欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません

妊娠初期に起きる流産の原因、サインについて|気をつけることは?

体温を測る女性

流産するかもしれない」妊娠初期の妊婦さんならば一度は頭によぎると思います。口には出せない不安と気が重いまま検索をして何とか避けられないかという一心でこの記事にたどり着いた妊婦さんもいるかもしれません。

残念ながら妊娠したら考えなくてはいけないのが「流産」です。今回の記事では流産が起きる原因や妊婦さんへのサイン、注意点をまとめています。最後までご覧いただき参考にしてくれたら幸いです。

流産とは?

妊娠したにもかかわらず、妊娠初期や出産の前に赤ちゃんが亡くなってしまうことを流産といいます。日本産婦人科学会では、妊娠22週(赤ちゃんがお母さんのお腹の外では生きていけない週数)より前に妊娠が終わることをすべて「流産」と定義しています。

医療機関で確認された妊娠の15%(日本産婦人科学会調べ)が流産となります。また、妊娠した女性の40%(日本産婦人科学会調べ)が流産したという報告が上がっているほど妊娠した女性が経験する疾患です。しかも流産の80%以上が妊娠初期に起きているので妊娠がわかった妊婦さんが心配するのは当然といえます。

流産と年齢の関係

流産する確率は年齢を重ねるごとに上がっていきます。20代では流産する確率が10%だったのが30歳から34歳だと約15%にまでアップをします。35歳から40歳だと20%以上となり、40歳を超えると5割近くにまで跳ね上がるのです。

では、どうして年齢が上がると流産する確率が上がるのでしょう。それは卵子の質が低下するからです。卵子は赤ちゃんのときに卵母細胞(卵子の形成過程で生じる雌性生殖細胞の一つ)が作られた後、新たに形成が止まります。つまり卵子は生殖細胞が作られるときに行われる染色体の数が半分になる細胞分裂が途中で止まっている状態のままなのです。排卵の直前に分裂を再開して成熟をしていきます。そのため高齢のときに排卵した卵子は染色体分配エラーを起こす可能性があります。その状態で精子と出会って受精をすると染色体エラーが発生する恐れがあるのです。染色体のエラーがあると着床まで至らず妊娠することはありません。

ところが、トリソミー(染色体が2本のところ3本ある状態)の受精卵は妊娠してしまいます。ただし、途中で発生が止まってしまい流産になってしまうのです。

流産の原因は?

診察を受ける女性

妊娠初期である妊娠12週目までに起きる流産の原因は、ほとんどが染色体の異常によるものです。この場合、妊婦さんの仕事や運動によって起きることはほぼありません。つまり、受精した段階で生まれてこられない運命といえます。

妊婦さんに血液がかたまりやすい病気(抗リン脂質抗体症候群など)がある場合、妊娠10週目以降に流産を繰り返す可能性がありますので医師の診断を受けるようにしましょう。妊娠13週から20週に起きる流産の多くは、原因がはっきりとわかっていません。ただし、母体側が原因で流産するケースももちろんあります。以下が原因となるのでチェックしておいてください。

  • ・生殖器(子宮)の構造に異常があるとき(子宮筋腫、重複子宮(子宮が2つある)、子宮頸管無力症、子宮が大きくなるにつれて子宮口が開大してしまうなど)
  • ・喫煙、飲酒、コカインなどの薬物の使用
  • ・サイトメガロウイルスや風疹などの感染症
  • ・重度のけが
  • ・糖尿病(重症の場合や、コントロール不良の場合)
  • ・重度の甲状腺機能低下症(甲状腺の活動が不十分になった状態)、もしくは甲状腺機能亢進症(甲状腺の活動が過剰になった状態)
  • ・慢性腎臓病、全身性エリテマトーデス、高血圧などの病気(適切に治療されておらず、妊娠中にコントロールされていない場合)

また、Rh式血液型不適合(母体はRhマイナスで胎児はRhプラスの場合)も流産の可能性が高まります。さらに一度流産を経験すると、流産しやすくなるのがわかっています。特に2回以上経験している妊婦さんは28%、3回以上は43%とかなりの確率で流産する恐れがありますので注意してください。そして、精神的なストレスが流産と関連することも多くの報告が上がっています。

流産の種類

流産にはいくつか種類があり、それぞれに名前が付いています。

・人工流産
いわゆる「人工中絶」のことです。母体保護の目的で母体保護法指定医によって行われています。
・自然流産
母体保護法指定医の処置以外の流産はすべて自然流産になります。手術の有無は関係ありません。
・稽留(けいりゅう)流産
子宮内で胎児が死亡していながら、出血や腹痛など症状がない流産です。
・進行流産
胎児や胎盤の排出があり、流産が始まっている状態を指します。「完全流産」と「不完流産」の二つに分かれます。
・完全流産
胎児、胎盤など子宮の内容物が完全に出ている状態の流産です。出血、腹痛等は治まってきている場合が多く、ほとんどが経過観察で対応しています。
・不完流産
子宮内容の排出が始まっているけど、まだ一部が子宮に残っている状態の流産です。出血・腹痛が続いており、多くは子宮内容除去手術を行います。
・感染流産
細菌などによる感染を伴った流産になります。母体死亡のリスクが上昇するため、慎重な管理が必要です。
・反復流産
2回流産を繰り返すことです。頻度は2~5%と言われています。2回のうち1回でも後述する「化学流産」が含まれていたら反復流産にはなりません。
・習慣流産
3回以上流産を繰り返すことです。先述したように流産は繰り返すと次の妊娠でも同じ状態になる可能性が高くなります。しかし、3回以上繰り返す場合は1%程度の頻度であり、両親に何らかの疾患が隠れていることもあるので精密検査を受けることも可能です。ただし、原因がわからないケースもあるため注意してください。
・化学流産
尿や血液を用いた妊娠反応は出たものの、超音波検査で妊娠が確認できる前に起きる流産です。販の妊娠検査薬を使用していない場合、化学流産を月経と捉える方もいます。

流産のサインは?

流産の兆候として見られるのはおなかの張りや腹痛、出血などです。ただし流産のタイプや個人差によって症状が起きないこともあります。化学流産がそれにあたります。

他にも「胸の張りが急になくなる」「基礎体温が下がった」「つわりが急に楽になった」「下腹部が冷えてきた」といった症状が起きたら産婦人科医の診察を受けるようにしてください。

流産の出血

妊娠初期の出血は、胎盤ができあがる途中の子宮内膜の血管の破綻によって起こると考えられています。そのため出血が流産に結びつくことは稀です。ただし、胎児が子宮内にあって流産へ進行する切迫流産の可能性があります。少量の出血を認める一方で、胎児の心拍はしっかりと保たれている状態です。大量の出血や下腹部の痛みを伴うと流産する恐れが高くなりますが、出血が少量で強い腹痛がなく、超音波検査で胎児の心拍が確認できれば、妊娠の継続が可能です。

出血したときの対処法

白い紙の胚が女性の右手にシルエットを施した。ピンクと紫色の背景。妊娠、避妊、妊娠中絶

残念ながら少量の出血等が始まった時点ですぐに医療機関を受診する以外に方法はありません。しかも、有効な対処法がないのが現実です。このため、夜間・休日等に少量の出血や軽度の腹痛があっても、すぐに救急外来を受診する必要はなく、翌日あるいは予定された健診の受診で充分だと言われています。

妊娠初期に流産しやすい行動は?

妊娠初期の12週目までに多い染色体異常による流産は特に気をつけることはありません。13週目以降に起きる流産であれば、激しい運動はNGです。軽いストレッチやヨガのように負担の少ないものにしてください。もちろんタバコとアルコールは厳禁です。流産の原因以外に胎児に悪影響を及ぼします。

無理をせず身体を労るように意識するのが基本です。後は、ストレスも流産のリスクを高めるので早めに解消するようにしましょう。

流産を予防するには

妊娠初期の流産の原因である染色体異常を防ぐ方法はありません。もし流産になってしまっても自分を責めることだけはしないでください。周りの人も「避けられない流産だった」と理解することが大切です。13週以降の場合、早期発見が重要なポイントになります。そのため妊婦健診は欠かさずに受けて異常があるときはすぐに処置してもらいましょう。

後は、必要以上に流産を恐れずにリラックスして過ごしてください。いくら心配しても流産を防げるわけではありません。ガチガチに「あれをしてはダメ」「これをするのはまずい」と生活を制限するのは止めましょう。

流産とNIPTの関係

仕事中に体調が悪くなって横っ腹を押さえる女性

NIPT新型出生前診断)と流産との関係は染色体です。早期流産の原因である染色体異常は胎児になる前に亡くなりますが、21トリソミーダウン症候群)、18トリソミーエドワーズ症候群)、13トリソミーパトウ症候群)といった染色体の先天性疾患は出産に至るケースもあります。NIPT(新型出生前診断)は、妊娠中の胎児に先天性疾患があるかどうかを判別する検査です。

妊娠初期の9週目(ミネルバクリニックのみ)から調べられて、妊婦さんから採血するだけなので母体への負担はかかりません。ただし、ミネルバクリニックを除くほとんどの無認可施設が事前に遺伝カウンセリングといって検査の内容や結果について詳しく説明をできる医師がいないのが問題点と言われています。陽性と判定されて人工中絶を選ぶ妊婦さんも多くいるため「命の選別につながる」という批判を日本産婦人科学会やマスコミから受けています。

まとめ

ここまで妊娠初期に起きる流産の原因や症状、サインについて詳しく紹介をしました。妊娠初期の流産は防ぐ手立てがないのがおわかりいただけたかと思います。出血についてもすべては流産に結びつくわけではありません。しかしながら、可能性がゼロではないのでもしいつもと違うと感じたらならばすぐに病院へ連絡をしましょう。妊婦さんにできることは少なく早く連絡することが何よりも大切です。

東京の「ミネルバクリニック」は臨床遺伝専門医が在籍するNIPT実施施設であり、たくさんの妊婦さんの悩みや不安と真摯に向き合い、笑顔になれる出産に導いてきました。ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術と業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。妊娠初期からの出生前診断を受ける医療機関にお悩みの方は、知識・経験・実績とも「第三者から認証されている」臨床遺伝専門医が診療している「ミネルバクリニック」まで是非、ご相談ください。

妊娠初期関連コラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移