欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

新型コロナウイルス特設ページトップに戻る

新型コロナワクチンを受ける妊婦さん

妊娠中・授乳中に新型コロナワクチンを受けて大丈夫|妊娠12週前でも受けましょう

妊娠超初期に妊娠していると知らずにワクチンを受けてしまったが、2回目の接種が今日だったのに昨日キャンセルしてしまった。次回は10月になってしまうが、どうしたらいいのか?オンラインNIPTの妊婦さんから遺伝カウンセリングに入る前にそう質問され、恐ろしく守備範囲が広いのと、超おせっかいな性格なので、つい、「12週以降と言われていますが、分子生物学的には12週以降を進めるエビデンスがないと思いますが、お調べいたします」と言って診療を中断し、彼女のためにこの記事を書いています。

普通は大学病院の医師にかかっても、「わからない」とか言われて放置プレイでしょうが、わたしはサービス精神旺盛なので、つい。
それでは、8月11日にアップデートされたばかりの米国疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention)CDCのページ翻訳いたしますので、他の妊婦の皆さまや授乳中のママたちも是非、お読みください。

妊娠中・授乳中のCOVID-19ワクチンについて

COVID-19ワクチンは、妊娠中、授乳中、現在妊娠しようとしている人、将来妊娠する可能性がある人を含む12歳以上のすべての人に接種することが推奨されます。妊娠中や妊娠したばかりの人は、非妊娠の人に比べてCOVID-19で重症化する可能性が高いと言われています。COVID-19のワクチンを接種することで、COVID-19による重症化からあなたを守ることができます。

デルタ株については2021年8月14日現在、重症化予防効果は得られておらず(4月にイギリスで発生して観察期間が短いため)、入院をアウトカムとした臨床試験では有意差をもって入院する事態を減らせるという結果があるのみです。(重症化して入院するのでそのうち重症化予防のポジティブな結果も得られるでしょう)

COVID-19ワクチンは、妊娠中、授乳中、現在妊娠しようとしている人、将来妊娠する可能性のある人を含め、12歳以上のすべての人に接種することが推奨されています。

妊娠中のCOVID-19ワクチン接種の安全性と有効性に関するエビデンスが増えてきています。これらのデータは、COVID-19ワクチンの接種を受けることによるメリットが、妊娠中のワクチン接種による既知または潜在的なリスクを上回ることを示唆しています。

現在のところ、COVID-19ワクチンを含むいかなるワクチンも、女性や男性に不妊症を引き起こすという証拠はありません。

COVID-19による重症化のリスクの増加

妊娠中および最近妊娠した人は、COVID-19による重症化のリスクが高くなります。

重症化の全体的なリスクは低いですが、妊娠中および妊娠したばかりの人は、非妊娠中の人と比較してCOVID-19による重症化のリスクが高くなります。重篤な疾患とは、入院や集中治療を必要とする疾患、呼吸のために人工呼吸器や特別な装置を必要とする疾患、または死に至る疾患を指します。さらに、COVID-19に感染した妊娠中の人は、COVID-19に感染していない妊娠中の人と比較して、早産のリスクが高く、その他の妊娠中の有害な結果のリスクも高くなる可能性があります。

妊娠中のCOVID-19ワクチン接種の安全性と有効性に関するデータ

妊娠中のCOVID-19ワクチン接種の安全性と有効性に関するエビデンスは、限られてはいるものの、増えてきています。これらのデータは、COVID-19ワクチンの接種を受けることによるメリットが、妊娠中のワクチン接種による既知または潜在的なリスクを上回ることを示唆しています。

  • ・動物実験では安全性に関する懸念はありませんでした。妊娠前または妊娠中にModerna、Pfizer-BioNTech、Johnson & Johnson (J&J)/JanssenのCOVID-19ワクチンを接種した動物を対象とした研究では、妊娠中の動物やその赤ちゃんに安全性の懸念は認められませんでした。

  • ・J&J/Janssen COVID-19ワクチンと同じワクチンプラットフォームを使用した過去の臨床試験においても、妊娠に関連する有害事象は発生していません。
    同じウイルスベクターを使用したワクチンは、大規模なエボラ出血熱ワクチン接種試験を含め、すべての妊娠期の人に投与されています。これらの試験では、赤ちゃんに影響する有害な結果を含め、妊娠に関連する有害な結果はワクチン接種と関連していませんでした。ウィルスベクターワクチンの仕組みについては別ページをご覧ください。

  • COVID-19ワクチンは、妊娠中の人やその赤ちゃんを含め、感染症を引き起こすことはありません。
    COVID-19ワクチンには、COVID-19の原因となる生きたウイルスは含まれていないため、COVID-19ワクチンを接種しても、妊娠中の人やその赤ちゃんを含め、誰もがCOVID-19に感染することはありません。

  • 妊娠中にmRNA COVID-19ワクチン(ModernaまたはPfizer-BioNTech)を接種した場合の安全性に関する初期のデータは心強いものです。

    • -CDCは、妊娠中にmRNA COVID-19ワクチンの投与を受けた場合の安全性に関する米国初のデータを発表しました。この報告書では、妊娠中のCOVID-19ワクチン接種に関する情報を収集するために設置された3つの安全性監視システムのデータを分析しています。

      これらの初期データでは、ワクチンを接種した妊娠中の人やその赤ちゃんに対する安全性の懸念は認められませんでした1

    • -また、別の報告書では、v-safe pregnancy registryに登録された妊娠20週以前にワクチンを接種した妊婦を対象としています。その結果、妊娠中にmRNA COVID-19ワクチンを接種した人の流産リスクの増加は認められませんでした2

    • -これらの安全性監視システムで報告された多くの妊娠は継続中です。CDCは、妊娠と赤ちゃんへの影響をよりよく理解するために、妊娠の全期にワクチンを接種した人たちの追跡調査を継続します。

  • 初期のデータでは、妊娠中にmRNA COVID-19ワクチンを接種することで、感染のリスクが減少することが示唆されています。イスラエルで行われた最近の研究では、妊娠中にmRNA COVID-19ワクチンを接種した人としなかった人を比較しました。科学者たちは、ワクチンを接種することで、COVID-19の原因となるウイルスの感染リスクが低下することを発見しました3
  • 妊娠中の人にワクチンを接種すると、赤ちゃんを守るための抗体が作られます。妊娠している人が妊娠中にmRNA COVID-19ワクチンを接種すると、非妊娠者と同様にCOVID-19に対する抗体が体内で作られます。妊娠中の人がmRNA COVID-19ワクチンを接種した後に作られた抗体が、臍帯血中に発見されました。
    これは、妊娠中にCOVID-19ワクチンを接種することで、赤ちゃんをCOVID-19から守ることができるかもしれないということです。他のワクチンで作られた抗体と同様に、この抗体がどのように赤ちゃんを保護するかについては、さらなるデータが必要です4

COVID-19ワクチンの安全性や妊娠中の人への効果を調査する追加の臨床試験が進行中または予定されています。ワクチンメーカーも、終了した臨床試験でワクチンを接種して妊娠した人のデータを収集し、検討しています。

~中略(アメリカのワクチン有害事象登録の説明であるため)~

妊娠している人に対するCDCの推奨事項

COVID-19の予防接種は、妊娠中の方を含む12歳以上のすべての方に推奨されています。 妊娠中の方は、COVID-19の予防接種について医療機関と話し合うことをお勧めします。このような会話は有用かもしれませんが、ワクチン接種の前に必須ではありません。COVID-19ワクチンは、医療機関からの追加書類なしで接種することができます。

CDCの推奨事項は、American College of Obstetricians and Gynecologists(米国産科婦人科学会)やSociety for Maternal Fetal Medicinepdf(母体胎児医学協会)など、妊娠中の人を対象とした専門医療機関の推奨事項と一致しています。

2回接種が必要なCOVID-19ワクチン(Pfizer-BioNTech COVID-19ワクチンやModerna COVID-19ワクチンなど)の1回目の接種を受けた後に妊娠した場合は、可能な限りの保護を得るために2回目の接種を受けるべきです。ワクチン接種後に発熱した場合は、アセトアミノフェンを服用してください。

母乳育児中の方へのCDCの推奨事項

COVID-19の予防接種は、授乳中の人を含む12歳以上のすべての人に推奨されています。現在、米国で使用されているCOVID-19ワクチンの臨床試験には、授乳中の人は含まれていません。授乳中の人を対象とした試験が行われていないため、このワクチンに関するデータは限られています。

母乳育児をしている人におけるCOVID-19ワクチンの安全性

COVID-19ワクチンは、母親や赤ちゃんを含むすべての人に感染を引き起こすことはなく、母乳育児をしている人のCOVID-19の予防にも有効です。最近の報告では、mRNA COVID-19ワクチンを接種した授乳中の人は母乳中に抗体を持っており、赤ちゃんを守るのに役立つ可能性があります。これらの抗体が赤ちゃんにどのような保護をもたらすかについては、さらなるデータが必要です4 5 6 7

ワクチン接種後もCOVID-19の拡散を防ぐための推奨事項に従いましょう。

ワクチン接種後は、パンデミック前に行っていた活動の多くに参加することができます。

免疫力を低下させる疾患をお持ちの方や薬を服用されている方は、ワクチンを完全に接種しても完全には保護されない場合があります。医療機関に相談しましょう。ワクチン接種後も、すべての予防措置を継続する必要があります。

ワクチンの副作用

副作用は、COVID-19ワクチンの接種後、特に2回接種が必要なワクチンの場合は2回目の接種後に発生する可能性があります。妊娠中の人は、mRNA COVID-19ワクチン(ModernaおよびPfizer-BioNTechワクチン)の接種後に、非妊娠中の人と異なる副作用は報告されていません。ワクチン接種後に発熱した場合は、アセトアミノフェンを服用する必要があります。なぜなら、理由を問わず発熱は妊娠の悪影響と関連しているからです。

まれではありますが、COVID-19ワクチンの接種後にアレルギー反応を起こした人がいます。他のワクチンや注射療法(筋肉注射、静脈注射、皮下注射)でアレルギー反応を起こしたことがある方は、医療機関に相談してください。

赤ちゃんを産みたいと思っている人

COVID-19ワクチンの接種は、現在妊娠を希望している人や将来妊娠する可能性のある人、およびそのパートナーを含む12歳以上のすべての人に推奨されています。

ジョンソン・エンド・ジョンソン/ヤンセン(J&J/Janssen)COVID-19ワクチンです。50歳未満の女性は特に、ワクチン接種後に血小板が少なくなって血栓ができるという稀なリスクに注意する必要があります。このリスクが確認されていないCOVID-19ワクチンは他にもあります。

まとめ

妊娠12週をすぎないとコロナワクチンを受けてはならない、と思っている妊婦さんたちが多いようですが、催奇形性もなく、流産につながる恐れもありませんので、12週を過ぎなくても大丈夫です。

ちなみに、日本の厚生労働省もCDCのこのページがアップデートされた8月11日に、それまで「妊娠12週以降に」と言っていたコロナワクチンに関して、「妊娠中のいつの時期でも接種可能」と文言を変更したようです。

以上より、冒頭の患者さんには、ワクチンをキャンセルしたのをまた復活させて、無事に受けてきてもらいました!

ミネルバクリニックでは、出生前にあかちゃんの健康状態をみることができる「出生前診断」を行っており、また、院長が総合内科専門医であり、がん薬物療法専門医臨床遺伝専門医の資格ももっていることから、「コロナ大丈夫?」とか、「妊娠中に乳がんになったんだけど」とか出生前診断に特化した医師とは一味違う幅広い皆様の不安におこたえしております。

妊娠出産に関してご不安なみなさま、遠慮なく是非ご相談ください。

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら

 

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移