新型コロナウイルス特設ページトップに戻る

SARS-cov-2の子宮内感染はあるのか?

子宮内でCOVID-19に感染するの?

垂直伝播は確認されていないが、伝播の可能性を除外することはできず、子宮内感染の可能性ある症例が少数報告されています。
母乳の検体数例からウイルスが検出されているが、ウイルスのPCR検査はウイルス断片をみているため、完全型、すなわち感染力があるウイルスがいるのかどうかという感染のリスクは不明である。哺乳時の密接な接触を介して新生児への飛沫伝播が起こる可能性がある。

COVID-19の母親からの子宮内で重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に感染した可能性がある3人の新生児の詳細を示しています2019(COVID-19) )。子宮内感染の根拠は、出産後に新生児から採取された血液中のIgM抗体値の上昇に基づいています。*IGMは5量体で分子が大きいので胎盤を通過しません。赤ちゃんが自分で作ったと考えられます。
また、すべての乳児はIgG抗体値とサイトカインレベルが上昇していましたが、これらは低分子なので母親から乳児まで胎盤を通過した可能性があります。逆転写酵素-ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)の検査結果が陽性だった乳児検体はなかったため、これらの症例では、子宮内伝播の血清学的な示唆を裏付けるウイルス学的な証拠はありません。

jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2763853

COVID-19の母親から生まれた新生児は、出生後2時間で抗体レベルが上昇し、異常なサイトカイン検査結果が出ました。IgM抗体レベルの上昇は、新生児が子宮内で感染したことを示唆している。IgM抗体は胎盤を介して胎児に移行しない。乳児は、母親がCOVID-19と診断されてから出産までの23日間暴露された可能性がある。炎症と肝障害を示す血液検査結果は、垂直感染の可能性を間接的に裏付けています。出産時の感染を除外することはできませんが、IgM抗体は通常、感染後3〜7日まで出現せず、新生児のIgMの上昇は出生後2時間に採取した血液サンプルで明らかでした。また、母親の膣分泌物はSARS-CoV-2に陰性でした。鼻咽頭スワブに対する乳児の繰り返しRT-PCRテスト陰性であったが、感染しても常に陽性であるわけではない。IgG抗体は胎盤を介して胎児に移行し、IgMより遅れて出現する。
羊水または胎盤のPCRテストは行っていない。

jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2763854

6人の軽度のCOVID-19臨床症状を示す母親から全員が、妊娠第3三半期にで帝王切開で分娩した。母親は全員マスクを着用し、すべての医療スタッフは防護服とダブルマスクを着用しました。乳児は出産直後に母親から隔離された。
6人の乳児すべてが、1分間のアプガースコアが8〜9、5分間のアプガースコアが9〜10でした。新生児の咽頭スワブと血液サンプルはすべて、RT-PCR検査結果が陰性でした。6人の乳児全員が血清中に抗体が検出された。2人の乳児は、IgGおよびIgM濃度が正常レベル(<10 AU/mL)より高かった。1人の幼児のIgGレベルは125.5で、IgMレベルは39.6 AU/mLでした。2人目の幼児は、IgGレベルが113.91 AU/mL、IgMレベルが16.25 AU/mLでした。彼らの母親もIgGとIgMのレベルが高かった(表2)。3人の乳児のIgGレベルは上昇しましたが(75.49、73.19、51.38 AU / mL)、IgMレベルは正常でした。3人の母親全員がIgGが上昇し、2人もIgMレベルが上昇しました。炎症性サイトカインIL-6はすべての乳児で有意に増加しました。乳児のいずれも症状を示さなかった。

子宮内感染はこれら3人の新生児のIgM検出から示唆されます。IgMは多くの先天性感染症を診断するための方法です。IgM抗体は胎盤を通過するには大きすぎるため、新生児での検出は子宮内感染後に胎児が産生したと考えるのが合理的です。ただし、ほとんどの先天性感染症はIgM検出に基づいて診断されていません。IgMアッセイは、交差反応性およびテストの課題とともに、偽陽性および偽陰性の問題があるからです。
IgMテストの感度と特異性は疾患によって異なりますが、通常、核酸の増幅と検出に基づく分子診断テストよりも信頼性が低くなります。たとえば、先天性サイトメガロウイルス感染症の第1世代IgM酵素免疫測定法では、感度が約70%、特異度がほぼ95%で、ラジオイムノアッセイIgM検出で感度が89%に増加しました。
どちらも、サイトメガロウイルスDNAの尿および唾液ポリメラーゼ連鎖反応検出の100%に近い感度特異度よりも著しく低いです。先天性風疹症候群では、リウマチ因子の存在または母体に由来する可能性のあるIgGの不完全な除去が原因で、偽陽性のIgM結果が発生することがあります。 IgM検出は先天性梅毒の診断には何の役割も果たしません。IgGおよびIgAと共にIgMを含む抗体パネルは先天性トキソプラズマ症の診断に使用されていますが、単独でのIgMの感度は54%〜76%の範囲です。

さらに、ドンらによる研究で詳述されているSARS-CoV-2 IgMの減少の動態は、他の先天性感染症の減少率と比較して異常です。新生児のIgM値は、生後2時間の45.83 AU / mLから生後14日の11.75 AU / mLに低下しました。これは、陽性のしきい値10 AU / mLをわずかに上回る程度です。IgM濃度のこの低下は非常に急速です。先天性風疹症候群の乳児では、風疹特有のIgMが数か月間検出され、約3分の1が6か月から2歳までのIgMを検出できます。同様に、先天性ジカ感染後のIgMは1年以上持続する可能性があります。SARS-CoV-2感染におけるIgM産生および崩壊の動態はまだわかっていませんが、この患者で報告された急速な衰退は、他の先天性感染における偽陽性IgMテスト結果の固有の課題とともに、これら3人の乳児の検査結果は、真の先天性感染症の証拠ではなく、アーチファクトである可能性があります。

ドンらの報告では、IgMアッセイの感度特異度はそれぞれ70.2%と96.2%です。これらのレポートで使用されているSARS-CoV-2 IgMアッセイのこれらのパフォーマンス特性のデータは足らないものです。これらの2つの研究レターで報告された結果を解釈する際には注意が必要です。SARS-CoV-2が子宮内で感染する可能性はあるといえます。しかし、妊娠中の女性がSARS-CoV-2による先天性感染症のリスクがあると妊婦に助言するためには、より確実な証拠が必要です。

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら