欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません

遺伝子検査

遺伝子検査のイメージ画像

遺伝子検査は、染色体、がんやその他の病気に関連する遺伝子、タンパク質の変化を調べる医学的な検査です。遺伝子検査は、遺伝子を解析することで、病気かどうかとか、病気になりやすさ、薬の効き方、効くかどうか、有害事象の出方など様々なことを知ることができるための検査です。がんに関連する遺伝子は、がん遺伝子と呼ばれることもあります。また、一部の遺伝子や遺伝子の変化は、がんのリスクを高める家族性がん症候群(遺伝性がん症候群)と呼ばれる遺伝性疾患と関連しています。

あなたの個人の病歴家族歴に基づいて、あなたにがんやその他の遺伝性疾患の発症のリスクがあると考えた場合、担当医は遺伝子検査を勧めることがあります。乳がん、卵巣がん、大腸がんなどの一部のがんは、ある家系では他の家系よりも頻繁に発生します。遺伝子検査は病気との関連性を見つけるのに役立ちますが、それは人の健康に関する情報の一部を提供するに過ぎません。がんの発症リスクは、他の遺伝的要因や、住んでいる場所、生活の仕方、食べているもの、運動しているかなどの日常生活の様式かなど、身の回りのことにも影響されます。

医師が家族の健康歴を定期的に尋ねることは重要です。なぜなら、この情報は、遺伝子検査の恩恵を受ける可能性が最も高い患者さんを特定するのに役立つからです。遺伝子検査は、家族ががんやその他の病気のリスクをよりよく理解するのに役立ちます。状況に応じて、主治医は、あなたやがんの家族のために遺伝子検査を提案することがあります。また、遺伝子検査で遺伝性の遺伝子変異が特定された場合には、他の家族も遺伝子検査を受けることができます。

遺伝子検査のメリットとデメリット

遺伝子検査を受けるかどうか考える前に、そのメリットとデメリットを知っておきましょう。

遺伝子検査のメリット

遺伝子検査には、その結果が陽性であっても陰性であっても、潜在的なメリットがあります。

例えばそれが遺伝性がん症候群を考えてのことならば以下のことがメリットとして挙げられます。

  • ・自分のがんのリスクをよりよく理解するのに役立つ。
  • ・がんのリスクについての不安や不確実性を解消する。
  • ・あなたが自分の健康について決断し、がんのリスクを下げるための方法を学ぶのに役立つ。
  • ・あなた自身のがんがたとえば乳がんなら両方の乳房を一度に取ったほうがいいのかなど手術の大きさやその後に使う抗腫瘍薬の選択に影響をする。
  • ・他の家族が、検査を受けるべきかどうか、あるいはがんのリスクを低減する方法を学ぶべきかどうかを判断するのに役立つ。
  • ・治療効果が最も期待できる時期に、がんを早期発見することにつながる。

例えば、遺伝子検査で変異が陽性となった場合、医師は、がんを調べるために他の検査を受けることを推奨する場合があります。また、スクリーニング検査が可能な場合には、より早い年齢でスクリーニング検査を開始することや、より頻繁にスクリーニング検査を受けることを勧めることもあります。

遺伝子検査のデメリット

遺伝子検査には、検査を受ける前に考えておくべき欠点がある場合もあります。

  • ・がんに関連する遺伝子の変化が陽性であっても、がんになるとは限りません。浸透率が100%なら全員発症しますが浸透率は疾患により様々です。
  • ・がんに関連する遺伝子の変化が陰性であっても、がんにならないということではありません。
  • ・遺伝子検査では、がんにつながるすべての遺伝子変化を見つけることはできません。全ての遺伝子の関連性を発見したわけではなく、現在の検査は、現在までに分かっている特定の遺伝子の変化を調べるだけです。
  • ・特定の遺伝子変異によって引き起こされるがんを予防する有効な方法がない場合もあります。
  • ・家族全員が自分の病気のリスクを知りたいとは限りません。血族の中で陽性、陰性がわかれることが検査で分かった場合、陰性の人が陽性の人に申しわけない気持ちになって落ち込んだりすることもあります。
  • ・遺伝子検査の結果、遺伝子変異の陽性反応が出た場合、より多くの医療予約、検査、処置が必要になることがあります。

どういう人が遺伝子検査を受けられますか?

全ての人が遺伝子検査を受けたほうがいいというわけではありません。医師は、あなたの病歴や家族歴を見て、遺伝子検査を受けることを勧めるべきかどうかを判断します。また、推奨されても遺伝子検査を受けないという人もいます。遺伝学的検査を受けるかどうかを選択するのはあなた自身です。

遺伝性乳がん卵巣がんでは、BRCA1/2遺伝子に病的変異があるかどうかで手術の術式が変わったり、使用する薬の種類が変わったりするため、最近の流れではむしろ遺伝子検査が必要ながんとなっています。

子どもの遺伝学的検査は複雑なことをいろいろ考える必要があります。基本的には、遺伝子検査の結果がお子さんや青年のケアに影響する場合を除き、18歳以上になるまで遺伝子検査を行わないこととなっています。子どもや青年が遺伝子変異や家族性がん症候群を持っていたとしても、通常は大人になるまでがんを発症することはありません。成人になるまで検査を待つことで、遺伝子検査について彼ら自身が決定することもできます。しかし、小児期にがんを発症するリスクがある場合には、早期の遺伝子検査が推奨されることがあります。最近ではGJB2などの難聴の遺伝子検査も治療方針に影響するので殊に小児期に行っています。こうしてどういう医療介入をするのかという選択や判断に影響する場合を除き、お子さんに対する遺伝子検査は当人が成人になってから行うのが基本です。

遺伝学的検査ではどういうことをするのですか?

遺伝子検査が推奨された場合、リスク評価と遺伝カウンセリングを受けることになります。また、遺伝子検査の際には、検査を受けることに同意しなければなりません。

リスクアセスメント

通常、あなたは、遺伝専門医、遺伝看護師によるリスクアセスメントを受けることになります。リスクアセスメントでは、あなたの家族歴や他の要因に基づいて、あなたががんなどの特定の病気になる可能性を調べます。リスクアセスメントの際には、以下のことを質問されます。

  • ・なぜ、遺伝子検査を受けたいのか
  • ・がん、遺伝子疾患、先天異常症などを含む家族歴
  • ・あなた自身の病歴
  • ・食生活、喫煙の有無、運動の有無などのライフスタイルで病気に関わる要因

また、リスク評価の際には、身体の検査が行われることもあります。

遺伝カウンセリング

遺伝子検査の前には大体、臨床遺伝専門医による遺伝カウンセリングを受けることになります。遺伝専門医は、がんがどのように遺伝するのか、また、特定の遺伝子の変化を受け継ぐことでがんのリスクがどのように高まるのかについて説明します。そのうえで、遺伝専門医は遺伝子検査があなたとあなたの家族にどのような影響を与えるかを説明します。また、他の家族が遺伝子検査を受けることを検討するように勧めることもあります。

インフォームド・コンセント

リスク評価と遺伝カウンセリングの後に、遺伝子検査を受けることを決めた場合には、インフォームド・コンセントを行う必要があります。検査についての情報、検査がどのくらい正確であるか、検査を受けることの利益とリスクについての情報をどれくらい理解しているかもチェックしていただき、ご本人が同意しない限り、遺伝子検査を受けることはできません。

遺伝学的検査の実施

遺伝子検査は、身体から採取した細胞のサンプルに含まれるDNAを調べます。遺伝子検査は、血液、組織、皮膚又は尿から採取した検体(サンプル)から細胞を取り出してその中のDNAを調べます。

遺伝子検査の種類

染色体、遺伝子、タンパク質の変化を調べる遺伝子検査には、様々な種類があります。

分子遺伝学的検査

分子遺伝学的検査は、遺伝子の変化や突然変異を調べるものです。分子遺伝学的検査には、1つの遺伝子のみを調べるもの(単一遺伝子検査)と、複数の遺伝子の変異を同時に調べるもの(パネル検査)があります。分子遺伝学的検査は、遺伝性がん症候群の診断にも用いられます。また、分子遺伝学的検査には、染色体の欠損や余分なコピー、染色体の一部の欠損や重複などの染色体の変化を調べる検査も含まれます。

生化学的遺伝子検査

生化学的遺伝子検査では、細胞内のタンパク質や酵素の構造や量を調べます。

診断的検査

診断的検査は、個人が特定の状態に関連した徴候症状を示している場合に行われます。この場合の遺伝子検査は、より良い予後や医学的管理や治療選択肢を提供するために、確定診断に到達するために行われます。

検査により、診断が確定すると、早期の治療により軽度または無症状の状態(たとえばフェニルケトン尿症などの代謝性疾患)を実現できるかどうか、それとも現在は有効な治療法がないが薬の開発により将来的に利用可能な治療選択肢が出てきそうかなどを知ることができます。

遺伝子検査は、ダウン症候群21トリソミー)、鎌状赤血球症、テイサックス病、筋ジストロフィーなどの多くの遺伝的身体条件に対して利用可能です。

遺伝子診断を確立することは、適切な場合には、家族内の他のリスクの高い人たちに検査を検討するよう注意を促し、発症予防への対策があれば取り組めることになりますし、予防対策がなかったとしても自分のリスクを正しく知ることで人生設計をそれに基づいてできるようになるというメリットもあります。

生殖のリスク(例えば、同じ診断を受けた子供を産む機会がどれくらいあるか)も、診断後に検討することができます。嚢胞性線維症のように、母親と父親の両方が病的遺伝子を持っていることがない限り、多くの疾患は発症しません(常染色体劣性遺伝)。常染色体優性疾患は、ハンチントン病や ディジョージ症候群のように、片方の親から遺伝することもあります。しかし、他の遺伝性疾患は、細胞分裂の過程で起こるエラーや突然変異(例:不分離により異数性が生じる)によって引き起こされるものであり、遺伝ではありません(新生突然変異)が、当該病気のある個体からは受け継がれるので遺伝性疾患に分類されています。

どのような疾患かを確定することは、どういう遺伝形式なのかを確定する事であり、人生設計にとっては非常に有益だといえます。

また、最近ではたとえばGJB2遺伝子変異による感音性難聴は人工内耳により改善が見込めるなど治療方法の選択に大いに影響を与えるため、積極的な遺伝子検査で早期に診断し医療介入することでQOLの改善を見込める検査項目も出てきました。

着床前遺伝子検査PGT

PGTは胚にとって安全で、診断の信頼性が高く、生殖の観点からより効率的で、費用対効果が高いと考えられています。PGTには3種類あり、いずれも生殖補助技術(ART)を用いた体外受精(IVF)が必要となります。

1.PGT-M

単一遺伝性疾患に対するPGT-Mでは、母体に着床させる前に胚を特定の条件で検査することをいいます。この技術は現在、海外では嚢胞性線維症、テイサックス、筋ジストロフィーなどの小児期に発症した障害のほか、ハンチントン病、遺伝性乳がんおよび卵巣がん症候群、リンチ症候群などの成人期に発症した疾患に対しても実施されています。

2.PGT-SR

PGT-SRは構造的再配列のため、構造的染色体異常(転座)の影響を受けない妊娠を確立するために胚を検査します。

3.PGT-A

PGT-Aは、異数性のための検査で、以前は着床前遺伝子スクリーニングと呼ばれていましたが、これには胚を検査して異数性を特定することが含まれています。PGT-Aを実施するための適応症はカップル、着床失敗、再発流産、重度の男性因子または母体高齢になります。

遺伝カウンセリングでは、不妊症および/または習慣性流産のカップルのために、医学的評価と臨床検査を行うこともできます。

スクリーニング検査

スクリーニング検査はしばしば診断検査の前に使用され、病気の早期の証拠を発見することを意図して、固定された特徴や性質に応じて病気の可能性のある人を分離するように設計されているものをいいます。

例えば、妊娠中のスクリーニング検査(母体の血液検査や超音波検査など)で健康問題や遺伝性疾患のリスクが明らかになった場合、患者は遺伝カウンセリングを受けて、疑われる疾患に関する追加情報を学び、出産後のものや、妊娠中のもの(妊娠を中止する選択肢など)も含めて、その疾患に対して利用可能な管理、治療、治療法について話し合った上で、自分の選択肢について知ることが奨励される。患者は、追加のスクリーニングや検査を拒否したり、診断検査に進むことを選択したり、妊娠中のリスクを精査するためにさらなるスクリーニング検査を受けることができます。

発症前検査

症状を発症する前に、家族内に特定の診断(典型的には成人発症)があることを知っていて、他にも病的遺伝子をもっている親族がいるにもかかわらず、検査を求める時点では患者自身に臨床所見がない場合に、当該病的遺伝子をもっているのかどうかを知るために行われます。発症前検査を実施するかどうかの決定には、思慮深いアプローチが必要であり、様々な医学的、生殖学的、社会的、保険的、経済的要因を考慮しなければなりません。

れぞれの特定の診断に対する治療法や医学的管理の選択肢があるかどうか、その特定の疾患の遺伝や遺伝パターンを検討する必要があります。

遺伝子検査の検査結果がでるとき

担当医は、あなたの遺伝子検査の結果が記載された検査報告書を入手します。結果を得るためには、短いと数週間、長いと数ヶ月かかるものもあります。遺伝子検査の結果は必ずしも理解しやすいものではありませんので、医師が検査結果を説明することが重要です。もし、あなたの検査結果が、がんに関連する遺伝子変化を有していることを示していれば、医師は、あなたのリスクを管理するための方法を伝えてくれるでしょう。

また、家族に検査を受けていることを伝え、検査の結果を得る前に家族と話したいと思うかもしれません。家族の中には、あなたにがんにつながる遺伝子の変化がある場合、自分も検査を受けるべきかどうかを知りたい人もいるでしょう。家族のなかには、自分のリスクを知りたくない人もいるかもしれません。

検査結果が陽性の場合

検査結果が陽性であるということは、がんのリスクを高める可能性のある遺伝子、染色体、タンパク質の変化があるということです。しかし、あなたががんになるかどうかを確実に知る方法は、浸透率(陽性の場合の発症率)が100%の疾患でない限り、ありません。担当医は、あなたが自分の健康について、また、がん発症のリスクを下げるために何ができるかを考えてくれるでしょう。生活習慣を変えること、がんを探すための検査を受けること、より頻繁にまたはより若い年齢で検診を開始すること、特定のタイプのがんの徴候や症状を知ること、がんのリスクを下げるために薬を服用すること、場合によっては、がんが発生する可能性のある臓器を取り除くためにリスク低減手術を受けることなどが含まれます。

検査結果が陰性の場合

検査結果が陰性ということは、検査で探していた遺伝子の変化がないということです。しかし、陰性ということと異常がない、がんにならないということは同じではありません。

判定不能の検査結果が出た場合

判定ができない(inconclusive)検査結果とは、あなたが特定の遺伝子変化を持っているかどうか、検査ではわからないということです。決定的でない検査結果が出た場合でも、あなたはたとえばがんになるリスクが高いかもしれません。

意義不明なバリアント(VUS)

遺伝子検査では、がんやその他の疾患との関連性が現時点では知られていない遺伝子バリアントが見つかることがあります。これは、意義不明な変異体(VUS)と呼ばれています。VUSの中には、他のものよりもよく見られるタイプがあります。VUSとして報告されたある遺伝子の変化が、本当にがんやその他の病気と関連しているかどうかは、今後の研究によって判明していくでしょう。担当医は、VUSに分類される遺伝子の変化に関する研究について、あなたに最新情報を提供することができます。VUSは、特定の遺伝子変化に関する研究が進めば、最終的には、特定のがんや病気と関連していると判明するかもしれませんし、逆に関係ないと判明するかもしれません。

 

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移