お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

GRIN2B遺伝子

遺伝子名; glutamate receptor, inotropic, N-methyl D-apartate 2B
別名: NMDAR2B, NR2B, hNR3
染色体番号: 12
遺伝子座: 12p13.1
関連する疾患: 
遺伝カテゴリー: Genetic Association-Rare single gene variant–Syndromic-Multigenic CNV-Rare single gene variant/syndromic

omim.org/entry/138252

機能

N-methyl-D-aspartate (NMDA) 受容体は、Na+、K+、Ca(2+)を透過するグルタミン酸活性化イオンチャネルであり、脳内の興奮性シナプスに存在している。NMDA受容体は、2つのNMDA受容体-1(NR1またはGRIN1、138249)サブユニットと、GRIN2Bなどの2つのNR2サブユニットからなるヘテロテトラマーである(Mattaら、2011年に要約)。
NMDA受容体サブタイプのグルタミン酸依存性イオンチャネルで、高いカルシウム透過性とマグネシウムに対する電圧依存性を持つ。

発現

Hessら(1996)は、ラットのNmdar2b cDNAを用いてヒト胎児脳cDNAライブラリーをスクリーニングすることにより、NMDAR2BをコードするcDNAを単離した。予測された1,484アミノ酸のヒトタンパク質の配列は、ラットおよびマウスのNmdar2bタンパク質の配列とそれぞれ98%および96%一致していた。

自閉症スペクトラムASDとの関係

GRIN2B遺伝子には、以下のように複数のASD患者で再発性の変異が確認されています。Myersら(2011)は、自閉症と統合失調症の両方の症例において、GRIN2Bに希少な非同義性変異が過剰に存在することを発見しました(PMID 21383861)。O’Roakら(2011)は、GRIN2Bのde novo splice-site variantを持つシンプレックス家のASDプロバンドを同定しました。その後、O’Roakらが2012年に発表した2つの報告では、シンプレックス家のASDプロバンドにGRIN2Bの3つのde novo loss-of-function variantが追加で同定されました(PMID:22495309, 23160955)。De Rubeis et al., 2014のAutism Sequencing Consortium (ASC)のASD症例3,871人と先祖を一致させた対照群9,937人における希少なコーディングバリエーションの解析では、GRIN2BがFDR 0.01の高い統計的有意性を満たす遺伝子として同定され、この遺伝子が真の自閉症遺伝子である可能性は99%であることを意味しています(PMID 25363760)。この遺伝子は、Iossifovら、2015年に、de novo変異の証拠と、コントロールにおける変異の不在または非常に低い頻度の組み合わせに基づいて、ASDリスク遺伝子の有力な候補として同定されました(PMID 26401017)。Platzerら(2017年)は、GRIN2Bのde novo変異を持つ48人の新規個体と43人の既発表個体を評価し、この報告では48人の新規個体のうち13人が表現型としてASDを持つことが報告されました(PMID 28377535)。Yooら(2012)は韓国のASDコホート151家族においてGRIN2Bマーカーの関連性を示しました(PMID 22326929)。その他、統合失調症(Ohtsuki et al., 2001)や強迫性障害(Arnold et al., 2004)とGRIN2B遺伝子の遺伝的関連性を示した研究もあります。