欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

妊娠初期のお腹の出方を画像で紹介|画像を見れば身体の変化が見分けられます

「妊娠したらお腹はどんな出方をするの?」「妊娠初期からお腹は出てくるの?」とお腹が出てくる時期や出方についてもお悩みをお持ちの妊婦さんがいると思います。

笑顔の女性たち

妊娠すると身体の中は、初期段階から出産をする準備のために変化をしていきます。それに伴い見た目も変化していきますので、できれば事前に準備しておきたいことがたくさんあるでしょう。今回の記事ではお腹が出る時期や出方について詳しく紹介しています。知っておけば、準備もしやすくなりますので妊活中の女性にもご覧いただけると幸いです。

お腹が出るのはいつ頃から?

お腹が出てくるのは大体妊娠4~5ヵ月くらいです。先輩ママも同じくらいの時期に膨らんできたのを実感しています。一方、周りの人にお腹が出てきたと気づかれたのは少し遅めで妊娠5~6カ月くらいだそうです。

お腹が出てくるのはご存じのように赤ちゃんがお腹の中で成長してきたからです。子宮が大きくなるとともに、お腹がぐんぐん前にせり出していき、皮膚もおへそを中心に放射状に伸びていきます。妊娠前の子宮の大きさはニワトリの卵位の大きさですが、妊娠後期になると約15倍までになります。

お腹の大きさはこんなに変化をする

妊娠初期から赤ちゃんが生まれるまで大きく見た目が変化するのはお腹です。一体どういった出方をするのか気になると思います。そこで下の画像をご覧ください。

妊婦さんのお腹の変化

(ワコール: からだの変化とマタニティインナー選び> おなかの変化より引用)

妊娠前と妊娠初期でも実は結構な変化があるのがおわかりいただけると思います。それはお腹の中にいる赤ちゃんの成長が理由です。それによってお腹の出方が時期によって変わってきます。では、妊娠初期からお腹から赤ちゃんが出てくる直前までどういった成長をしているのかを紹介します。

妊娠超初期

妊娠は最後の生理日を0週0日として数えています。ところが妊娠1週目は正確に言うと妊娠したわけではありません。特に妊娠しやすい時期です。2週目になると受精卵ができて、1週間ほどで子宮に到達をします。その間、1日1回のペースで細胞分裂を繰り返しています。3週目に子宮粘膜に着床して妊娠が成立です。このときの胎児の大きさは1mmほどと言われています。

妊娠初期

3週目に着床した受精卵は、子宮内膜の中で胎盤を作ってから自分の身体を形成していきます。まだまだ赤ちゃんも小さく、脳といった重要な臓器や神経が作られていく時期です。ちなみに赤ちゃんの体の構造が未熟な状態だと「胎児」とは呼びません。妊娠8週ごろまでは胎のうの中にいる赤ちゃんを「胎芽」と呼びます。

妊娠7週目になると大きさ約1cm、重さが4gくらい育ちます。頭と胴体の境がはっきりしてきて、手足と顔のパーツもわかるようになり、人らしい姿へとなっていくのです。

それからさらに週数が進むと、生殖器が作られ、手足の指が分かれていきます。口や歯ができるのもこの時期です。成長が進んでいき、体長も約4cm、重さ約30gまでに育ちます。妊娠12~15週目(4ヵ月)に入ると大きさは約16cm、重さが100gほどになります。多くの身体の器官が作られていき、筋肉が育ち、皮膚も厚くなっていきます。

妊娠中期

この時期くらいからお腹の出方が気になるくらい赤ちゃんが大きくなります。妊娠19週目には約20cm、重さも150gほどまで成長しています。

妊娠20~23週目(6ヵ月)に入ると生殖器もできあがり、赤ちゃんの向き次第では超音波検査で性別が判別できる時期です。聴覚も備わってくるので、ママの声やお腹の外の音が聞こえているかもしれません。顔立ちもさらにはっきりし、それぞれの臓器も完成していき、活動を開始します。

妊娠24週~27週目(7カ月)に入ると身体も約30cm、重さ約1000gまで大きくなり、お腹の出方も目立ってきます。

妊娠後期

妊娠中期までに赤ちゃんの体の組織はほぼできあがりです。妊娠後期は、出産に向けて赤ちゃんの身体が大きくなっていく時期です。筋肉や神経が活動的になり、指を動かすといった細かい動作もできるようになります。

妊娠32週~35週目(9ヵ月)に入ると成長は加速し、大きさは45cm、重さ約2200gにまでに成長します。新生児と同じような感覚で寝起きする時期です。そして臨月には、胎児の発育はほとんど完成しており、ママのお腹から出た後の生活に順応できるよう準備をしています。大きさが約50cm、重さが約3000gにまで大きくなっており、お腹の出方はすいか一つ分くらいにまでなっています。

妊娠初期にお腹が出る理由

グレイの背景にターコイズのシャツを着た幸せな笑顔の若い女性

ここまでご紹介してきたように妊娠するとお腹の出方が気になってくるのは妊娠4ヵ月から5ヵ月くらいです。妊娠初期にあたりますけど、赤ちゃんが「胎児」と呼ばれる前の段階であれば目立つことはありません。

しかし、赤ちゃんの成長以外にもお腹がぽっこりと出てきて目立つことがあります。それは、一つは便秘になったときです。妊娠初期は、女性ホルモンの変化や子宮が腸を圧迫し便秘になりやすくなります。そのため妊娠初期の女性はお腹の出方がぽっこりとしている場合があるのです。もし便秘になったら無理をしない程度の運動をしたり、主治医に相談したりして早めに解消をしておきましょう。

もう一つは「食べづわり」です。妊娠初期の症状であるつわりの一種です。空腹になると気持ち悪くなってしまうという症状で、ムカムカを軽減するために、何かを口にしてしまいます。ひどいときは常に食べている状態になるのでお腹もぽっこりとした出方になってしまい、体重が急激に増えていきます。

妊娠初期にお腹が出る場所

時期に限らずぽっこりとした出方が始まるのは下腹部からです。妊娠初期の症状である便秘も同じように下腹部から膨れてくる出方になります。

胎児が成長してお腹が出てくるときも同じで下腹部から出てきます。妊娠が進んでいくと大きくなり、体型もふっくらとしていきます。先輩ママさんの体験によると「とにかく嬉しい」「ママになる実感がわいた」「つわり中も頑張れた」といった感想が目立っています。

ぽっこりとした出方を防ぐには姿勢を意識することです。立つときは肩と背中を一直線にして、背筋を伸ばし、胸を張ってください。反り腰にならないようにお腹を引っ込めるようにするのがコツです。椅子に座るときは深く腰かけて、背筋を伸ばしましょう。

マタニティーウェアはいつから着たらいいのか

ブティックショップで洋服を買いに行く妊婦

妊娠による体型の変化は人それぞれですが、一般的に妊娠16週目(4ヵ月)くらいまではお腹が目立ってきません。そのため妊娠初期は今まで持っていた服を着ることになると思います。ただし、インナーに関してはいくつか注意点がありますのでご確認ください。

  • ・お腹の変化をさまたげないこと
  • ・ウエストやお腹をしめつけたり、押さえつけたりしないように、お腹部分がよく伸びる素材に
  • ・お腹や腰を冷やさないように
  • ・おりものに対処し、快適さを保つ

着る時期は特に決まっていません。今までのインナーや服が窮屈に感じたら早めでもマタニティ用にしてしまってもいいでしょう。つわりがひどくて締めつけが苦しいときはお腹が目立たない時期からでもマタニティーウェアにするのがおすすめです。

妊娠初期のウェアは楽な格好を重視

妊娠初期は、胎盤ができはじめたり、ホルモンバランスが大きく変わったり、皮下脂肪が増えていったりと身体の変化が激しい時期です。見た目もゆっくりと体重が増えたり、丸みを帯びたりとゆっくりと変わっていきます。また、ホルモンバランスの変化により、体が熱っぽくなったり、だるくなったり、むくんだり、ひどい眠気を感じたり、便秘や頻尿になったり、つわりがひどくなったりもします。

そうした時期に着る服は「快適さ」で選ぶのが大切です。

例えば、下半身が締め付けられるデニムやスキニーは苦しく感じるならあまりおすすめはしません。つわりや貧血で足元がふらつくこともあるので靴はぺたんこなパンプスやスニーカー、ローファーにしましょう

特にインナーは直接体に着けるものなので、まずはインナーだけでもマタニティ用のものに変えると楽になります。

妊娠初期のアイテム選び方

妊娠初期の服選びは締め付けず楽に着られるのがポイントです。具体的なアイテムをご紹介しますのでご覧ください。

・ブラジャー

妊娠すると胸に張りを感じます。ノンワイヤーブラジャーやカップ付きのキャミソール・ブラトップなら締め付けが少なく楽に着られるのでおすすめです。ノンワイヤーブラのカップ裏はメッシュでムレを軽減できます。妊娠初期は高温期のため体温が高めになっているので快適に過ごせるでしょう。

・ショーツ

お腹がしっかり隠れる大きめサイズのもの、足の付け根がきつくなくリンパや血液の流れを邪魔しないタイプを選ぶといいでしょう。お腹周りも締め付けないタイプを選ぶと快適さがアップします。

・トップス

妊娠初期はつわりや体調不良が起きやすいので、締め付けないタイプのトップスを選ぶのがポイントになります。パーカーワンピースは、ゆったりしたシルエットで脱ぎ着しやすいのでおすすめです。サイドの切り替えが可愛いワンピースもいいかもしれません。ゆったりといたシルエットでもウエストが少し絞られているので、スタイルがきれいに見えます。

・ボトムス

お腹やウエストのサイズ変化に合わせて伸び縮みしてくれるようなものがいいでしょう。お腹のサポート力に加えてゴム無しのボトムは締め付けが少ないので楽に着られます。妊娠初期から徐々にお腹が出てくるのでウエストを優しく支えてくれるものを選ぶのがコツです。

まとめ

ここまで妊娠中のお腹の出方や出てくる理由について紹介をしました。妊娠初期でも胎児の成長以外にぽっこりと出てくる可能性があるので気をつけてください。しかしながら、妊娠中にお腹が目立ってくると赤ちゃんが成長していると実感できることでしょう。徐々にお腹が出てきて赤ちゃんの胎動が聞こえてくればますます喜びを感じられるかもしれません。長いようで短い10ヵ月、赤ちゃんの成長に寄り添いながら妊娠生活を過ごしてみてください。

東京の「ミネルバクリニック」は臨床遺伝専門医が在籍するNIPT実施施設であり、たくさんの妊婦さんの悩みや不安と真摯に向き合い、笑顔になれる出産に導いてきました。ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術と業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。妊娠初期からの出生前診断を受ける医療機関にお悩みの方は、知識・経験・実績とも「第三者から認証されている」臨床遺伝専門医が診療している「ミネルバクリニック」まで是非、ご相談ください。

妊娠初期関連コラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます


 

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移