欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません

EYS

遺伝子名;EYS

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝 EYS
疾患名 網膜色素変性症25
スーパーNIPTgeneプラスで検査対象のバリアント c.6714delT
c.4350_4356delTATAGCT
c.4957dupA
c.8805C>A
c.7919G>A
c.5014C>T
検出率 >57%
>34%
分布 日本
デンマーク
引用 Hosono K. et al. (2012)
Jespersgaard C. et al. (2019)
程度 重度
遺伝形式  常染色体劣性遺伝 35%、常染色体優性遺伝10%、X連鎖性遺伝5%
症状:引用元 www.nanbyou.or.jp/entry/196
症状 網膜 色素 変性 症は目の内側にあって光を電気信号に変換するセンサーに相当する網膜という部分に異常をきたす遺伝性、進行性の病気。網膜の電気信号を視神経が脳に伝え、人間は光を感じる。網膜色素変性症では視細胞という細胞が障害される。視細胞は目に入ってきた光に最初に反応して光の刺激を神経の刺激すなわち電気信号に変える働きをする。視細胞には、2つあり、網膜の中心部以外に多く分布している杆体細胞は主に暗いところでの物の見え方や視野の広さなどに関係した働きを、他方の錐体細胞は網膜の中心部である黄斑と呼ばれるところに多く分布し、視力や色覚などに関係する。網膜色素変性症では杆体が主に障害されることが多く、このために暗いところで物が見えにくくなったり(夜盲)、視野が狭くなったりするような症状を最初に起こす。進行とともに視力が低下する。
頻度 全体で4,000人から8,000人に一人
保因者頻度
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移