NIPT(新型出生前検査)を受ける時期|いつがいいの?いつからいつまでなの?

NIPTはいつから受けられるのでしょうか?いつまで受けられるのでしょうか?NIPTを受ける時期についての疑問が解決するページです。

NIPTを受ける時期はいつからいつまでなの?

NIPTを受けることがいつから可能なのかについては、ミネルバクリニックでは9週から、他の医療機関では10週からとなります。
NIPTを受けることができるのがいつまでかについては、各医療機関で定めているようですが、お子さんが生れる前のいつでも受けることが理論的には可能です。
胎児超音波検査などの旧来の検査、母体血清マーカー新型出生前診断羊水検査など、出生前診断の検査と受ける時期をまとめました。
精度が良くて早期から受けられるのがNIPTの特徴です。
NIPTのように非侵襲的(あかちゃんにリスクがない)な検査から、侵襲性を伴う検査(赤ちゃんにリスクがある)と様々です。 

検査の種類検査時期
NIPT(新型出生前診断)9週目以降(ミネルバクリニック)より
10週目以降(他の医療機関)より
胎児精密超音波検査11週目〜13週目(初期)
18週目〜20週目(中期)
36週前後(分娩前)
コンバインド検査11週目〜13週目
母体血清マーカー検査15週目〜18週目
絨毛検査11週目〜14週目
羊水検査15週目〜16週目

妊娠期間は40週0日として、その期間を以下の3つに分けています。

  1. 1.第1三半期(妊娠0週0日:最終月経開始日~妊娠13週6日)
  2. 2.第2三半期(妊娠14週0日~妊娠27週6日)
  3. 3.第3三半期(妊娠28週0日以降)

各検査の簡単な説明は、次のページ

最近の出生前検査、どんな種類の検査があるでしょうをご覧ください。

NIPTを受ける時期というのは、妊娠10週から38週くらいまで、つまり出産に至る前で10週を過ぎていればいつでも受けることができる、ということがわかりますね。

関連記事: NIPTを受けられる時期や優先順位を5つの出生前診断で比較

最近の出生前検査、どんな種類の検査があるでしょう

この記事の筆者

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。
いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ3匹。

プロフィールはこちら