お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

17p11.2微小重複症候群

17p11.2微小重複症候群の概要

CHARCOT-MARIE-TOOTH DISEASE TYPE 1A

www.omim.org/entry/118220
末梢ミエリンタンパク22(PMP22)遺伝子が関与する17p11.2の1.5メガベース(Mb)の重複は、シャルコー・マリー・トゥース1A型(CMT1A)疾患の原因となっている(MIM#118220)。PMP22は、過剰に発現するとCMT1Aを、過小に発現すると遺伝性圧迫麻痺性神経障害(HNPP)を引き起こす用量感受性の高い遺伝子である。CMT1Aは、臨床的に進行性の遠位性神経筋の脱力を特徴とする脱髄性運動感覚神経障害である。CMT1A患者は、痛み、脱力感、変形、感覚障害などの足部の症状を来す。足の脱落や両側の足底腱膜炎が多い。筋力は遠位で低下し、近位で保存される。

シャルコー・マリー・トゥース病1A型は、染色体17p11.2に存在する末梢ミエリンタンパク-22(PMP22;601097)をコードする遺伝子の重複または突然変異により発症する。

PMP22遺伝子の欠失は、典型的な遺伝性圧迫性神経障害(HNPP; 162500)を引き起こす。また、デジェリン-ソッタスの肥大性神経障害と考えられる患者のPMP22遺伝子にも点変異が認められている(145900)。

CMT1Aは、CMTの最も一般的な型である。臨床症状の平均発症年齢は12.2±7.3歳である。遅い神経伝導速度(NCV)が38m/s未満であれば診断性が高く、年齢に関係なく100%浸透する表現型である。

POTOCKI-LUPSKI SYNDROME

17p11.2重複症候群(POTOCKI-LUPSKI SYNDROME)は、ポトツキ-ルプスキ症候群(PLS)としても知られており、スミス-マゲニス症候群の原因となっている17番染色体上の欠失と相互作用しています。共通の重複部分は3.7メガベース(Mb)にわたっていますが、臨界領域は1.3Mbにわたっており、レチノイン酸受容体1(RAI1)遺伝子を含んでいます。この遺伝子は、これらの患者に見られる神経行動や自閉症の表現型に関与していると推定されている。

臨床所見としては、乳児期の筋緊張低下、発育不全、知的障害、摂食障害、口腔咽頭異形成、睡眠時無呼吸症候群、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、中枢性睡眠時無呼吸症候群などがある。言語発達は著しく障害され、遅延、欠落した言語、遅延したエコーラリア、および言語性失行が見られる。自閉症スペクトラム障害が見られる。心血管構造異常(中隔欠損)はスペクトラムの一部であり、左心低形成など、かなり重篤な場合もある。

*******************
ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号