InstagramInstagram

運動失調リピート伸長遺伝子パネル検査

運動失調リピート伸長遺伝子パネル検査

運動失調リピート伸長遺伝子パネル検査では、運動失調症に関連する遺伝子におけるリピートの伸長を検査します。この診断テストは、2つの独立したアルゴリズムを用いて、まず全ゲノムデータからリピートが伸長しているかをスクリーニングし、次に遺伝子特異的単一遺伝子リピートプライムPCRテストによってリピート拡張が陽性となった遺伝子を確認します。

この検査は誰のためのものですか?

運動失調の家族歴がある、もしくはその疑いがあり、遺伝性運動失調と一致する症状を示す患者さん。運動失調の症状には、歩行、手、足、目の動きの協調性の欠如が含まれます。このアッセイの範囲は、指定された遺伝子の反復拡大解析に限定されます。遺伝子配列の決定や欠失・重複解析は含まれません。

患者にとってどのような利点がありますか?

特定の遺伝的病因の同定は、臨床診断の確認及び/又は患者の医学的管理の決定に役立つことがあります。また、疾患の臨床経過に関する情報を提供し、患者の近親者の潜在的なリスクを明らかにすることができます。

運動失調リピート伸長遺伝子パネル検査の対象となる遺伝子

ATN1, ATXN1, ATXN10, ATXN2, ATXN3, ATXN7, ATXN8OS, BEAN1, CACNA1A, FMR1, FXN, NOP56, PPP2R2B, TBP ( 14遺伝子 )

Sequencing(塩基配列の決定)とDel/Dup(欠失/重複)が検査対象となります。

検査に必要な検体

検査に必要な検体は以下の通りです。

  • 血液
  • 唾液*
  • 口腔粘膜ぬぐい液*

*唾液・口腔ぬぐい液の場合、遠隔地の方でもオンライン診療(ビデオスルーでの診察の事をいいます)で遺伝カウンセリングをしたのち、検体を当院にお送りいただく形で、当院にお越しにならずに検査が可能です。遠方の方でもお受けいただけます。

検査の限界

本アッセイは、指定された遺伝子の反復拡大解析に限定されます。遺伝子シークエンスや欠失・重複解析は本アッセイに含まれません。本解析には、特に指定がない限り、メチル化解析は含まれません。検査対象遺伝子座における非典型的または予期せぬ変化は、本法による陽性シグナルを生成しない場合があります。

結果が出るまでの期間

2-3週間

検査費用

33万円(税込)遺伝カウンセリング料金は別途30分16,500円(税込)かかります。

※単一遺伝子のリピート伸長検査に関しては、181,500円(税込)(遺伝カウンセリング料金は別途30分16,500円<税込>)にて承ります。関連記事:ハンチントン病など単一遺伝子のリピート伸長検査

文責:仲田洋美(医師)

プロフィール

さらに詳しいプロフィールはこちら

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

休診日・不定休について

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー
 
medicalブログバナー
 
NIPTトップページへ遷移