【 医療過誤 】診断ミス、ブルガダ症候群で突然死…遺族に6000万円支払い

う~ん... ブルガダ症候群は,特徴的な右側の胸部誘導のST上昇)があり,、致死的不整脈である心室細動によって突然心臓が停止し,死亡する可能性があります. 日常的には心臓の機能は正常で,突然致死性不整脈が起こる可能性があ […]

…の続きを読む

【 出生前診断 】【 遺伝性疾患スクリーニング検査 】結婚・妊娠前に遺伝性疾患スクリーニングを希望される方へ

臨床遺伝専門医として開業している当院には,全国から様々なお問い合わせをいただきます. 結婚していいか,子供をもっていいか,というお悩みもたくさんいただきます. 今回,これまで当院では扱っていませんでしたが,NIPTの件を […]

…の続きを読む

検証:医者に殺されない47の心得(近藤誠)⑤血糖値は薬で下げても無意味で副作用がひどい

ひどい と言う言葉に対してまず反論しておきます. 酷い,という言葉は主観的な言葉です. なにがどの線を越えていたら酷いのか,について,一人一人が異なるので,こうした言葉をなるだけ使わないで表現するようにしないと,混乱を招 […]

…の続きを読む

遺伝子検査:出生前診断;障害児の出産「茨城では減らせる方向に」 教育委員発言

この発言で問題になるのは,「障害者のうまれてくる権利」でしょう. うまれてきたら大変なので,その前に判ったほうがいい,と言う発言が問題になっているのですよね. 要するに,中絶して障害者を減らしたい,と言うことでしょうか. […]

…の続きを読む

遺伝子検査;遺伝学的リスク評価を考慮するための判定基準:北斗晶さんを考えてみよう

みなさま,こんにちは. まだまだあまり,なじみがないかもしれませんが.がんの遺伝学的リスクを検討する場面があります. 米国国立がんセンター NCIが発信しているNCCNのガイドラインには,以下のようなことがあれば,遺伝の […]

…の続きを読む

遺伝子検査の可能性:「他の人のためにも闘う」 原発作業発がん訴訟 札幌で原告会見

わたしが相手方の協力医なら,この原告は,原発作業から長く見積もっても11ヶ月しかたっていない状況で,がんを発症した,通常のがんの進展経過から考えると,がんができてから発見されるまでは数年単位あると考えられるので,早すぎる […]

…の続きを読む

放射線脆弱性?

以前から時々お伝えしているように,放射線に対して脆弱性を持った方々がいらっしゃいます. つまり,発がんしやすい方々ということになります.この方がそういうお方がどうかについては,現時点でわたしには判断できません. 現在では […]

…の続きを読む