NIPTでわかる単一遺伝子疾患・ヌーナン症候群5型

この記事の著者 仲田洋美(総合内科専門医がん薬物療法専門医臨床遺伝専門医

# 611553

ヌーナンシンドローム5; NS5

 

表現型遺伝子関係

遺伝子 RAF1
遺伝子座 3p25.2
表現型  ヌーナン症候群5
表現型OMIM  611553
遺伝子遺伝子座OMIM 164760

 

▼ テキスト

Noonan症候群-5(NS5)は、染色体3p25上のRAF1遺伝子(164760)のヘテロ接合突然変異によって引き起こされるという証拠があるため、このエントリーでは数字記号(#)を使用する。

表現型の記述およびヌーナン症候群の遺伝的不均一性の考察については、NS1(163950)を参照のこと。

 

分子遺伝学

Panditら(2007)は、PTPN11(176876)、KRAS (190070)、またはSOS1(182530)遺伝子に変異を認めないヌーナン症候群患者231人を対象に、MEK1(176872)およびMEK2(601263)を活性化するセリン-トレオニンキナーゼであるRAF1遺伝子を解析した。同博士らは、NSの非血縁患者18人(例えば、164760.0001-164760.0003参照)において13の異なるミスセンス突然変異を同定した;ほとんどの突然変異は、CR2ドメインに位置するser259に隣接するモチーフを変化させた。2つのホットスポットにRAF1突然変異を有する17人のヌーナン患者のうち、16人(94%)が肥大型心筋症(CMH;192600参照)を有したのに対し、ヌーナン患者全般におけるCMHの有病率は18%であった。2つのCMHホットスポットからの異所性発現RAF1突然変異体は、キナーゼ活性が増加し、ERK (176948参照)活性化が亢進したが、非CMH関連突然変異体はキナーゼ障害であった。(1)

Razzaqueら(2007)は、臨床的にNoonan症候群と診断され、PTPN11、KRAS、HRAS (190020)、またはSOS1遺伝子の変異が陰性であった30人のRAF1遺伝子を解析し、10人(33%)でRAF1に5つの異なるミスセンス変異を同定した。著者らは、RAF1のCR2ドメインに変化を引き起こす4つの突然変異(例えば、164760.0001および164760.0003参照)のいずれかを有する患者は肥大型心筋症であったが、CR3ドメインに変化を引き起こす突然変異を有する2人の罹患者はそうではなかったことに注目した(164760.0004)。(2)

 

  1. Pandit, B., Sarkozy, A., Pennacchio, L. A., Carta, C., Oishi, K., Martinelli, S., Pogna, E. A., Schackwitz, W., Ustaszewska, A., Landstrom, A., Bos, J. M., Ommen, S. R., and 17 others. Gain-of-function RAF1 mutations cause Noonan and LEOPARD syndromes with hypertrophic cardiomyopathy.Nature Genet. 39: 1007-1012, 2007. [PubMed: 17603483related citations] [Full Text]
  2. Razzaque, M. A., Nishizawa, T., Komoike, Y., Yagi, H., Furutani, M., Amo, R., Kamisago, M., Momma, K., Katayama, H., Nakagawa, M., Fujiwara, Y., Matsushima, M., Mizuno, K., Tokuyama, M., Hirota, H., Muneuchi, J., Higashinakagawa, T., Matsuoka, R. Germline gain-of-function mutations in RAF1 cause Noonan syndrome.Nature Genet. 39: 1013-1017, 2007. [PubMed: 17603482related citations] [Full Text]

 

 

この記事の筆者

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。
いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ3匹。

プロフィールはこちら