欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

妊娠中絶の精神的な影響|胎児異常による中絶は心理的負担が大きいので特にケアが必要

流産・妊娠中絶のコンセプト

2020年、日本では約14.5万件の妊娠中絶が行われました。

米国の2017年の調査によると、全妊娠の約半数は意図しない妊娠であり、そのうち40%は妊娠中絶に至りました。胎児異常出生前検査が進歩したことにより、意図した妊娠であっても中絶される数は増加しています。

妊娠中絶の精神的な影響については、ほとんど質の高い研究では、人工妊娠中絶は重篤な精神疾患のリスク増加とは関連しないことが示唆されています。妊娠中絶の心理的影響は、理由が望まない妊娠なのか、多胎妊娠なのか、胎児の異常なのかによって異なります。胎児異常による中絶は心理的負担が大きいので特にケアが必要ということがわかっていますので出生前診断をお受けになる方々は是非その後のことも知っていただきたいと考えています。

妊娠中絶と女性の精神的健康の研究の問題点

ほとんどのレビューは、中絶は女性の精神的健康に害を与えないと結論づけています。しかし、妊娠中絶の精神医学的影響に関する証拠の一部は質が低く、研究デザインも一貫していません。多くの研究では、検証された精神衛生指標を用いていなかったり、中絶前の精神状態や妊娠が計画されていたかどうかをコントロールしていなかったり、比較群の存在や種類も様々である。特に、多くの研究では、計画外の妊娠をした女性と計画的な妊娠の女性を比較しています。望まない妊娠という状況には、人間関係の悪化や経済的困難など、精神的苦痛を伴う可能性の高い要因がもともと含まれています。

さらに、妊娠中絶に対する心理的反応は、社会的、文化的、宗教的、または法的な背景によって異なることが多いため、集団を超えた一般化は困難です。中絶に対する感情的な反応は、誘発された中絶が許容される環境と中絶が否定される環境とで異なることが予想されます。中絶が傷害、経済的破綻、投獄などのリスクを伴う場合、中絶に対する心理的反応をその結果に対する恐怖と区別することは困難です。

意図しない妊娠による妊娠中絶後の精神衛生上の転帰

ここでは、意図しない妊娠による妊娠中絶後の精神衛生上の転帰にフォーカスします。

意図しない妊娠による中絶と精神障害のリスク

特に質の高い研究では、中絶は精神障害のリスクの増加とは関連していないことが示唆されています。望まない妊娠をした女性のうち、妊娠を解除した人と出産した人の精神疾患の発生率は同程度で、中絶後の精神疾患は、中絶前の精神疾患と最も一貫して関連しています。妊娠中絶後の精神的な問題の要因としては、中絶に対する否定的な態度、パートナーからの中絶のプレッシャー、悲しみや疑問など中絶に対する否定的な反応などがあります。

意図しない妊娠後に人工中絶を行った、または出産した女性を対象に、25歳まで追跡調査をした研究では中絶または出産後、その後の精神疾患または自傷行為のリスクは同等でした。

女性は、妊娠を終わらせるかどうかの決断に悩むことがよくあります。しかし、中絶の決定に関する葛藤やアンビバレンスは、一般的には中絶前に起こります。意図しない妊娠は多くの女性に危機とストレスをもたらしますが、妊娠の終了は通常、危機の解決と認識され、安堵感をもたらします。

自殺

人工妊娠中絶が自殺願望や自殺行動のリスクを増加させないことが示されています。
自殺念慮の増加と関連するベースライン時の要因としては、過去1年間の親密なパートナーからの暴力歴、生涯にわたる性的暴行歴、生涯にわたるうつ病または不安神経症の診断、妊娠前のアルコール依存症などが挙げられました。

精神病

予定外の妊娠をして精神疾患の既往歴がない女性のうち、妊娠を中絶した女性の方が出産した女性よりも精神病のリスクが7割程度低かったと報告されていますが、入院に至る精神病の発生率は、2つのグループで同程度でした。

うつ病

妊娠中絶とうつ病症候群の長期的なリスクとの関連性については相反するデータがありますが、例えば、前向きかつ十分に対照的な研究といった質の高い研究では、一般的に中絶の誘発はうつ病症候群のリスク増加とは関連しないことが分かっています。

不安

多くの女性が妊娠中絶の直前に不安を経験しますが、不安症状の短期的なリスクは、中絶可能な時期を過ぎていたなどの理由で中絶を拒否された女性の方が中絶を行った女性よりも大きいようです。中絶後の不安障害の長期的なリスクは上昇しません。

中絶前に有意なレベルの不安が約4割強の女性でみられることがわかりましたが、妊娠中絶後の1か月間で、不安の有病率は著明に減少します。中絶前の不安と最もよく関連していた要因は痛みの予測でした。

後悔

妊娠中絶後、短期的および長期的な感情が混在することが多く、後悔を含むこともあるが、大半の感情は安堵です。多くの女性は、望まない妊娠に対処しなければならないという状況を後悔しています。後悔の種類を詳細に分析すると、真の決定的後悔を報告する女性はほとんどおらず、中絶後の短期的な感情としては、安堵感が圧倒的に多いことがわかっています。

中絶後の精神的問題のリスクを高める可能性のある要因

中絶前の精神障害

妊娠中絶前の精神的健康状態は、人工妊娠中絶後の精神症状や診断の最も重要なリスク要因です。妊娠前の精神障害を考慮した研究では、一般的に、中絶は妊娠後の精神障害とは関連しないとされています。

社会的支援

妊娠中絶の前後に女性が利用できる心理的支援は、中絶に関する女性の認識、経験、妊娠後の感情に影響します。社会的支援が少ないと、妊娠中絶後の否定的な感情の割合の増加と関連します。さらに、婚姻状況よりもむしろ人間関係の健全性が、中絶に対する感情的反応に影響するようです。パートナーのサポートが感情的苦痛のリスクを軽減する重要な要素であることがわかっていますが、逆に、妊娠を終了した理由として、パートナーや友人からのプレッシャーを挙げる女性もいます。

暴力被害

幼少期の身体的・性的虐待、パートナーからの暴力、レイプ、武器で脅さる、などの暴力被害を現在までに受けたことがあるという経験は、精神障害と同様に妊娠中絶と関連しています。また、パートナーからの暴力、レイプ、性的虐待の履歴は、複数回の人工妊娠中絶を受けた女性に多く見られます。

女性は、妊娠中絶に対する個人的な態度が否定的であるにもかかわらず、意図しない妊娠を終了させなければならないと感じることがあり、このことが、不安や苦痛なしに自分の決定を受け入れることを困難にする可能性があります。また、中絶に関する態度は、宗教的または法的な要因によって大きく影響されます。

現在の家族構成

子供の数が多い女性は、子供の数が少ないまたはいない女性に比べて、中絶に対してより肯定的な態度を持つようです。

胎児異常による中絶

出生前検査の技術の進歩により、妊娠中に多くの胎児異常が診断されるようになりました。胎児異常の診断を受けた女性とそのパートナーは、妊娠の終了か妊娠の継続かについて困難な決断を迫られます。また、多胎妊娠の女性は、1人の胎児に異常がある場合、選択的に妊娠を終了させることがあります。

胎児の異常を理由に妊娠を解除した女性は、重大な精神的苦痛を経験する可能性が高いことが研究で明らかになっています。苦痛のレベルは一般的に、妊娠中期以降に流産、死産、新生児死亡といった妊娠喪失を経験した女性の苦痛と同等です。胎児の異常のために妊娠を終了した女性を対象とした研究では、臨床的に有意なPTSDまたはうつ病の症状が約2~5割、約1~3割に認められました。

出生前診断検査は、一部の疾患については妊娠第1期に受けることができるが、ほとんどの胎児の異常は妊娠第2期に診断される。ある研究では、妊娠第2期に胎児異常のために妊娠中絶を行った女性は、妊娠第1期に中絶を行った女性に比べて、心的外傷後ストレス症状を持つ可能性が高いことが報告されています。

胎児の異常や母体の健康への脅威の診断後に妊娠中絶を検討する女性へのカウンセリングには、特別な配慮が必要です。このようなケースでは、一般的に、当初は妊娠を希望しており、妊娠を終了させる必要性を考えていなかった女性の間で妊娠中絶が起こることとなります。どちらの要因も、その決断をより苦痛なものにしています。このような女性には、悲しみを癒す手助けが特に必要なのです。

まとめ

胎児の病気を理由とする人工妊娠中絶は、より大きな葛藤と精神的苦痛を女性にもたらすということが研究報告からも明らかとなっています。新型出生前診断NIPTは採血のみで手軽に受けられるのですが、その後のケアを十分受けられる施設で受けることが推奨されるのはこうした理由からです。ミネルバクリニックでは経験豊富な臨床遺伝専門医が診療しておりますのでご安心の上、ご来院ください。

妊娠中絶関連記事

全国中絶クリニックなび
NIPT陽性後の人工妊娠中絶
中絶手術(初期)の費用とやり方、当日の流れと術後について
中絶手術(中期)の費用とやり方、当日の流れと術後について
中期中絶体験談|望んだ第2子妊娠、NIPT、21トリソミー、羊水検査、確定
ラミナリアとは?処置時の痛みや中絶手術と出産で使う理由
中絶薬は通販でも購入不可?その理由と副作用について
中絶同意書は偽造するとバレるの?必要なの?にお答えします
中絶手術の方法によって妊娠できなくなるのは本当か?
中絶費用はどれくらい安くできるの?相場と分割支払いについても紹介
中絶手術 吸引法とは?|掻爬(そうは)法との違いやリスクについて
中絶すると妊娠しにくくなるの?
妊娠中絶の精神的な影響|胎児異常による中絶は心理的負担が大きいので特にケアが必要

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移