がんより怖いがん治療(近藤誠)①癌より怖い外科医の手術 その1

これは,残念ながら,近藤先生のおっしゃることはごもっともです.(残念ながらと書いている時点で,わたしは近藤先生の単純な擁護論者ではありません.)

びっくりするような症例があるのを知っています...

驚くことは病院にいるとたくさんありました.

ある日,キャンサーボードというカンファレンスに出ていたら,胃がんの肝転移を手術しよう,と言い始めたんです.

しかも.救急搬送されて,その日に胃全摘をした症例に,1か月くらいで胃がんの肝転移を取ろうと言っているんです.

ん???

最初から肝転移あったのに,なんで胃全摘やったんですか???
しかも,どうして大腸がんじゃあるまいし,胃がんの肝転移を切除????

(言っておきますが,大腸がんの肝転移は一定の条件のもと手術適応がありますが,胃がんの肝転移には手術適応はありません.)

そこで,彼らは,現在,兵庫医科大学の上部消化管外科の教授が国立がんセンターにいたころに行った,肝転移切除の成績を持ち出して,こんなにいいんですよ!とのたまわった.

そんな,数がどうやって信用できるんですか?
統計処理もしていない.

予後がいいかどうか比べられるスタディ・デザインでもありません.

それよりなにより,どうしてこの患者をいきなり手術したんですか?
通常なら手術しない症例だと言うことを説明したんですか?

外科医は言いました.

貧血のコントロールのためだと.

しかし.輸血歴の一度もありません.ヘモグロビンは10くらいありました.

輸血の必要もないのに,緊急手術ですよ?夜に.

これだから,「救急病院」は怖いんです.

救急車がどんどん患者さんを搬送してきてくれる.

 

 

どうして誰も止めなかったんでしょう??? 組織として問題がありますね..

どうしてそんなことするんですか?切りたかったんですか?と聞きました.

彼はこう答えました.

僕たちは正しい.なぜならカンファで話し合って決めたから.

 

複数で話し合ったら正しいのならば,ナチス・ドイツの犯罪は起こり得ませんよね???

小学生でも論破できそうなことを平然というものだ,とあきれました.

先生はどうして僕たちに厳しんですか?と言われたので,患者さんを守るためですとはっきり言いました.

しかも,この患者さんは独居で,親戚も遠く,認知症もあり,同意する過程そのものに問題がありそうでした.

でも...

救急車をどんどん受け入れて,頑張っている病院,手術が多くていい病院,外に出る数字ではそういう評価になります...

たとえ,余計な手術をしていても.

 

近藤先生を非難する本がいろいろ出ていますが.

だったら,こうした実態もきちんとお伝えすべきだと私は思います.

国民の皆様が医療不信に陥っているからこそ,近藤先生の本が売れるんです.

その原因を自分たちに求めず,近藤先生を攻撃して何になるんでしょうか?

 

 

 

#新宿ミネルバクリニック #がん専門医 #在宅 #仲田洋美 #緩和 #セカンドオピニオン #セカオピ #がん治療 #放射線 #遺伝子検査 #認知症 #近藤誠 #小松秀樹 #在宅緩和ケア #緩和ケア 

 

 

 

 

 

コメントを残す (削除要請には応じませんので自己責任でお願いします)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です