遺伝医学用語は行 プロセシング

プロセシング

文責:仲田洋美
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

真核生物の特徴は遺伝情報が書き込まれたDNAは核膜で隔てられた核の中にあることで、DNAからタンパクを作ろうとすると、転写(mRNAの合成)は核の中で行う必要があるのに、タンパク合成は細胞質のリボソームで行われるため、転写と翻訳の場が細胞内の隔てられたところにあることです。
核内ではRNAポリメラーゼIIがmRNA前駆体を合成するのですが、翻訳される前に核外へと運ぶ必要があります。
核外への輸送する前にmRNA前駆体はいろいろな加工を受けて成熟mRNAとなる必要があり、mRNA前駆体を成熟させる過程をRNAプロセシングといいます。
RNAプロセシングには、
1.キャップ構造の付加
2.スプライシング
3.ポリA尾部の付加
の3つがあります。

 

キーワード:遺伝医学 遺伝子検査 用語 

 

Pocket