳や目、鼻が本来の位置へ移動し、赤ちゃんの髪の毛の生え方も形成されていきます。

髪の毛に関しては、産まれた瞬間にふさふさの赤ちゃんもいれば、産まれてから数か月経っても髪の毛があまり生えてこないという赤ちゃんもいますが、妊娠15週のこの時期から髪の毛が生えてきています。髪の毛の生え方によって赤ちゃんの印象はだいぶ変わってきます。

赤ちゃんの成長や発達には個人差があるので、産まれてくる赤ちゃんの髪の毛がどのようになっているのか、この頃から想像すると早く赤ちゃんに会いたいという気持ちが大きくなるものです。

性別の判定はできるのか

妊娠15週目に入ると赤ちゃんの外性器が完成に近づいています。そのためエコー写真を撮影時に性別の判定ができる場合があります。

ただし、赤ちゃんはまだまだ小さく向きによってはわからないことが多いので断定はできません。妊娠20週目くらいになればエコー写真で判別しやすくなります。

妊娠15週の母体

妊婦

妊娠15週のママは、やっと体調が落ち着き元気になってくる方が多い時期です。適度な運動を始めたり、赤ちゃんを迎える準備をしたりと、出産前にやるべきことをリストアップしてみるのもおすすめです。

ここからは、妊娠15週の母体についてご紹介します。

歯茎の腫れや出血

妊娠ホルモンの影響で、妊娠性歯肉炎という、歯茎の腫れや出血を起こしやすくなります。

妊娠中に歯周病に罹ることは、早産や未熟児のリスクがあると言われているため、いつも以上にオーラルケアに気を配る必要があります。

歯茎の腫れに気が付いたら、歯医者さんに相談して治療を受けることをおすすめします。産後はなかなか通院が難しいことからも、妊娠中に歯医者さんに通うことは必要とされています。

脳の働きの低下

妊娠中に物忘れがひどくなったり、記憶力が低下することは、ホルモンの変化や睡眠不足が原因とされています。

妊娠期間中の妊婦さんの脳は、4~8%ほど減少するとの研究結果もあり、詳しいことは解明されていないものの、多くの妊婦さんが経験することから「マミーブレイン」や「妊娠ブレイン」などという言葉もあります。

しかし、産後の授乳による脳の活性化で記憶力は向上するという研究結果もあるので、一時的なものと考え心配しすぎないようにしましょう。妊娠中の脳の働きの低下に関しては、やらなければいけないことをリストアップすることや、メモを常に活用することで乗り切ることができます。

妊娠15週目のお腹の大きさ

妊娠15週目に入るとお腹がだんだんふくれてくる時期です。15週末の子宮は直径10cmほどの大きさになっています。これは胎児の頭くらいのため人によってはお腹がふくらみが目立ってくるでしょう。

この時期は、子宮が大きくなっているのでおへその下あたりまで上がっています。個人差があるものの周りの人が妊娠したと気づくことも珍しくありません。一方で全然お腹が膨れてこないので心配をしている方もいます。遅くても妊娠6ヶ月に入る頃には目立ってきますのであまりに気にしないでください。

妊娠15週に起こりやすいトラブルと対処法

妊婦と医師
妊娠15週を過ぎれば、流産の可能性も低くなり安定期に入っていきますが、この時期に気を付けるべき、母体に起こるトラブルを知っておきましょう。

ここからは、妊娠15週に起こりやすいトラブルについて、詳しくご紹介します。

鉄欠乏症貧血

血液中に含まれている、赤血球やヘモグロビンが不足している状態を貧血と言いますが、立ち眩みのような症状が出るわけではないので、自覚症状がなく気が付きにくいという方も多いようです。

強い貧血を起こしてしまうと、おなかの中の赤ちゃんにも胎盤、臍帯を通じて影響を及ぼしてしまうことがあるので、妊娠中の鉄分不足には十分気を付ける必要があります。

鉄欠乏症貧血とは、ヘモグロビンの材料とされる鉄が不足していることで起こります。妊娠による鉄需要の増加が原因とされていて、お腹の中の赤ちゃんに鉄分を送りすぎてしまい、ママが貧血になりやすくなると言われています。

鉄欠乏症貧血の対処法

定期的な検診に通っていれば、産婦人科で鉄欠乏症貧血を発見してもらえるので、鉄分を錠剤で服用するよう指示されますが、日常生活の中でもレバー、豚、牛もも肉、とりもつのような肉類をとるようにしたり、果実や緑黄色野菜に含まれ、鉄の吸収を良くするビタミンCを食事に取り入れたりするようにしましょう。

妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠中に発見される軽い糖代謝異常です。妊娠すると血糖値が上がりやすくなり、それは、すい臓でつくられるインスリンの量や働きが不十分になることで、血糖調節がうまくできなくなっている状態です。

インスリンには血糖値を下げる働きがありますが、妊娠すると胎盤から出るホルモンの働きによりインスリンの働きが抑えられると同時に、胎盤からインスリンを壊す働きをする酵素ができ、妊娠中はインスリンが効きにくい状態になることで、血糖値が上がりやすくなるのです。

妊娠中にママが妊娠糖尿病となることで、母体だけではなく赤ちゃんの合併症をもたらします。

母体への影響

赤ちゃんへの合併

  • 巨大児
  • 肩甲難産
  • 子宮内胎児死亡
  • 新生児低血糖
  • 先天奇形
  • 発育遅延

このように、ママにも赤ちゃんにも大きな危険を及ぼすのが妊娠糖尿病です。

妊娠糖尿病の対処法

予防法としては、適正な食生活を心掛けることが重要です。暴飲暴食を避け、体重を管理しながら栄養バランスの良い食事を心掛けましょう。万が一妊娠糖尿病と診断されてしまったら、医師の指示に従い食事療法、運動療法、薬物療法によって治療を開始するようにしましょう。

尿路感染症

尿路感染症は妊娠中によく起こるとされていて、症状は排尿時の痛みや熱、背中の痛みなどが挙げられます。原因は子宮が大きくなることや、妊娠中に分泌されるホルモンの影響から、腎臓と膀胱を結ぶ尿管を通る尿の流れが、通常時よりも遅くなるためと考えられています。

尿の流れが遅くなることによって、尿管から細菌が洗い流されにくくなり、尿路感染症のリスクが高まります。

尿路感染症の対処法

尿路感染症によって、早産や前期破水の危険性が高くなるため、定期健診によって早期発見をすることが重要となります。前述したような症状がある場合は、定期健診を待たずに産婦人科を受診するようにしましょう。

尿路感染症と診断されたら、医師に処方された抗菌薬をしっかり飲んで、尿路感染症の治療をするようにしましょう。

妊婦さんがやっておいたほうがいいこと

安定期に入ったので体調が落ち着いている方が多いと思います。この時期を利用して情報収集をしておくといいかもしれません。例えば、母親学級に参加して先輩ママの体験談を聞いたり、医師に相談しづらいことを話してみたりしてご自分の妊娠生活の役に立てましょう。

現在は母親学級だけではなく父親学級や祖父母学級もあるので家族に理解を深めてもらういいチャンスです。ぜひ参加を勧めてみましょう。

また出産後の生活に備えて、どんな行政支援があるのかチェックをしておきましょう。十分ではありませんが、一人親でも受けられるサービスがありますので確認してください。

同時に気をつけてほしいのがご自分の身体の変化です。初産の方はもちろんですけど経産婦の方も前の妊娠と違うと思ったら医師に相談をしてみてください。特に初産の方は、妊娠中の正常な体の状態がわかりませんので知っておくと早めに対応ができます。

まとめ

妊娠15週の胎児と母体の特徴と、妊娠15週の母体に起こりやすいトラブルについてご紹介しましたが、参考になりましたか?

妊娠15週になると多くの方が胎盤が完成し、母体から赤ちゃんへ胎盤、臍帯を通じた栄養補給が行われる時期です。胎盤の完成とともにつわりも落ち着いてくるので、体調が良くなったと感じる妊婦さんも多いのがこの時期の特徴です。

しかし、気を付けるべき妊娠中の疾患を知り、少しでもおかしいと感じたらすぐに産婦人科で医師の診療を受けるようにしましょう。気を付けるべき疾患を知っておくことで、ママに万が一異変が起きた際もいち早く対応することが可能となります。

妊娠15週をすぎると妊娠5か月となり安定期に入ります。この時期にまだNIPT検査を受けていない方は、NIPT検査で赤ちゃんの状態を知ることで、万が一陽性だった場合でもゆっくり心の準備や産まれてくる赤ちゃんを迎える準備を整えることができます。

関連記事

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます


 

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移