NIPT|遺伝子検査で異常が見つかったご夫婦|医師でも大混乱

ミネルバクリニックのNIPTメニューでは、ミネルバの項目を全部検査するコンプリートNIPTデノボプラスが一番人気です。

関連記事:コンプリートNIPTデノボプラス

先日、この検査で最後に結果がかえってきたのが陽性だったご夫婦がいました。
お近くだったので、この結果を説明しようと、「来てください」とご連絡したのですが。。。。

お越しになるまでの数時間。
もうだめだーーー と思って、中期中絶のことばかり調べていたそうです。

もう、覚悟はできていますから早く教えてください!!
って言うので
心配ないですよ、覚悟しなくても産んで大丈夫です、といったら
号泣されました。

出生前診断って不安で仕方ないんですよね。
ちょっとなんかあってもパニくるんです。

なので産んでも問題ないのですが、実は、常染色体劣性疾患の保因者の可能性が高い赤ちゃんだと判明したので
大きくなって生殖年齢を迎えた時に
ちゃんとキャリアスクリーニング検査をして、
まずは本当にこの赤ちゃんが保因者かどうかを確認して

本当に陽性だったら今度はお相手の方のキャリアスクリーニングをして
とかとかいろいろ順番に考えましょうね、という話をしました。

実はこの方は お医者さん なのですが。

それでも自分のことや赤ちゃんのことになると絶対混乱してパニックになるって思ったのでお呼びしました。
案の定、でした。

その医師が言ってました。出生前診断は仲田のような専門医こそがやるべきだ、今行っている某超有名病院で見てくれる産婦人科医は全然何も知らない、って。

出生前診断は、このようにお伝えの仕方も大変スキルが必要です。

たとえば、がんの診断を全く関係ない皮膚科や美容外科でききたいですか?

それがNoならどうしてあなたはお子さんの大事な疾患に関する検査を皮膚科や美容外科で受けるんでしょうか?

ミネルバクリニックではオンラインでNIPT診療も致しておりますので遠方でお越しになるのが難しいかたでも大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です