お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/

2021年7月

6日(火)・7日(水)/13日(火)・14日(水)/

20日(火)・21日(水)/27日(火)・28日(水)/

2021年6月

1日(火)・2日(水)/8日(火)・9日(水)/

15日(火)・16日(水)/22日(火)・23日(水)/
 
29日(火)・30日(水)/

PKHD1

遺伝子名;PKHD1


↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝子PKHD1
疾患名常染色体劣性型多発性嚢胞腎
スーパーNIPTgeneプラスで検査対象のバリアントc.10658T>C (p.Ile3553Thr)
c.10444C>T (p.Arg3482Cys)
c.10412T>G (p.Val3471Gly)
c.10219C>T (p.Gln3407Ter)
c.10174C>T (p.Gln3392Ter)
c.9689delA (p.Asp3230Valfs)
c.9530T>C (p.Ile3177Thr)
c.9053C>T (p.Ser3018Phe)
c.8870T>C (p.Ile2957Thr)
c.8581A>G (p.Ser2861Gly)
c.8011C>T (p.Arg2671Ter)
c.6992T>A (p.Ile2331Lys)
c.5895dupA (p.Leu1966Thrfs)
c.5513A>G (p.Tyr1838Cys)
c.5236+1G>A
c.4991C>T (p.Ser1664Phe)
c.4870C>T (p.Arg1624Trp)
c.3761_3762delCCinsG (p.Ala1254Glyfs)
c.3367G>A (p.Gly1123Ser)
c.2854G>A (p.Gly952Arg)
c.2414C>T (p.Pro805Leu)
c.2341C>T (p.Arg781Ter)
c.2279G>A (p.Arg760His)
c.1486C>T (p.Arg496Ter)
c.1068dup (p.Asn357IlefsX57)
c.664A>G (p.Ile222Val)
c.383delC (p.Thr128IlefsX25)
c.370C>T (p.Arg124Ter)
c.107C>T (p.Thr36Met)
検出率>90%
>69%
>70%
分布アシュケナージ系ユダヤ
一般人口(世界中のどこにでもある普遍的な人口)
コーカサス地方
引用Sweeney, W. E. & Avner, E. D. (1993); Shi,
L. et al.(2017)
程度重度
遺伝形式常染色体劣性
症状:引用元www.nanbyou.or.jp/entry/295
症状両側の腎臓に嚢胞が無数に生じる、遺伝性疾患。新生児期に症候を示す.現在では,生後早期の適切な管理と末期腎不全治療の進歩により,重症肺低形成を伴う新生児以外は長期生存が可能になっている。
新生児期から腎集合管の拡張による両側の腎臓の腫大と,胆管の異形成や門脈周囲の線維化を含む肝臓の異常が,様々な程度で進行する遺伝性嚢胞性腎疾患である。新生児期に症候を示す場合が多く,両側腎に直径2mm未満の小さな嚢胞が多数形成され腎集合管の拡張による両腎の著明な腫大を示し,肺低形成を伴う。病理学的には,集合管上皮細胞の過形成を示す。新生児期以後~年長児に発見される場合は,嚢胞形成,局所的な集合管拡張に,尿細管萎縮,間質線維化病変を伴い腎腫大の程度に差が生じる。一方,乳児期以後~年長児に,肝脾腫の症候が顕在化することがある。肝では,門脈周囲の線維化,胆管の異形成肝内胆管の拡張が様々な程度で進行する。胎児超音波検査により本症が疑われた場合は,児の出生後の人工換気を含む集中管理に備える必要がある。腫大した腎臓による横隔膜可動域の著しい制限がある場合,腎摘,血液透析,腹膜透析療法施行が考慮される場合もある。高血圧に対しては心肥大,うっ血性心不全などの発症を抑えるために積極的治療を要する。腎不全の進行に伴い,保存期腎不全管理,透析治療や腎移植治療が必要となる。肝脾腫,食道静脈瘤破裂,門脈血栓症,脾機能亢進症などの肝徴候の進行により,肝移植治療が必要となる症例もある。
頻度1/1~4万
保因者頻度1/50-100
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑