欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

OAT

遺伝子名;OAT

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝 OAT
疾患 オルニチンアミノトランスフェラーゼ欠損症 脳回状網脈絡膜萎縮症(Gyrate atrophy)
スーパーNIPTgeneプラスで検査対象のバリアント c.159delC
c.1205T>C
c.994G>A
c.991C>T
c.677C>T
c.539G>C
c.3G>A
c.1307T>A
c.1276C>T
c.1250C>T
c.1201G>T
c.1192C>T
c.1186C>T
c.1181G>A
c.1180T>C
c.1172G>A
c.955C>T
c.952G>A
c.901-2A>G
c.749G>C
c.748C>T
c.734A>G
c.722C>T
c.710G>A
c.627T>A
c.596C>A
c.542C>T
c.533G>A
c.163T>C
c.162C>A
検出率 >95%
不明
分布 フィンランド
一般人口(世界中のどこにでもある普遍的な人口)
引用 Mitchell G. A. et al. (1989)
Doimo M. et al. (2013)
程度 中等度
遺伝形式 常染色体劣性
症状:引用元 www.nanbyou.or.jp/entry/4732
症状 尿素サイクルは主に肝臓において、生体内で発生する有毒なアンモニアを無毒な尿素に変えていく経路です。尿素サイクル異常症は尿素合成経路の代謝系に遺伝的な異常があり、尿素サイクルが働くなることにより高アンモニア血症の症状などで発症します。何となく元気がない、哺乳力低下、多呼吸、嘔気、嘔吐、意識障害、痙攣など 非特異的 な症状がほとんどです。乳幼児期の突然死の報告もあります。高アンモニア血症が持続したり、繰り返すと中枢神経障害を生じ、発達障害、行動異常、精神障害を引き起こします。
学童期頃から視力低下、視野障害、夜盲が進行し40歳から60歳で多くが失明する。OAT (ornithine ketoacid aminotransferase)という酵素はオルニチンというアミノ酸を尿素サイクルから最終的にはグルタミン酸に変えます。脳回状脈絡網膜萎縮症ではこの回路が冒されるので血清のオルニチンが増えるため診断には血清オルニチン値測定が必須である。アルギニン制限食やビタミンB6 の投与が進行予防に有効なことがあり、早期診断が必要である。
頻度 1/8万
保因者頻度
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移