欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性と技術をみなさんに提供するために診療お行っていますので無料の相談は受け付けていません。問診票は医師があなたの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しております。診察の一部となるので配布する時点で料金が発生します。あらかじめお知りおきください。

LCA5

遺伝子名;  LCA5

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝 LCA5
疾患 レーバー先天性黒内障(Leber’s congenital amaurosis(LCA))
スーパーNIPTジーンプラス対象バリアント c.1476dupA
c.1151delC
c.838C>T
c.838C>T
c.835C>T
検出率 不明
>80%
分布 一般人口(世界中のどこにでもある普遍的な人口)
パキスタン
引用 Weleber, R. G. et al. (2004); Mackay, D.
S. et al. (2013); Corton, M. et al. (2014)
程度 重度
遺伝形式 常染色体劣性
症状:引用元 www.japo-web.jp/info_ippan_page.php?id=page19
症状 生後早期に発症する網膜変性による失明、眼振。

LCAは幼児と小児の先天的視力障害の最も一般的な遺伝の原因を象徴している常染色体劣性の網膜ジストロフィのグループである。LCAは出生の2~3カ月以内に起こる黒目が振り子のように動き続ける振子様眼振、弱いかもしくは消失した対光反射、重度の視力障害によって特徴付けられ小児期に遺伝性の失明が起こる疾患である。追加の特徴として眼球陥入、遠視の屈折障害と顔面中央の発育不全もある。眼所見はほかに白内障と円錐角膜の報告がある。そのほか、精神遅滞、小脳虫部の形成不全、突出したあご、感音性難聴、腎臟病、肝臓の機能障害を合併することもある。
LCA1からLCA11の11のタイプに識別されている。
頻度 1/3~8万
保因者頻度 1/85~140
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移