欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

uE3 不飽和型エストリオール unconjugated estriol(E3)

uE3 非抱合型エストリオール unconjugated estriol(E3)とは?

uE3 非抱合エストリオール unconjugated estriol(E3)はダウン症候群およびトリソミー18症候群(エドワーズ症候群)のための妊娠第2三半期(中期)のスクリーニング検査の一部をなしています。
スミス・レムリ・オーピッツ症候群(SLO)やXリンク魚鱗癬(胎盤スルファターゼ欠乏症)を含む胎児ステロイド代謝障害の出生前診断における補助的バイオマーカーとしても臨床使用されています。
また、アロマターゼ欠乏症、17α-ヒドロキシラーゼ18欠乏症、および/または先天性副腎過形成の様々な形態を含む他のまれな単一遺伝子の欠損を除外した後に、原発性または続発性の胎児副腎不全を評価するマーカーとしても臨床利用されています。

エストロゲンについてはこちらをご覧ください。

妊娠中の女性においてはE3がエストロゲンの大部分を占めるようになります。胎児の副腎は、胎盤でE3に変換され、母体の循環に拡散するデヒドロエピアンドロステロン硫酸(DHEAS)を分泌します。母体の血液系における非抱合型E3(uE3)の半減期は、母体の肝臓で尿中排泄するためすぐに抱合型にするため、20〜30分です。E3の血中濃度は分娩期にピークを迎え、妊娠中はずっと増加します。

uE3と出生前診断

uE3は、α-フェトプロテイン(AFP)、ヒト絨毛性ゴナドトロピンhCG)、およびインヒビン-A測定と一緒に、複数のマーカーを組み合わせた出生前スクリーニング検査の一部をなしています。uE3の血中濃度が低いと、流産、スミス・レムリ・オーピッツ症候群(コレステロール生合成不全)、Xリンク魚鱗癬、アロマターゼ欠乏症、および原発性または続発性の胎児副腎不全と関連しているとされています。

uE3カットオフ値

<0.08 ng/mL

uE3検査の解釈のしかた

第2三半期母体血清スクリーニングでは、非抱合型E3(uE3)は、ダウン症候群(21トリソミー)と18トリソミー(エドワーズ症候群)のリスク計算のために複数の血清マーカーの数値結果とともに母体の年齢、妊娠週数、その他の人口統計学的情報を使用して、複雑な多変量リスク計算式として使用されています。

血清uE3値が高い場合

血清uE3値が妊娠年齢中央値の0.15倍以上の女性で、それ以外の場合は4次検査で陰性であれば、スミス・レミリ・オーピッツ症候群およびXリンク魚鱗癬を示すことができます。

血清uE3値が低い場合

uE3値が低い場合は、アロマターゼ欠乏症、先天性副腎過形成、原発性または二次性(母体の副腎皮質ステロイド療法を含む)胎児の副腎不全や胎児死亡の可能性があります。

この記事の著者:仲田洋美(医師)

プロフィール

さらに詳しいプロフィールはこちら

 

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移