新型出生前診断では陰性なのにダウン症だった場合に考えられる原因とは?

NIPT(新型出生前診断)では陰性だったのに、生まれたらダウン症だった。そんなとき考えられる原因をお伝えします。

妊婦さん
「1日でも早くお腹にいる赤ちゃんの健康状態を知りたい。」そんなに妊婦さんにおすすめされるのが新型出生前診断です。

とても高い感度・特異度で染色体異常を検出できる新型出生前診断で陰性と判定された場合、ダウン症などの疾患を持っていない確率は100%に限りなく近くなります。

しかし、新型出生前診断で陰性と判定されたにも関わらず、極稀にダウン症などの疾患を持っている可能性もあります。

この記事では、妊婦さんが新型出生前診断を受ける意味と検査に対する基礎知識をご説明した上で、結果が陰性なのにダウン症だった場合に考えられる原因を詳しくご紹介していきます。

新型出生前診断を受ける意味と基礎知識

お医者さん
母体と胎児に害がないということで、新型出生前診断を積極的に受ける妊婦さんがここ数年で増えてきています。

まずは、検査前に知っておきたい新型出生前診断を受ける意味や基礎知識についてご紹介します。

出産に向けて正しい準備をするための検査

新型出生前診断を受ける理由は妊婦さんや家族の事情によって異なりますが、赤ちゃんの状態を知った上で出産に向けた準備をしたいという点は共通しています。

結果次第ではダウン症・18トリソミー・13トリソミーという重い疾患を持っている可能性が示唆されるため、検査を受けて後悔する患者様も中にはいます。

しかし、検査を受けても受けなくても胎児の状態が変わることはなく、妊婦さんや親族は結果に応じた正しい準備を早い段階から進められるというのは大きな利点です。

新型出生前診断は、生まれてくる赤ちゃんの命の危険性を調べるというとても繊細な検査のため、カップルや親族の理解が必ず必要になります。

検査前後に行なわれるカウンセリングは、検査の流れや疾患に関する具体的な情報が提示され、そこで新型出生前診断に対する理解を深めることができます。

医師は妊婦さんの意思を尊重し、陽性・陰性どちらの結果が出たとしても最善のサポートをしてくれるため、検査に対する恐怖心がある場合は入念にカウンセリングを受けて医師やカウンセラーの言葉に耳を傾けるようにしましょう。

具体的にどのような検査が行なわれるのか

新型出生前診断は、NIPTや母体血胎児染色体検査とも呼ばれ、妊婦さんの血液を採取して分析が行なわれます。

母体を流れる血液の中には胎盤から漏れた胎児由来のcfDNAというDNAが少しだけ混ざっており、このDNAの断片を調べることで染色体の欠損や余分なコピーの発見に繋がります。

分析によって検査対象となる染色体の数が、本来あるべき染色体の数と異なっていた場合、胎児はその染色体異常によって引き起こる何らかの疾患を持っている可能性があるとされ、陽性判定がされます。

陽性判定が出た場合は、医師の指示を受けて羊水検査、絨毛検査などの疾患の存在を確定する検査へと進むのが一般的な流れとなります。

感度・特異度から見た検査精度

出生前診断にはクアトロテストやコンバインド検査がありますが、新型出生前診断は従来の検査よりとても優れた感度・特異度を誇ります。

感度は対象の疾患を持っている場合に陽性判定が出る確率です。一方で、特異度は対象の疾患を持っていない場合に陰性判定が出る確率です。

新型出生前診断で検査できる3つの疾患を対象とした場合の感度・特異度は以下の数字になります。

疾患感度特異度
21トリソミー
(ダウン症候群)
99.1%99.9%
18トリソミー
(エドワーズ症候群)
99.9%99.6%
13トリソミー
(パトウ症候群)
91.7%99.7%

感度・特異度とも非常に高い精度の検査となっているため、従来の出生前診断よりも新型出生前診断を受ける妊婦さんが増えているのが現状です。

新型出生前診断では陰性なのにダウン症だった原因

悩める女性

新型出生前診断はとても信頼度が高い検査で、陰性が出た場合に安心しきってしまう患者様も中にはいます。

実際に陰性判定が出た場合は、赤ちゃんが疾患を持っている可能性はほぼなくなりますが、極稀に「陰性なのにダウン症だった」という患者様もいるということを知っておかなければなりません。

ここからは、新型出生前診断では陰性なのにダウン症だった原因とは何かを詳しくご説明していきます。

陰性的中率が99.99%であるという点

検査を受ける前に必ず理解しておきたいことが、新型出生前診断はあくまで特定の疾患を持つ可能性を調べる検査という位置づけであり、実際に疾患を持っているかどうかを確かめる検査ではないということです。

新型出生前診断の結果を受けて陽性判定をされた場合、実際に対象の疾患を持っている確率が陽性的中率、陰性判定をされた場合に実際に対象の疾患を持っていない確率が陰性的中率とされます。

以下は、35歳の妊婦さんの陽性的中率と陰性的中率になります。

疾患陽性的中率陰性的中率
21トリソミー
(ダウン症候群)
80.0%99.9%
18トリソミー
(エドワーズ症候群)
22.9%99.9%
13トリソミー
(パトウ症候群)
10.5%99.9%

※21トリソミーは妊娠12週の場合、18・13トリソミーは妊娠16週の場合

陽性的中率は疾患の種類によって大きく異なりますが、陽性的中率は全て99.99%という限りなく100%に近い数字になっています。

「陰性なのに実際はダウン症だった」というケースは1,000人に1人の割合で起こり得るということを理解しておきましょう。

偽陰性が起こる原因

検査には僅かながら染色体異常症を持っているのに陰性が出る「偽陰性」があり、偽陰性が出た場合は以下の原因が考えられます。

胎児分画の割合

新型出生前診断は、母体を流れる血液に混ざっているcfDNAの断片を分析しますが、胎児分画はこのDNA断片の胎児由来の割合を指します。

検査を行う場合、胎児分画は最低でも4%必要とされており、妊娠10週目になると胎児分画は10%前後に増えるためより正確な分析を行うことができます。

しかし、極稀に胎児分画の割合が低すぎるケースがあり、結果的に偽陰性となる可能性があることを理解しておきましょう。

胎盤性モザイク

胎盤性モザイクは、胎児と胎盤を構成する染色体に矛盾が起こる現象で、胎児は正常核型なのに胎盤においては染色体異常があるという状態になります。

胎盤性モザイクだと診断される多くのパターンは、確定的検査である絨毛検査で染色体異常症が認められ、その後の羊水検査で胎児が正常核型とされた場合になります。

とても診断が難しい現象で現在も研究が進められています。

depthの回数

「depth」はゲノムを読み込んだ回数を表し、これまでは読み取り回数が多いほど良いとされてきましたがdepthの回数が偽陰性に関わることが分かっています。

次世代シークエンサーによって、高い精度を保てる適切なdepth回数が明らかになってきているため、将来的にdepthが原因による偽陰性が減少することが期待されています。

まとめ

新型出生前診断は、これまでの出生前診断と比べると非常に高い感度・特異度による染色体異常症を持つ可能性を調べることができます。

ダウン症(21トリソミー)の場合、感度99.1%・特異度99.9%という限りなく100%に近い確率で疾患を持つ可能性が導き出されます。

しかし、新型出生前診断では陰性なのに実際はダウン症だったというケースも極稀に起きてしまうのが現実です。

その原因は、新型出生前診断が染色体異常症の有無を100%確定させる検査ではないこと、胎児分画の割合が少なかったり胎盤性モザイクを持っているなどのイレギュラーな現象によって偽陰性が起きてしまうことなどが挙げられます。

検査前のカウンセリングが不十分だった場合、陰性なのにダウン症だったという結果を受けて妊婦さんは混乱し、冷静な判断ができなくなってしまうこともあります。

そのため、遺伝カウンセリングの体制がしっかり整っている施設で新型出生前診断を受けることをおすすめします。

東京のミネルバクリニックは、臨床遺伝専門医による遺伝カウンセリング体制が整っており、国内最高峰の医療技術による新型出生前診断を受けていただけます。

実績・経験・知識が豊富な医師やスタッフによる高水準の新型出生前診断を受けたい方は、ミネルバクリニックまで是非ご相談ください。

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13/18/21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPT100(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

仲田洋美(医師)

プロフィール

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ3匹。

さらに詳しいプロフィールはこちら