欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

免疫療法によるがん治療

免疫療法

がん免疫療法とは、「免疫腫瘍学」とも呼ばれ、体に備わっている免疫システムの力を利用して、がんを予防、制御、除去するがん治療法です。

免疫療法は、免疫システムががんと闘うのを助けるがん治療法の一つです。また、免疫療法は、生物から作られた物質を用いてがんを治療する治療法である生物学的療法の一種でもあります。免疫系は、感染症やその他の病気と闘うためのものです。免疫系は、白血球やリンパ系の臓器・組織で構成されています。

免疫システムは、正常な機能として、異常となった自己の細胞を認識・検出して破壊し、多くのがんの成長を防いだり、抑制したりします。

関連記事:

例えば、腫瘍の中や周りには免疫細胞が存在することがあります。腫瘍浸潤リンパ球(TIL)と呼ばれるこれらの細胞は、免疫系が腫瘍に反応していることを示しています。腫瘍にTILが含まれている人は、含まれていない人よりも良好な結果を示すことが多いといわれています。

がんは免疫機構を逃れて成長する

免疫系ががんの成長を防いだり遅らせたりすることができても、がん細胞は免疫系による破壊を回避する方法を持っています。例えば、がん細胞には以下のように免疫機構をすり抜けます。

  • 遺伝子の変化により、細胞表面に出ているタンパクを変化させて免疫系から見えにくくなっている。
  • 細胞の表面に、免疫細胞の働きを阻害するタンパク質がある。
  • 腫瘍の周りの正常な細胞が変化して、免疫系ががん細胞に反応するのを妨害する。

免疫療法は、がんに対する免疫系の働きを強化してがんを治療するものです。

免疫療法の効果とは?

免疫療法には以下のような効果が期待できます。

  • 特定のがん細胞を認識して攻撃するように免疫系を教育する
  • 免疫細胞の働きを高めて、がんの排除を助ける
  • 免疫反応を高めるための成分を体内に投与する

がん免疫療法には、標的抗体、がんワクチン、養子細胞移植、腫瘍感染ウイルス、チェックポイント阻害剤、サイトカイン、アジュバントなど、さまざまな種類があります。免疫療法は、生体由来の物質を用いて病気と闘うため、生物療法(生物学的療法、生物学的応答修飾因子(BRM)療法とも呼ばれる)の一種です。免疫療法の中には、遺伝子操作によって免疫細胞のがんに対する抵抗力を高めるものがあり、これを遺伝子療法と呼ぶこともあります。がんの予防、管理、治療を目的とした免疫療法の多くは、その効果を高めるために、手術、化学療法、放射線療法、標的療法などと併用されます。

免疫療法のメリットとは?

免疫システムの力を引き出すことは、がんと闘うためのよい方法です。

免疫システムは正確なので、健康な細胞を残してがん細胞だけを標的にすることができます。
免疫システムは、がんと同じように継続的かつ動的に適応することができます。そのため、腫瘍が検出されなくなっても、免疫システムは再評価して新たな攻撃を開始することができます。
また、免疫システムの「記憶」は、がん細胞の特徴を覚えているので、がんが再発した場合には、がん細胞を標的として排除することができます。

免疫療法のデメリットとは?

免疫療法はすべての患者さんに効果があるわけではないことと、重篤な副作用を伴うものもあることですが、これらの副作用は管理可能です。現在、研究者たちは、治療に反応する可能性のある患者さんとそうでない患者さんを見極める方法を開発しています。この研究は、免疫療法の効果が期待できる患者さんの数を増やすための新しい戦略につながっていくます。

免疫療法の種類とは?

がんの治療には、いくつかの種類の免疫療法があります。その中には以下のようなものがあります。

免疫チェックポイント阻害剤

PD-1,PD-L1

免疫チェックポイント阻害剤は、免疫チェックポイントを阻害する薬剤です。免疫チェックポイントは、免疫システムの正常な部分であり、免疫反応が強くなりすぎないようにする働きがあります。このチェックポイントを阻害することで、免疫細胞ががんに対してより強く反応するようになります。

現在、日本で保険診療承認されている免疫チェックポイント阻害薬は、以下の通りです。( )内は商品名です。

  • PD-1阻害薬
    • ニボルマブ(オプジーボ)
    • ペムブロリズマブ(キイトルーダ)
  • CTLA-4阻害薬
    • イピリムマブ(ヤーボイ)
  • PD-L1阻害薬
    • デュルバルマブ(イミフィンジ)
    • アテゾリズマブ(テセントリク)
    • アベルマブ(バベンチオ)

養子細胞療法

養子細胞療法は、がんと闘うT細胞の自然な能力を高める治療法です。この治療法では、腫瘍から免疫細胞を採取します。癌に対して最も効果的な免疫細胞を実験室で選び、癌細胞を攻撃しやすいようがんの標的となるタンパクを発現させるよう遺伝子を組み替えて導入して変化させ、大量に増殖させて、静脈に針を刺して体内に戻します。エフェクターとは攻撃力が高まっている、という意味で使われています。
T細胞移植療法は、養子細胞療法、養子療法、免疫細胞療法と呼ばれることもあります。

CAR-T

現在、国内で保険診療として承認されているエフェクターT細胞療法は、がん細胞の標的となる遺伝子としてCAR(キメラ抗原受容体遺伝子)を用いる CAR-T療法(カーティー療法といいます)のみです。これは、血液がんの一部の治療で使うことがありますが、血圧や酸素濃度の低下、心臓、肺、肝臓などのさまざまな臓器に障害が起こるサイトカインストーム、急性循環障害からの意識障害などの強い輸注反応が起きやすいため、必ず入院で行います。

モノクローナル抗体

モノクローナル抗体

モノクローナル抗体は、がん細胞上の特定の標的に結合するように設計された、実験室で作られた免疫系タンパク質です。モノクローナル抗体の中には、免疫系ががん細胞を認識して破壊しやすいように、がん細胞に目印をつけるものがあります。このようなモノクローナル抗体は、免疫療法の一種です。
モノクローナル抗体は、治療用抗体と呼ばれることもあります。

治療用ワクチン

治療用ワクチンは、がん細胞に対する免疫系の反応を高めることで、がんに効果を発揮します。治療用ワクチンは、病気を予防するためのワクチンとは異なります。

免疫系調整剤

免疫系調整剤とはがんに対する身体の免疫反応を高める薬剤です。これらの薬剤の中には、免疫系の特定の部分に作用するものもあれば、より一般的な方法で免疫系に作用するものもあります。

どのようながんに免疫療法が適用されますか?

免疫療法薬は、多くの種類のがんの治療に承認されています。しかし、免疫療法は、手術や化学療法、放射線療法ほど広く普及しているわけではありません。

免疫療法にはどのような副作用がありますか?

免疫療法は副作用を引き起こす可能性があります。その多くは、がんに対抗するために活性化された免疫系が、体内の健康な細胞や組織に対しても作用することで起こります。

免疫療法はどのように行われますか?

免疫療法の実施方法は様々です。以下のようなものがあります。

  • 静脈内投与:静脈内に免疫療法薬を直接投与する方法です。
  • 経口投与:錠剤やカプセルに入っていて、飲み込んで投与する方法です。
  • 外用薬:クリーム状で、皮膚にすり込んで使用します。非常に初期の皮膚がんに使用されます。
  • 膀胱内投与:膀胱内に直接注入するタイプの免疫療法です。

どこで免疫療法を受けるのですか?

免疫療法は、医院やクリニック、病院の外来などで行われます。外来とは、病院に宿泊しないことを意味します。

免疫療法を受ける頻度はどのくらいですか?

免疫療法を受ける頻度と期間は、以下の項目によって異なります。

  • がんの種類とその進行度
  • 治療する免疫療法の種類
  • 治療に対する体の反応

毎日、毎週、あるいは毎月、治療を受けることができます。免疫療法の種類によっては、周期的に治療を行うものもあります。周期的にとは、治療期間の後に休息期間を設けることです。休息期間は、体が回復し、免疫療法に反応し、新しい健康な細胞を作るチャンスとなります。

免疫療法がうまくいっているかどうかは、どのようにしてわかりますか?

医師は身体検査を行い、体調、血液検査やさまざまな種類の画像スキャンなどの医療検査をします。これらの検査では、腫瘍の大きさを測定したり、血液検査での変化を調べたりします。

がんの免疫療法関連記事

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

 

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移