産まれてくる赤ちゃんがわかるNIPTとは?

赤ちゃん

産まれてくる赤ちゃんがわかるNIPTとは?

「健康な赤ちゃんを出産するには、35歳くらいまでを目安にしたほうが良い」というような話を聞いたことはないでしょうか。

もちろん、高齢出産でも健康なあかちゃんを出産した方は多いです。

しかし、やはり年齢を重ねるとともに、少しずつ赤ちゃんの健康にも影響を及ぼすというのも事実です。
また、出産というと女性の年齢や体の状態などにフォーカスされることも多いですが、男性の加齢なども同じく、赤ちゃんの健康面に影響することがあります。
こういった話を聞くと、せっかくの喜ぶべき妊娠も、不安を感じて素直に喜べない方もいらっしゃるかもしれません。

NIPTとは、そういったパパママのためにある検査だといってもよいでしょう。

結婚や出産の形がさまざまな現代社会だからこそ

結婚式
今、結婚や出産の形はさまざまです。ご夫婦の数だけ結婚や出産の形があります。

今はまだお子さんを考えていないというカップルも、年齢を重ねたために「もう難しいかもしれない」と諦めかけているご夫婦も、今後赤ちゃんを授かる機会があるかもしれません。

そういったときのために、赤ちゃんの健康を確かめるひとつの手段として、NIPTとはどういったものかきちんと知っておいてはいかがでしょうか。

ただし、NIPTとは決して気軽に受けるような検査ではないということも理解しておく必要があります。

単にパパママが安心するためだけに受けるものではなく、「パパママと赤ちゃんが今後どのように生きていくか」、しっかりと向き合うための検査なのだということを覚えておきましょう。

NIPTとは

えぬあいぴーてぃー、にぷとと呼ぶ人もいるNIPT。

NIPTとは新型出生前診断ともいわれる検査で、胎児にダウン症候群などの先天性異常やそのほかの疾患がないかを診断するものです。

母体の採血によって検査できるので、お腹の赤ちゃんにとってリスクの少ない方法として選ばれています。

ただし、NIPTとは、赤ちゃんのDNAそのものではなく、妊娠7週目くらいから母体の血中に出はじめるあかちゃんの胎盤からおかあさんの血液に漏れ出してくるDNAの断片を集めて検査するものです。

第2世代、第3世代のNIPTはずいぶん精度も上がっていますが、100%正しい結果になるというわけではありません。

もし、NIPTで陽性が出たとしても、それが「赤ちゃんがダウン症候群で産まれてくる」ということに直結するわけではないのです。

より正確な診断をするには

より正確な診断をするには、羊水検査絨毛検査であかちゃんのDNAそのものを検査する必要があります。

羊水検査や絨毛検査は、侵襲的な検査でリスクが高いことや、結果が出るまでに時間がかかってしまいます。

羊水検査や絨毛検査を受ける必要があるかどうかを判断するものとして、NIPTという選択肢があるということを理解しておきましょう。

NIPTを受けることで、赤ちゃんの性別だけでなく、DNAの中にある染色体の数や構造に異常があるかどうか、DNA自体に異常があるかどうかがわかります。

すべての先天性の疾患がわかるわけではないとはいえ、先天性異常の多くを判断できるようになっているのです。

現在ではNIPTの精度も上がり、判断できる対象疾患も広くなっています。

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます