欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

当院では高い専門性と技術を提供する診療を行っています。美容・脱毛クリニックのような無料カウンセリングは行っておりません。問診票は医師が状態を把握するため作成しており、診察の一部ですので配布時点で料金が発生しますことをご了承下さい。

TPP1

遺伝子名;TPP1
 
 
 

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝 TPP1
疾患 神経セロイドリポフスチン症(TPP連関)
スーパーNIPTgeneプラスで検査対象のバリアント c.1678_1679delCT
c.1611_1621del
c.622C>T
c.616C>T
c.509-1G>A
c.509-1G>C
c.379C>T
c.311T>A
c.17+1G>C
c.1525C>T
c.1340G>A
c.1266G>C
c.1094G>A
c.1093T>C
c.1552-1G>A
c.1551+1G>T
c.1551+1G>C
c.1551+1G>A
c.1259C>A
c.1166G>A
c.1145+1G>A
c.1098G>A
c.1076-1G>A
c.1076-2A>G
c.1076-2A>T
c.617G>A
c.605C>T
c.509-1G>T
c.380+5G>A
c.380G>A
c.237C>G
c.17+1G>A
c.1339C>T
c.1361C>A
検出率 >95%
>85%
分布 ニューファンドランド
一般人口(世界中のどこにでもある普遍的な人口)
引用 Moore S. J. et al. (2008)
Sleat D. E. et al.(1999)
程度 非常に重度
遺伝形式
症状:引用元 www.kegg.jp/dbget-bin/www_bget?ds_ja:H00149
症状 神経セロイドポフスチン病 (NCL) は神経細胞内にセロイドリポフスチンが蓄積することを特徴とする重症の神経変性リソソーム蓄積症の疾患群である。NCL疾患群は網膜症、認知症、てんかん等、類似した症状を示す。歴史的に NCL 疾患群は、発症年齢によって 先天型 NCL, 乳児型 (INCL), 遅発性乳児型 (LINCL), 若年型 (JNCL) および 成人型 (ANCL) に分類されていたが、現在は遺伝的観点に基づいた名称が用いられ、CLN1 から CLN13 までの13種類に分類されている。
乳幼児期から小児期にかけて神経系の障害として発症する進行性の遺伝性神経変性疾患であり、視力障害、運動失調やけいれん等を呈し、最終的には寝たきりとなる。その一部は進行性ミオクローヌスてんかんの症状を呈する。
頻度 2001年の我が国の全国調査では27例の報告
保因者頻度
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移