遺伝医学用語あ行 遺伝専門医

遺伝専門医(臨床遺伝専門医

臨床遺伝専門医制度について

文責:仲田洋美
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

 

専門医とは?
それぞれの診療領域における適切な教育を受けて、十分な経験を持ち、患者から信頼される標準的な医療を提供できるとともに先端的な医療を理解し情報を提供できる医師と定義されます。

臨床遺伝専門医制度委員会http://www.jbmg.jp/jbmg/index.html

臨床遺伝専門医は遺伝に関する2つの学会が共同で認定しています。
以下、引用します。

遺伝医学研究の進展に伴い、遺伝子情報の医療への導入は不可避な時代となってまいりました。
臨床遺伝専門医はすべての診療科からのコンサルテーションに応じ、適切な遺伝医療を実行するとともに、各医療機関において発生することが予想される遺伝子に関係した問題の解決を担う医師であり、次項の能力を有することが期待されています。

1)遺伝医学についての広範な専門知識を持っている。
2)遺伝医療関連分野のある特定領域について、専門的検査・診断・治療を行うことができる。
3)遺伝カウンセリングを行うことができる。
4)遺伝学的検査について十分な知識と経験を有している。
5)遺伝医学研究の十分な業績を有しており、遺伝医学教育を行うことができる。

遺伝専門医制度委員会より引用いたしました.

遺伝専門医がどんな修練をして世に出てくるのかはこちらを見てください.

わたしたち,遺伝専門医は幅広い診療科の幅広い遺伝子や染色体異常に関する問題を扱うのに特化した研修を経てきた専門医です.

mokuhyo_kaku

 

Pocket