医学用語た行 対合

対合とは

文責:仲田洋美
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

対合とは、減数分裂初期の分裂前期において、相同染色体が並列に接着することをいいます。
第一減数分裂前期は多くの点で体細胞分裂前期と異なり、相同染色体が対をなし遺伝情報を交換する必要があります。
父母からもらった2本の染色体をそのまま子孫に受け渡すと多様性が減り、生物としては絶滅する可能性が大きくなるためです。
最も重要な早期段階は合糸期(zygotene)と呼ばれ、ここで相同染色体は全長にわたって整列を始める。
同じ染色体が並ぶことを対合(synapsis)といい、減数分裂時の対形成の過程は通常非常に正確に行われ、染色体対の全長にわたって対応するDNA配列が整列します。
対合した相同染色体は二価染色体(bivalent)と呼ばれ,接合糸複合構造というリボン状のタンパク構造により互いに結びついて、お互いの遺伝子を交換して組換えます。

Pocket