目次

開放性神経管奇形 神経管障害 開放性神経管欠損 神経管閉鎖不全 二分脊椎

開放型神経管奇形とは?

開放性神経管奇形
開放性神経管欠損症(奇形)Open Neural Tube Defects (ONTDs) とは、母親の子宮内で赤ちゃんが成長している間に、脳、脊髄、または脊椎が形成される段階で問題があることで起こります。頻度は、毎年1,500人に1人の新生児に発生する程度なので割と多いものです。日本語でのよびかたもいろいろあって神経管障害 開放性神経管欠損 神経管閉鎖不全 これらは同じものを意味しています。

開放型神経管奇形(神経管障害)の原因

神経堤、神経管

神経堤
ヒトのからだが出来上がるとき、脳と脊椎は細胞の平板として始まります。この平板は、神経管と呼ばれる管になっていきます。この図にあるように、外胚葉が脊索方向に落ち込んで神経溝を形成するのですが、そのとき、神経管になる細胞と表皮になる細胞の間に、神経堤細胞という別グループの細胞群ができていきます。この左右の神経堤と言われる組織が盛り上がり、神経堤が左右から癒合する形をとっています。神経管開存はこの左右からの癒合がうまくいかなかった場合に生じるのです。

神経堤細胞群からできる組織・臓器


神経堤細胞からできる組織や臓器は上の図に挙げられているように多種多様となっています。

開放型神経管奇形(神経管障害)の原因は神経管の閉鎖(左右の癒合)がうまくいかないこと

神経管
ヒトの胎児では、その背側にある外胚葉から神経管が形成されて脳・脊髄へと発達していくことになります。この神経管が完全な管状の構造をとるようになるのが受精後28日~32日ですが、この神経管の左右の癒合による管状構造への推移(閉鎖)がうまくかない、つまり閉鎖不全が起こることで生じるのが神経管閉鎖不全で脊髄髄膜瘤が発生します。
神経管の全部または一部が閉じられない場合は、開口部が残り、この開口部を神経管開放欠損と呼びます。神経管の開口部が露出したままになったり、骨や皮膚で覆われたりすることもあります。

開放型神経管奇形(神経管障害)の種類

神経管障害の種類には、以下のようなものがあります。

二分脊椎Spina bifida

これは、脊髄の上に背骨が正常に成長できなかった結果として起こります。
二分脊椎で生まれた赤ちゃんは、神経麻痺、腸や膀胱のコントロールができないこと、頭のなかに脳脊髄液が溜まること(水頭症)、知的障害などがみられることがあります。ほとんどの場合、出生後に1回以上の手術が必要になることがあります。二分脊椎はもっとも多い一般的な開放性神経管奇形です。

無脳症Anencephaly

この欠陥は、脳と頭蓋骨の一部が形成されていない場合におこります。神経管が頭蓋骨の基部で閉じていない場合に発生します。無脳症は神経管閉鎖障害(neural tube defects ; NTDs)のなかでは最も重度な奇形で、頭蓋が形成されていなくて脳の実質がありません。初期には無頭蓋のみで脳組織があることもあるのですが、子宮内で時間経過とともに損傷され消失していくと考えられています。無脳症の赤ちゃんは、多くの場合、妊娠20週以降に子宮内で死亡します(死産)。超音波断層法で頭蓋冠がないことから出生前診断は比較的容易です。羊水または母体血清中のα-フェトプロテイン(AFP)を測定することで診断はより確実となります。重度の欠損のため生存は困難で、治療法もありません。無脳症の赤ちゃんは出生したとしてもごく短い期間しか生きられません。数時間以内に亡くなることが殆どです。数日から数週生存する場合もあります。無脳症の赤ちゃんの4人に3人が死産となります。
無脳症の頻度は1000人出生あたり0.29人と報告されています。ダウン症候群の出生が1000人出生あたり約1人とされているので、そう少なくはないと考えられます。

遺残脳瘤Encephalocele

これは非常にまれです。脳瘤が胎生期に退縮したもので、硬膜、線維組織、変性した脳組織が結節を形成していますので、脳またはその覆いが頭蓋骨を突き破っています。これは、額から頭蓋骨の下部の後ろにどこでも発生する可能性があります。しかし、頭蓋骨の前部、鼻や副鼻腔の近くに発生することもあります。ほとんどの場合、子供は生まれた後に複数の手術を必要とすることがあります。

開放型神経管欠損症のリスクがあるのはどのような赤ちゃんですか?

神経管欠損症は、両親から受け継いだ遺伝子や環境要因によって複合的に引き起こされる「多因子疾患」です。これらの要因の中には、肥満、母親の糖尿病のコントロール不良、一部の処方薬などがあります。ほとんどの場合、神経管欠損症の子供にはこの問題の家族歴はありません。開放性神経管欠損は男児よりも女児の方が5倍以上多くなっています。

神経管障害を持つ子供ができた場合の次の子どもの再発リスク

神経管障害を持つ子供が家族に生まれると、この問題が他の子供にも起こる可能性(再発リスク)が25分の1にまで上昇します。神経管障害の種類は、2回目には異なることがあります。例えば、ある家族の最初の赤ちゃんは無脳症で生まれる可能性があり、二人目の赤ちゃんは、代わりに二分脊椎になる可能性がある、といった具合です。

神経管欠損症の他の危険因子

神経管欠損症の他の危険因子には、以下のようなものがあります。

母親の年齢

二分脊椎は、10代の母親に多く見られます。

流産歴

過去に流産したことのある女性は、神経管欠損症の赤ちゃんを持つリスクが高い。

出生順

第一子の赤ちゃんはリスクが高くなります。

社会経済的地位

社会経済的地位の低い家庭に生まれた子供は、二分脊椎のリスクが高くなります。貧しい食生活とそこに含まれる合成化学物質が要因である可能性があると考えられています。

あかちゃんの開放型神経管障害の症状とはどのようなものですか?

症状は開放性神経管奇形の種類によってそれぞれ異なります。そして、それぞれの子供に少しずつ異なる症状が現れます(個体差があります)。

二分脊椎の症状

二分脊椎の症状には以下のようなものがあります。
背中に多毛、くぼみ、アザ、袋状の膨らみ(嚢)などの異常に見える部分がある。
背骨の嚢がある場所の下の感覚がない
足を動かすことができない(麻痺)
便秘や失禁
また、赤ちゃんは以下のような他の問題を抱えている可能性があります。
頭部の体液や圧力の増加(水頭症)
心臓の問題
骨の問題
知的障害

無脳症の症状

無脳症の症状には以下のようなものがあります。
後頭部に骨がない
頭部の前面と側面の骨の欠落
脳の大部分が欠落している
耳の折り返し
口蓋裂(口蓋裂)
先天性心疾患

脳脊髄液減少症の症状

脳脊髄液減少症の症状には以下のようなものがあります。
頭蓋骨の後ろに膨らみのある嚢
顔面の欠陥
脳の上の液体(水頭症)
小頭
腕や足が弱っている(力が入らずだらんとしている)
動けない、歩けない、手を伸ばせない
知的障害
視力の問題
成長・発達の遅れ
発作

子供の開放型神経管欠損症はどのように診断されるのですか?

開放性神経管欠損症は、出生前に以下のような検査で診断することができます。

血液検査

クワトロテストと呼ばれる検査では、母親の血液中の4つの物質を測定します。これは、神経管の欠陥やその他の問題のリスクが増加しているかどうかを確認することができます。この検査は、妊娠16週から18週の間に行われます。血液中のα-フェトプロテイン(AFP)などのレベルを測定します。AFPは、子宮内で成長する赤ちゃんが作るタンパク質です。赤ちゃんに開腹神経管欠損があると、母親の血液中のAFP値が正常値よりも高くなります。この検査は決定的なものではありません。つまり、この検査では、赤ちゃんが開腹性神経管欠損症であることを証明することはできません。しかし、赤ちゃんが開放性神経管欠損のリスクがあるかどうかを示すことはできます。この検査では、さらに検査が必要かどうかを知ることができます。アメリカ産科婦人科学会(ACOG)は、この血液検査をすべての妊婦に提供することを勧告しています。

出生前超音波検査

超音波画像検査では、高周波音波とコンピュータを使用して血管、組織、臓器の画像を作成します。超音波検査では、医師は内臓の機能を見ることができます。また、血管を通る血流も見ることができます。出生前の超音波検査では、開いている神経管の欠陥を見つけることができる場合があります。また、超音波検査で赤ちゃんの他の臓器などを調べることもできます。

羊水穿刺(羊水検査)

この検査では、子宮内の赤ちゃんを取り囲んでいる体液を少量のサンプリングして調べます。細長い針を刺して羊水を採取し、AFPの有無を調べます。この検査では、小さな欠陥や閉鎖性のある欠陥を見つけることができない場合があります。

出生後の身体検査

出生後、医療提供者は身体検査で診断を行います。

開放性神経管欠損症はどのように治療されるのですか?

赤ちゃんに開腹神経管欠損症があることがわかっている場合、赤ちゃんを出産するために帝王切開が必要になることがあります。これは、経膣分娩の際に起こりうる脊髄損傷のリスクを減らすために行われることが多いです。
お子さんが二分脊椎などの場合は、以下のような手術が必要になることがあります。
欠損を修正して閉じる
水頭症の治療
骨(整形外科)の問題を治療する
腸や膀胱のトラブルを修復する
リハビリテーション
お子さんが座ったり、横になったり、立ったりするのを助けるポジショニング補助具
変形を予防し、身体の部位を支えたり保護したりするのに役立つ装具

無脳症には治療法や標準的な治療法はありません。治療は支持的なものです。つまり、赤ちゃんができるだけ快適に過ごせるように努力します。無脳症のほとんどの場合、数日から数週間で死に至ります。

開放型神経管欠損症で起こりうる合併症にはどのようなものがありますか?

二分脊椎の赤ちゃんでは、ラテックスアレルギーを発症するリスクが高いと報告されています。これは、必要とされる多くの医学的・外科的処置の間にラテックスにさらされるためと考えられています。最近ではラテックスフリーの手袋などもありますので、二分脊椎の赤ちゃんの場合はラテックスフリーの素材が使われていると思います。

子供の神経管開放型欠損症を予防するにはどうしたらよいですか?

神経管は、赤ちゃんが妊娠してから胎生28~32日で閉鎖する、ということは述べてきた通りです。これは、多くの女性が妊娠していることに気づく前のことです
脳や脊髄の正常な発達は、妊娠3~8週間の間に以下の要因の影響を受ける可能性があります。

  • 葉酸やその他の栄養素などのビタミン類が十分に摂れていない。
  • 感染症
  • 処方された薬やアルコールの使用
  • 有害な化学物質などの周りにいること
  • 遺伝的な問題

葉酸

神経管ができる時期は妊娠に気付く前(胎生28~32日)なので、妊娠初期にこのビタミンを取得することは、神経管閉鎖不全を防ぐために重要です。十分な葉酸(ビタミンB-9)を摂取している女性は、神経管障害のリスクを下げるのに役立つという研究成果があります。葉酸は、葉野菜、ナッツ類、豆類、柑橘類、強化朝食シリアルなどに含まれています。専門家は、すべての出産可能年齢の女性に、400~800マイクログラムの葉酸を含むマルチビタミンを毎日摂取することを推奨しています。
神経管に障害のある子供を産んだことがある場合は、次の妊娠までに葉酸を多めに摂取することを医師に勧められることがあります。妊娠前の1~2ヶ月間、そして妊娠初期の3ヶ月間、この余分な量の葉酸を摂取するよう指示されると思います。
また、遺伝カウンセリングを勧められるかもしれません。将来の妊娠における神経管障害のリスクについて、臨床遺伝専門医に相談することができます。また、神経管欠損症の再発リスクを下げるために、葉酸を処方してもらうことについても、かかりつけの医師に相談してください。

葉酸関連記事

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号