NIPT(新型出生前診断)で性別を知ることはできるの?そのメリットは?

NIPTで性別を知ることは出来るのでしょうか?それって間違いないの性別を早く知れるメリットとは?についてお伝えします。
妊婦さん

「NIPT(新型出生前診断)で性別が分かるって本当?」
「1日でも早く性別を知りたいから、正確な情報が分かるなら受けたい」

お腹の中の赤ちゃんの性別を、心から楽しみにしている妊婦さんやご家族の方は少なくありません。
反対に、染色体異常を確認したいからNIPTを受けたいけど、性別は出産まで知りたくない、という方もいるでしょう。

そこで、今回の記事ではNIPTで性別を知ることができるのか?
あるいは強制的に知らされてしまうことはないのか?

という点について解説します。

性別が男女どちらかということを楽しみにしている方にとって、とても興味深い内容になれば幸いです。

1、NIPT(新型出生前診断)で性別はわかるの?

妊婦さん

最初に、NIPT(新型出生前診断)を受けた妊婦さんがどの程度いるのか、データを参照しながら紹介します。
また、NIPTがなぜ増えているのかという背景についても解説します。

1-1. 99.9%の確率で男女が判別できる

NIPT(新型出生前診断)の本来の目的は、染色体検査をすることでダウン症候群などの先天性異常をチェックすることです。

性別の検査は、NIPTの本来の目的ではありませんが、染色体の数によって人の性別は決まるため、NIPTを受けることにより99.9%の確率で性別も確認できます。

ただし、性別の告知が受けられるのは、2020年現在、厚生労働省が認可をしていないクリニックに限られます。
※厚生労働省認可の医院では性別の告知をしていません。

認可外のクリニックであっても、独自に判断していることがあるので、性別が気になる方は告知をしてもらえるかどうか先にチェックするようにしましょう。

1-2. 性別が分かるのはいつ頃から?

NIPT(新型出生前診断)は、クリニックにより違いがありますが、だいたい妊娠9週目以降に受けることができます。

そして、検査結果が出るまでおよそ10日前後かかるので、最短で妊娠10~11週目頃には性別が分かります。

一方、染色体検査を受けない場合、エコー検査で性別を知ることができます。
エコー検査も、平面画像の2D検査だけでなく、立体的な映像が確認できる3D、さらに立体的な動画の4Dと技術が進んでいます。

早ければ12週頃からエコー検査で性別が分かることもありますが、写真や映像を目視で確認するため、角度や赤ちゃんの姿勢などによって正確に判断できないこともよくあります。

性別の判断が付きやすくなるのは24週目前後ですが、この段階でも正確に性別を判断できるとは限りません。

以下に該当する方は、NIPTで性別を知るメリットがとても大きいと感じられるのではないでしょうか?

・高い精度で性別を知りたい方
・1日でも早く、性別を知りたい方

1-3. NIPT(新型出生前診断)で性別の判定が100%にならない理由

「NIPT(新型出生前診断)で性別を教えてもらったのに、外れた」

といった話を耳にしたことはありますか?

確率としては非常に低いのですが(0.1%程度)、NIPTにで誤った性別がでることがあります。

具体的な例を2つ紹介します。

・バニシングツイン
元々、双子を妊娠したものの、そのうちの一人がお腹の中で亡くなってしまうというのがバニシングツインです。
亡くなった赤ちゃんの微量に残った胎内のDNAが、NIPTの検査で分析されることにより異なる結果が出てしまうことです。

・性分化疾患(DSD)
性分化疾患(DSD)は、体内で染色体・性腺・内性器や外性器が多くの人とは異なる形をとる疾患の総称です。
かなり珍しい症状ではありますが、遺伝子のパターンとは異なる形で性の分化がおこなわれるため、遺伝子の情報のみを読み解いても正確な性別が把握できないことです。

2、NIPT(新型出生前診断)を受けて性別を知ることのメリット

赤ちゃん
NIPT(新型出生前診断)を受けるには費用がかかることや、本来の目的である染色体異常の告知に対する準備(結果を冷静に受け止めるために、正確な知識を得たり精神面での準備を整える)など、受けるかどうか迷うポイントはいくつもあるかと思います。

それでも「精度の高い検査で性別を知りたい」という妊婦さんにとって、NIPTで性別を判別するメリットをご紹介します。
(一般的なNIPTを受ける目的や利点ではなく、あくまで性別を判断するうえでのメリットについてのご紹介となります)

2-1. 流産のリスクがほとんどない

NIPT(新型出生前診断)の大きなポイントは、流産のリスクがほとんどないということです。

というのも、NIPTは妊婦さんの血液を20ccほど採血するだけでできる検査なので、安全性がとても高いという特徴があるからです。

染色体異常をチェックする検査として、他には絨毛検査や羊水検査があります。
絨毛検査は妊娠13週目頃~、羊水検査は妊娠16週目頃に受けられる染色体検査です。

これらは、NIPTと異なり確定診断といって、染色体異常を100%の確率で診断できますが、どちらもお腹に針を刺す検査であるため、わずかではありますが流産のリスクがあります。

※確定診断について詳しく知りたい方は「NIPT(新型出生前診断)は非確定診断|検査の確率について」 で詳しくご紹介しているので、チェックしてみてください。

2-2. 告知を受けないという選択肢も可能

一方、性別を知りたくないという方はもちろん、告知を受けないという判断も可能です。

NIPT(新型出生前診断)は本来染色体異常のリスクをはかるための検査なので、元々性別を知る目的では受けていない、という方もいるかと思います。

性別は、生まれたときに知りたいという方や、エコー検査で性別が見えてくるまではドキドキしながらいろいろ想像したいという方もいるでしょう。

そのような方は、NIPTを受ける際性別の告知なしにしておけば、誤って知ってしまうという事態を避けることができます。

2-3. 母親になるという実感がわきやすい

3つ目のメリットは、性別が分かることで母親になるという実感がわきやすいということです。

何事もそうですが、具体的にイメージできた方が、実感がわいてくるものです。
NIPT(新型出生前診断)は、妊娠早期に受けられるので、この時期に性別が分かると早い時期から母親になる実感を持てることになります。

特に初産の方にとって、出産というのは分からないことが多く、イメージするにも具体的な姿が湧きにくいことばかりだと思います。

性別が分からないほうが想像を膨らませられる方もいれば、性別が分かったほうがイメージを鮮明に描けるという方もいるので、そこは一つの個性としてご自身に合った選択をするのがベストなのではないでしょうか?

3、まとめ

NIPT(新型出生前診断)では、先天性異常だけでなく性別を知ることもできます。
ただし、性別を告知してもらえるかどうかは、個別に確認しましょう(例えば、厚生労働省認可のクリニックでは、性別の告知をおこなっていません)。

NIPTは流産のリスクがほぼなく、妊娠早期に受けられる検査です。
性別を知りたい方にとって、リスクが少なくメリットの大きな検査方法だと思いますので、まずは信頼できるクリニックにお問い合わせされてみてはいかがでしょうか?

そこでみなさんにおすすめしたいのが、経験と知識が豊富な臨床遺伝専門医による新型出生前診断を受けられる東京のミネルバクリニックです。

ミネルバクリニックは、世界最新鋭の医療技術を用いた新型出生前診断や、より精度の高い第2世代・第3世代のNIPTを受けられる国内唯一の施設です。

新型出生前診断を受ける施設にお悩みの際は、ミネルバクリニックまで是非ご相談ください。

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13/18/21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPT100(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

仲田洋美(医師)

プロフィール

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ3匹。

さらに詳しいプロフィールはこちら