エストロゲン

エストロゲンとは?

エストロゲン

エストロゲンは、女性が持っている2つの主要な性ホルモンの1つです。もう一つはプロゲステロンです。エストロゲンは、女性の身体的特徴や生殖を司っています。
エストロゲンは、体内で様々な役割を担っているホルモンです。女性では、生殖器系の発達とバストや陰毛などの女性の特徴を維持するのに役立ちます。

エストロゲンは、認知機能の健康、骨の健康、循環器系の機能、その他の重要な身体のプロセスに貢献しています。

しかし、ほとんどの人が知っているのは、女性の性と生殖の健康におけるプロゲステロンと並んでの役割でしょう。
卵巣、副腎、脂肪組織はエストロゲンを生成します。エストロゲンは、女性が持っている2つの主要な性ホルモンの1つです。もう一つはプロゲステロンです。エストロゲンは、女性の身体的特徴や生殖を司っています。男性もエストロゲンを持っていますが、その量は非常に少ないです。
この記事では、エストロゲンの働き、血中濃度が変動すると何が起こるのか、医学的な治療など、エストロゲンについて詳しく見ていきます。

エストロゲンの種類

エストロゲンは多くの身体機能において重要な役割を果たしており、エストロゲンにはさまざまな種類があります。
エストロゲンには、主に3つのタイプがあります

エストラジオール estradiole(E2)

男性も女性もエストラジオールを産生し、生殖期の女性に最も多いエストロゲンです。
エストラジオールが多すぎると、ニキビ、性欲減退、骨粗しょう症、うつ病などを引き起こす可能性があります。多すぎると子宮がんや乳がんのリスクを高めてしまいます。しかし、少ないと体重増加や心血管疾患を引き起こす可能性があります。

エストリオール estriol(E3)

:妊娠中の主なエストロゲンです。
エストリオールのレベルは妊娠中に上昇します。これは子宮の成長を助け、出産に向けて体を準備するためです。エストリオールレベルは出産直前にピークを迎えます。

エストロン estrone(E1)

:閉経後に体が作る唯一のエストロゲンです。このタイプのエストロゲンは、閉経後の体内に存在します。エストロゲンの弱いフォームと理解してよいですが、必要に応じて、エストロゲンの他のフォームに変換することができます。

エストロゲンの作用機序

ステロイドホルモンファミリーの他のホルモンと同様に、エストロゲンは細胞内に拡散し、特定の核内受容体に結合し、その結果、その組織固有の方法で遺伝子転写活性に影響します。

なぜエストロゲンは重要なのでしょうか?

エストロゲンは女性の二次性徴に必要です

卵巣は、女性のエストロゲンの主な供給源です。腎臓の上部にある副腎や脂肪組織も少量このホルモンを作ります。エストロゲンは血液中を移動し、体内のあらゆる場所で作用します。
エストロゲンは、女の子を女性に変える身体的な変化(二次性徴)をもたらすのに役立ちます。人生のこの時期は思春期と呼ばれています。これらの変化には次のようなものがあります。

卵巣 卵巣

:エストロゲンは卵胞の成長を刺激するのに役立ちます。

膣内では、エストロゲンは膣壁の厚さを維持し、潤滑を促進します。

子宮

エストロゲンは、子宮に並ぶ粘膜を強化し、維持します。また、子宮粘液分泌物の流れと厚さを調節します。

乳房

体内では、乳房組織の形成にエストロゲンが使用されます。このホルモンは、離乳後の乳汁の流れを止めるのにも役立ちます。

エストロゲンは月経周期のコントロールに必要です

エストロゲンは月経周期をコントロールし、出産に重要な役割を果たします。

エストロゲンには他にも以下のような働きがあります。

コレステロールをコントロールする
女性と男性の両方の骨の健康を守る
脳(気分を含む)、骨、心臓、皮膚などの組織に影響を与える

エストロゲンの血中濃度

エストロゲン濃度の生涯変動
エストロゲンのレベルは個人差があります。また、月経周期中や女性の生涯にわたって変動します。この変動は、月経前の気分の変化や閉経時のほてりなどの影響をもたらすことがあります。
エストロゲン値に影響を与える要因には、以下のものがあります。

  • 妊娠、妊娠終了、母乳育児
  • 思春期
  • 閉経
  • 年齢
  • 肥満
  • 過激なダイエット
  • ステロイド、アンピシリン、エストロゲン含有薬、フェノチアジン、テトラサイクリンを含む特定の薬物の使用
  • ターナー症候群のようないくつかの先天性疾患
  • 高血圧 こうけつあつ
  • 糖尿病
  • 原発性卵巣不全
  • 下垂体機能不全
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 副腎腫瘍

エストロゲンの量が異常だとどうなりますか?

低エストロゲン

女性の場合

女性のエストロゲン低下の最も一般的な原因は、閉経または卵巣の外科的切除です。
低エストロゲンの症状には、以下のようなものがあります。

  • 月経の頻度が低下したり、月経が止まったりする。
  • ほてり(急に非常に暖かく感じる)や寝汗
  • 睡眠障害
  • 膣の乾燥・菲薄化
  • 性欲が低い
  • 気分転換
  • 乾燥肌

女性の中には、生理周期におけるエストロゲンの自然な低下であっても、生理直前にひどい頭痛がする「月経片頭痛」になる人もいます。

男性の場合

男性のエストロゲンが低いと、過剰なお腹の脂肪や性欲の低下を引き起こす可能性があります。

エストロゲンが高い

女性の場合

エストロゲンが過剰になると、特にこれらの問題につながります。

  • 体重増加、主にあなたのウエスト、ヒップ、および太ももで
  • 軽い出血や重い出血などの月経トラブル
  • 月経前症候群の悪化
  • 線維性乳房(非がん性乳房のしこり
  • 子宮内の線維腫(非がん性腫瘍)
  • 疲労
  • 性欲減退
  • 落ち込んだり、不安になったりする
男性の場合

男性のエストロゲンが高いと

  • 女性化乳房
  • 勃起不良
  • 不妊症

などの症状につながります。

エストロゲン療法

エストロゲン療法は、通常ホルモン補充療法と呼ばれるホルモン療法の一環として、更年期障害の症状を管理するのに役立ちます。
治療はエストロゲンのみで行われる場合もあれば、エストロゲンとプロゲスチン(プロゲステロンの合成物質)を組み合わせて行われる場合もあります。
ホルモン治療には、錠剤、点鼻スプレー、パッチ、皮膚から吸収するゲルタイプ、注射、膣クリームなどがあります。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号