目次

妊娠初期症状・着床出血の体験談|初期症状と生理を見分ける3つのポイント

妊婦さん
ママになりたくて妊活をしている方は、性行為をした日からちょっとした体の変化にも敏感になり、「これってもしかして妊娠かも?」と期待してしまう瞬間が増えてきます。妊娠初期症状は生理と似たような症状も一部あるため、「妊娠だと思ったら実は生理だった」とただの思い込みだったり、「生理だと思ったら実は妊娠だった」(実は着床出血)というケースも少なくありません。どのような症状に注目すれば妊娠をいち早く察知できるのか気になる方も多いと思います。そこでこの記事では、妊娠を示唆する初期症状をご説明した後、妊娠初期症状と生理を見分ける3つのチェックポイントと先輩ママたちの体験談をご紹介していきます。

妊娠初期症状とは

肩こり

妊娠を望む方も望んでいない方も、妊娠初期症状とはどのようなものかをしっかり理解しておくことは大事です。

まずは、具体的な妊娠初期症状の数々と性行為後いつから症状が現れるのかをご説明します。

妊娠を示唆する初期症状の数々

本来、女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン黄体ホルモン)という2種類が交互に有利になって作用していますが、妊娠すると女性ホルモンの分泌が活発になり、ホルモンバランスの乱れからさまざまな妊娠初期症状が現れます。

妊娠初期症状は身体的なものと精神的なものに分けられ、お仕事や家事に大きな支障をきたすほどの症状が現れることもあります。

身体的な初期症状

体に変化が起こる初期症状の例がこちらとなります。

生理が遅れる妊娠すると子宮内膜受精卵が着床して発育し始める。これにより子宮内膜が排出されず、生理が止まる。
胸の張り
乳頭の痛み
エストロゲン・プロゲステロンの分泌が増えることで、乳腺・乳管が発達し、胸が張ったり乳頭がチクチク痛んだりする。
お腹の張り
腹痛
ホルモンバランスの乱れによって腸の動きがゆっくりになり、お腹が張ったり腹痛が起きたりする。
腰痛プロゲステロン・リラキシンの作用で骨盤周りの関節と靭帯が緩み、骨盤が不安定になる。結果、体の重心が変化して腰痛に繋がる。
頭痛・めまいプロゲステロンの血管拡張作用やホルモンバランスの乱れにより、ズキズキと痛む片頭痛などが引き起こる。また、立ちくらみやめまいも起こりやすくなる。
眠気・だるさhCGホルモンの影響により、日中に突然眠くなる。また、だるさや倦怠感を感じる。
肌の荒れホルモンバランスの乱れにより、普段よりもニキビ・吹き出物・乾燥・痒みがみられる。
嗅覚の変化hCGホルモンの影響により、においに敏感になり、苦手なにおいが増える。
唾液・鼻水の変化ホルモンバランスの変化により自律神経が乱れ、唾液や鼻水が増える。
下痢・便秘・頻尿自律神経の乱れにより、下痢や便秘になりやすい。また、ホルモンバランスの変化・子宮の大きさの変化により頻尿になりやすい。
食欲の変化が
激しくなる
自律神経の乱れにより、食欲旺盛になったり、急に食欲が減ったりする。また、味覚に変化があり食の好みが変わることもある。
基礎体温が
高くなる
プロゲステロンが活発に働き、高温相が続く。
おりものの変化普段よりもおりものの量が増え、においがきつくなる。
妊娠初期出血
(着床出血)
子宮内膜に受精卵が着床した際に起こる少量の出血がみられる。

これらの症状の主な原因は、ホルモンバランスの乱れとなっています。

しっかり体調管理や栄養補給を行なっていても意図的に避けられない妊娠初期症状があるため、症状が起きた際のケアを大切にしましょう。

おりものの変化や妊娠初期出血は妊娠初期特有のものとなるため、確認できた場合は医師に診てもらうようにしましょう。

精神的な初期症状

ホルモンバランスの変化からくる自律神経の乱れや妊娠に対する不安感は、精神的な変化も引き起こします。その例がこちらとなります。

ストレスが溜まる些細なことでもストレスを感じてしまう。
イライラする普段よりもイライラして怒りやすくなる。
情緒不安定になる理由もないのに突然悲しくなったり、泣いたりする。

妊娠初期は感情の起伏が激しくなり、誰にも会いたくないという気持ちが芽生えることもあります。

暴飲暴食を止められず体調管理を疎かにしてしまうケースもあるため、家族や友人、医師の協力を得ながら精神的に安定した生活をおくることを心掛けましょう。

妊娠初期症状は性行為後いつから現れる?

妊娠初期は妊娠2ヶ月〜4ヶ月の期間にあたりますが、性行為後いつから症状が現れるのか気になる方は多いと思います。

性行為を行なった後は、卵子の受精、そして子宮への着床を経て妊娠が始まり、この期間は大体1週間かかるといわれています。そして妊娠超初期症状が現れるのは最後の生理の初日から3週頃までにあたる妊娠超初期からになります。

妊娠初期症状は生理の症状と似ているものもあるため、性行為をした1週間後以降に初期症状が現れても気づかないケースがあります。

妊娠初期症状と生理を見分けるポイントは後述をご覧ください。

妊娠初期症状と生理を見分ける3つのチェックポイントと体験談

妊婦さん

ここからは、症状が似ている妊娠初期症状と生理をどうやって見分けるのかを3つのチェックポイントに注目してご紹介していきます。

妊婦さんの体験談も併せてご紹介するので参考にしてみてください。

基礎体温の変化

妊娠初期症状と生理の明確な違いとして現れるのが、基礎体温の変化です。

通常、女性には低温期と高温期があり、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンのどちらが有利に分泌されるかで基礎体温が変化していきます。

生理初日から排卵までの2週間くらいは低温期とされ、エストロゲンの分泌が活発になって量が増えます。エストロゲンは卵胞の発育を促進し、子宮内膜を厚くするなどの働きをします。

排卵が始まるとプロゲステロンが多く分泌されて高温期となり、体温が上昇します。その後、大体2週間にわたり高温期が続き、妊娠が成立していない場合は生理が始まり、再び低温期に切り替わります。

低温期と高温期の体温差は0.3度〜0.5度とされており、妊娠初期の高温期の平均体温は大体36度後半になり、37度を越えることもあります。

妊娠していた場合、胎盤が形成される14週目頃まで高温期は続くため、高温期は2週間以上続いた場合は妊娠している可能性が高まるということです。

低温期、高温期は生理が始まる日の予測や排卵日の特定ができるため、普段から体温を測って体の変化を調べていくことで、妊娠初期症状と生理を見分けることができます。

妊婦さんの基礎体温の変化体験談|1.高温相続いたので妊娠にすぐに気が付いた

「すぐに赤ちゃんが欲しかったため、基礎体温の変化をつけ始めました。実際に体温の変化が分かるようになって、生理周期と基礎体温をみながらタイミングを合わせた結果、3回目くらいで子どもを授かることができました。」

妊婦さんの基礎体温の変化体験談|2.徐々に生理が開始時期がわかるように

妊活のためにピルを止めてから基礎体温を測るようになりました。最初はバラバラでしたけど、徐々に高温期と低温期に分かれて、生理が始まる時期と排卵日がわかるようになりました。
わかると楽しくなってきたのですが、排卵日が近づくと夫がなぜか風邪を引くようになってイライラすることもありました。でも、諦めかけた矢先に妊娠がわかって本当に嬉しかったです。

妊婦さんの基礎体温の変化体験談|3.高温期で体調不良続いて妊娠を確信

高温期3日目から普段感じない悪寒と眠気が襲ってきました。最初風邪を引いたのかと思っていたら高温期8日目からお腹と腰も痛くなってきたのです。いつもなかった症状だったので、もしや?と思って10日を過ぎてから胸の張りが強くなり、12日目に体温が下がり始めたので妊娠を確信しました。生理予定日1週間後に妊娠検査薬を使ったら、あっという間に陽性反応が出たのを覚えています。

おりものの変化

妊娠初期症状として初期おりものがみられることがあります。

初期おりものは、普段からみられるおりものよりも量が増え、色が茶色い、クリーム色に近い、卵白状になっているなどの見た目の変化と、においがアンモニア臭のように酸っぱくなるという変化が起こります。

これらの変化から「生理ではなく妊娠しているかも…」と気づくことが多い初期おりものですが、色や臭いに変化があっても100%妊娠しているとは限らないと覚えておきましょう。

どうしても妊娠の有無が気になって「早くはっきりさせたい!」という場合は、早期妊娠検査薬を使用するか、医師に相談することをおすすめします。

妊婦さんのおりものの変化体験談|1.おりものが茶色っぽかった

「生理痛よりも痛みが弱い腰痛があり、あくびが止まらないほど眠気がひどい日がありました。生理予定日の5日前におりものが茶色になっていたため、生理予定日の1日前に妊娠検査薬を使ったら、陽性反応が出ました。妊娠を意識していなければ気づかなかったかもしれません。」

着床出血

妊娠初期症状である着床出血は、受精卵が子宮内膜へと着床する際に起こる出血を指します。 受精卵は着床するときに、子宮内膜に入り込むのですが、潜り込むには子宮内膜を破壊しなけばならないため、このときに子宮内膜が損傷することで出血するのです。破壊っていうとびっくりするかもしれませんが、受精胚は卵管のなかで受精して成長しながら卵管の中を1週間かけて進みます。この際、受精胚みずからころころ転がるのと卵巣の蠕動運動で進んでいくのですが、子宮内膜に到達したらころころ転がるのをやめて潜り込まないといけません。寝るときに布団をめくる感じで内膜をはがして潜り込むのです。この時の内膜の剥がれから出血する、というわけなのです。

着床出血は妊婦さんの15%が経験するものであり、生理の出血と似ていることから気づかないケースが多々あります。

しかし、着床出血は1日〜2日、長くても4日くらいまでの期間で現れるため、生理よりも期間が短いという点から見分けることができます。また、生理と比べると出血の量が少ない傾向にあります。ただし、ナプキンから血が溢れるほどの出血を伴う場合もあるため、注意が必要です。

着床出血はピンク色のものから鮮血のものまで状態は個人差があり、鮮血が出たりレバーのような血の塊が混ざっていた場合は、何らかの病気を伴っている可能性があるため、すぐに病院で診てもらうことをおすすめします。

妊婦さんの着床出血体験談|1.生理が短かかった

「いつも通り生理予定日に出血があってナプキンを着用していたら、たった2日で生理が終わっておかしいな…と思いました。その後、しばらく生理がこなくて不思議に思ったので市販の検査薬を使ったら、なんと、妊娠が判明したんです。着床出血に素人目で気づくのは難しいかもしれません。」

妊婦さんの着床出血体験談|2.生理がいつもより早めにあった

いつもの予定日より早めに生理がありました。そういえば出血も少なかったような気がします。でも、生理の予定日と近かったしもともと生理不順とまではいかなくてもそんなに28日とかきっちりした周期でもなかったので気にしていませんでした。まさか妊娠なんて。あれが着床出血だったんですね。

妊婦さんの着床出血体験談|3.生理がいつもより遅かった

いつも忙しくてあまり気にしていなかったのですが、そういえば生理がいつもより遅かったんですよね。その上、1日で終わってしまってどうしたのかな?って思ってしまいました。そしたらそれから生理が来なくて。産婦人科に行って妊娠がわかり、赤ちゃんの大きさから週数がわかったら、あれが着床出血だったらしいんですよね。びっくりです。

妊婦さんの着床出血体験談|4.生理がいつもよりすくなかった

生理がいつもより少なかったんですけど、どうしたのかな?時々こんなことってあるのかな?とわからないまま過ごしていたら妊娠が発覚。着床出血を後から知って、あの少ない出血の整理が着床出血だったんだな、と後からわかりました。その時着床前出血を疑うなんて本当に難しいですよ。

妊婦さんの着床出血体験談|5.生理がいつもより茶色っぽかった

そういえばいつもは鮮血って感じなのに、変な茶色い生理が来たんですよね。そしたらそのあと妊娠がわかって。着床前出血って普段の生理とは違う色なんでしょうか。

妊婦さんの着床出血体験談|6.生理がいつもより薄い色だった

なんかおりものにちょっと血が混ざったくらいで薄い色の出血があったんです。どうしたのかな?そういえば排卵のときに薄く出血するってきいたことがあるような気がするし、まあいいかな、って思ってたら妊娠。あれが着床前出血だったとは。本当にその時にはわからないものですね。

妊婦さんの着床出血体験談|7.生理がいつもより少なくて長かった

なんかおかしいなって思ったんですけど、生理が普段よりすごく量が少なくて、それでいて期間は普通にというか普段よりも長めだったくらいで、1週間もあったんです。なので着床出血って知ってたので、おかしいことがあったら妊娠検査薬を使おうと思ってて。やってみたら陽性になったので産婦人科に行ったら妊娠してました。

妊婦さんの着床出血体験談|8.生理の1週間前に1センチ大の出血があった

生理の1週間まえにぽちっと出血がありました。大きさは1センチ大くらい。全然気にしてなかったんですけど。それからなんか生理来ないなって思ってたんですが。ある日、なんでもない事で夫と言い争いになり泣いてしまって。夫に、「おかしいよ、赤ちゃんいるんじゃない?」と言われて妊娠検査薬を使ってみたら陽性で妊娠発覚。妊娠して情緒不安定だったんですね。本人より先に夫に気付かれてびっくりしました。

妊婦さんの着床出血体験談|9.1人目のときはなかったけど2人目は出血があった

1人目を妊娠したときは出血があったのかなかったのか気がつかないぐらい。もしかしたらオリモノに少し赤いものが混じっていたのかも?と感じる程度でしたが。しかし2人目のときは5週目ぐらいに生理が始まったかと思うような出血がありました。
具合の悪さも感じていたので「もしかして」と思い、検査薬を使ってみたところ妊娠判明。同じ体ですが、1人目と2人目では初期症状が異なるのだと感じました。

まとめ

妊娠を示唆する初期症状の数々、そして妊娠初期症状と生理を見分ける3つのチェックポイントと妊婦さんの体験談をご紹介しました。

妊娠初期症状は、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つのホルモンバランスの変化に伴って起こるものであり、吐き気や嘔吐といった代表的なつわりの他に、食欲の激しい変化や嗅覚の変化が現れます。

生理と似たような腹痛や腰の痛みも生じるため、妊娠と気づくことが遅れるケースがありますが、基礎体温の変化、おりものの変化、着床出血によって妊娠初期症状と生理を見分けることも可能です。

妊娠初期症状の特徴を知っておくことでいち早く妊娠していることに気づけるため、いつもと違う体の変化が起きた場合は、この記事でご紹介した情報を是非参考にしてみてください。

ミニコラム|妊娠が判明したら~必要なこと、気をつけること、食事

妊娠がわかったらすべきこと、気をつけることがいくつかあります。
・飲酒、喫煙をしない
・激しい運動は控える
・感染症に注意する

体のことはもちろん、手続き上必要なこともあります。
まずは病院で診察を受け、母子手帳をもらいましょう。また、お産ができる病院は限られているので、産院を探しましょう。人によっては里帰りをして産むのか、今住んでいるところで産むのかから検討する必要がある妊婦さんもいるかと思います。なるべく早いうちに決めておくと安心ですね。

食べ物についても赤ちゃんに必要な栄養が届くように、食事にも気をつけましょう。葉酸サプリが定番ですが摂りすぎに注意なことと、他にももちろん必要な栄養素があります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

関連記事:妊娠関連コラム
妊娠週数の計算の仕方|起点日は?出産予定日は9と7を足せば簡単に計算できる
妊娠週数の数え方|生理不順等の原因で超音波エコー検査で決める場合
エコーによる妊娠週数の決まり方|妊娠週数はなぜ次に行かないと正確に決まらないの?
妊娠超初期症状はいつから始まる?気をつけるべき7つの生活習慣
妊娠検査薬はいつから使う?基礎知識と陽性が出た後の行動を紹介
妊娠超初期に現れる15の兆候|腹痛やおならは新たな生命誕生のサイン
妊娠の初期出血とは?知っておきたい5つの特徴と注意点
妊娠初期の体の変化と気をつけること|下痢・腹痛・頭痛の原因と対処法
妊娠初期症状と生理を見分ける3つのチェックポイントと体験談を紹介
妊娠糖尿病になる原因とは?検査方法や回復に向かう治療法を紹介
妊娠と甲状腺ホルモンと胎児の発育・不妊・流産
妊娠中に気を付けたい4つのこと|職場にはどう言う?服装は?通勤時の注意は?仕事中は?
妊娠中に気をつけたい食べ物のお話
妊娠中に気をつけたい飲み物のお話
妊娠中に気をつけたい薬のお話

ミネルバクリニックNIPTトップページ
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます