欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

妊娠初期は流産しやすい?|原因や症状・しやすい行動も紹介

妊娠初期は流産しやすいというのは妊婦さんの中で当たり前になっていると思います。自分が流産しやすい行動をしてしまったと責めてしまい、思い悩むケースもあります。

しかしながら妊娠初期に流産するのは決してあなたの責任ではありません。だからこそご自分の行動一つを振り返って後悔することだけは止めてください。断言する理由や流産しやすい行動などを紹介することで、健やかなマタニティライフを過ごしてほしいと思いますので最後までご覧ください。

流産とは?

妊娠したにも関わらず何かしらの原因によって妊娠が継続できず、赤ちゃんが亡くなってしまうことを「流産」といいます。日本産婦人科学会によると「妊娠22週目(赤ちゃんがお母さんのお腹の外では生きていけない週数)よりも前に妊娠が終わること」をすべて流産としています。母体や胎児の異常、両親の事情含めてすべて同じ扱いです。

日本産婦人科学会によると妊娠した女性の4割が流産しているという報告が上がっており、決して人ごとではないことがわかっています。

妊娠初期は流産しやすい

実は流産全体の80%が妊娠初期となる12週目までに起きている(日本産婦人科学会調べ)というデータがあります。それだけ妊娠初期というのは流産しやすい傾向です。そうなると妊婦さんは自分の行動一つで赤ちゃんが亡くなってしまうと思ってしまいますが、ママさんの行動はほとんど関係がありません。

妊娠12週目までに流産した理由の多くは赤ちゃんの染色体異常によるものです。これは受精した段階で精子卵子に何かしらの理由で、染色体の異常があって生まれてこられないまま受精卵となってしまったことによります。つまり、妊娠初期の12週目までの流産は、妊婦さんの行動によって起きたわけでありませんので気にしないようにしましょう。この事実を妊婦さん本人はもちろん、パートナーや周りの人が知っておくと気が楽になると思います。

ただし、妊娠初期はホルモン分泌によって身体が変化する時期です。体調を崩しやすいので気をつけてほしいのは変わりません。体調管理は忘れずに注意しましょう。

妊娠初期に流産の兆候と思われる症状

妊娠初期の流産では、性器から出血が唯一の兆候です。週数が短いと少量ですが、週が進むと量も増えてきて血液に粘液や血のかたまりが含まれていることがあります。場合によっては痛みを感じることもあります。もしお腹の張りが収まらない場合はすぐに病院へ連絡をしてください。遅くなると入院になる恐れもあるので早めに行動をしましょう。

家庭の環境によって入院して様子を見るのが難しいご家庭もあります。もし当てはまるならば医師に事情を話してみてください。状況も考慮した上で判断をしてくれると思います。

流産が起きる原因

まず知っておいてほしいのは年齢によって流産する確率が高くなることです。

年代 確率
20代 8%から20%
30代 20%から25%
40代 30%

20代であれば流産する危険性は低いのですが、30代に入ると数値が徐々に上がっていき、40代になると30%まで上昇します。原因は卵子の質が下がることによるものです。こればかりは解消できる方法はありませんので、もし流産したとしても自分を責めるのは止めてください。特に妊娠12週目までの流産は、上述したように母体が原因である可能性はほぼありません。また、精子も年齢が上がることで質が落ちることがわかっていますので、高年齢のカップルは、こうした事実を認識した上で行動するようにしてください。

妊娠13週目以降の原因として挙げられるのは、胎児構造異常(2人以上の赤ちゃんを同時に妊娠している)、母体の内分泌・免疫・凝固系(血液が固まりやすくなる)の異常や感染症、子宮形態異常などさまざまです。お酒を飲んだり、タバコを吸ったりした影響によって起きるケースもあります。

流産の種類

流産は、いくつか種類が分けられています。それぞれに名前も付いていて症状によっては治療法もありますのでご紹介します。

原因による分類

人工流産
いわゆる「中絶手術」です。母体保護法指定医によって処置される手術になります。
自然流産
中絶手術以外の流産はすべてこちらになります。

症状による分類

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)
近年増加している症状です。ストレスが原因ではないかと考えられています。胎児はいるけど心拍が認められずに死亡している状態です。出血・腹痛などの自覚症状がないため医院での診察で初めて発見されるケースが多い流産です。妊娠週数によっては入院して子宮内容除去手術を受ける必要がありますが、外来で様子を見て自然に流れるのを待つケースも多いようです。
・進行流産
腹痛、出血から始まり、子宮内容物が外に出てきている状態です。その後、「完全流産」と「不全流産」に分かれます。

流産の進行具合による分類

完全流産
進行流産から子宮内容物が外に出てきてしまった状態を指します。痛みや出血は多くの場合収まっています。経過観察で対応しますが、症状によっては子宮収縮剤投与を追加することもあります。
不全流産
子宮内容物が一部留まっている状態です。痛みや出血が続いており、子宮内容除去手術をする場合が多い状態です。

流産の状態に伴う分類

感染流産
細菌の感染を伴った流産です。母体にも影響を与えてしまい死亡リスクも上昇することから慎重な管理が求められます。

流産の回数による分類

反復流産
流産を2回することです。頻度は2~5%と言われています。
習慣流産
流産を3回以上した場合に用いられる名称です。流産は多くの女性が経験する疾患ですが、3回以上となると僅か1%のみです。そのため両親に疾患がある可能性が考えられ、専門機関で検査を受けるケースもあります。ただし原因が不明という場合もありますのでご注意ください。子宮のかたちの異常、カップルの染色体異常などが原因と考えられています。

流産の時期による分類

化学流産
妊娠検査薬(尿や血液による反応も含む)によって妊娠の反応が出たけど、その後の超音波検査で判明できなかった状態です。多くの場合、超音波検査で確認できる週数に入る前に流産したと考えられています。妊娠反応をしなければわからないことがほとんどなので経過観察で様子を見ています。

流産しやすい妊婦さんの行動

赤ちゃんが欲しい女性

妊娠初期は流産しやすい時期であると同時に妊婦さんの体質が変化してくる時期でもあります。妊娠12週目までは母体が原因で流産はしないまでも無理な行動をすると元も子もありません。そこでどんな行動をすると流産しやすくなるのかを紹介しますので反面教師にしてください。

あれもこれも自分の行動に制限をかけてしまう
ようやく授かった赤ちゃんなので心配するのはわかります。しかし、大事にするあまり自分の行動に制限をかけすぎるとかえってストレスがたまる原因になってしまいます。ストレス過多は13週以降に流産する原因の場合がありますので、無理をせずに自分の行動にやたらと制限をかけない生活をしてください。
お酒やタバコを止めずに続ける
ご存じのように妊娠中のアルコールとタバコは厳禁です。しかし、止められずにいる妊婦さんがいるのも事実です。大事な赤ちゃんを守るためにも妊娠中だけでもいいからタバコとお酒は控えてください。もし止められないのであれば、主治医に相談といった止めるための行動をするようにしましょう。
ヒールの高い靴を履いて仕事をする
職場によってはヒールを履くように言われているところもあるかもしれません。しかしながら、胎盤を作っている時期に転倒をすると万が一のことがあるのでローヒールやパンプスに履き替えてるようにしてください。ちなみに男女雇用機会均等法には母性健康管理の措置というのがありますので妊婦健診などで休みを取る場合や通勤の緩和や休憩時間についても規定されていますので確認しておきましょう。

参考サイト:働く女性の母性健康管理措置、母性保護規定について(厚生労働省)

流産を防ぐために

繰り返しになりますが、妊娠12週目までの流産は防ぐことができません。もし起きてしまったら、つらくても自分を責めずに過ごしてほしいと思います。13週以降の流産を防ぐには「激しい運動を控える」「重い物を持たない」といった予防法があります。他にも「身体を温める」「ぐっすりと眠る」のも有効な手立てです。妊娠16週目を過ぎれば安定期と呼ばれて流産する可能性が低くなりますが、生活習慣が乱れたままだと確率が高くなるので注意しましょう。

もし、流産した経験が2回以上なる妊婦さんは「不育症」の可能性があるので医師に相談の上、抗リン脂質抗体症候群の検査、自己抗体の検査、凝固一線溶系検査、黄体機能不全の検査(ホルモン採血、基礎体温の記入)などを受けてみましょう。原因は不明だとしても原因を探ることが、流産を防ぐ第一歩です。

まとめ

せっかく妊娠したのに流産になってしまった女性は自分を責めてしまいがちです。もしかしたら自分が流産しやすい行動をしてしまったから?と思い詰めたりもします。しかしながら、妊娠初期の0週目から12週目の間での流産は母体が原因である可能性はほぼありません。

ところが自分が原因だと思ってしまう女性が大勢いらっしゃいます。そんなに自分を責めないでください。ご紹介したように妊娠初期に流産しやすい行動をしても、12週目までに流産するのはあなたの責任ではありません。だからこそ正しい知識を知って新しい命を授かることを祈っています。

東京の「ミネルバクリニック」は臨床遺伝専門医が在籍するNIPT実施施設であり、たくさんの妊婦さんの悩みや不安と真摯に向き合い、笑顔になれる出産に導いてきました。ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術と業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。妊娠初期からの出生前診断を受ける医療機関にお悩みの方は、知識・経験・実績とも「第三者から認証されている」臨床遺伝専門医が診療している「ミネルバクリニック」まで是非、ご相談ください。

妊娠初期関連コラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移