欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

ZNF507遺伝子

遺伝子名: ZNF507 zinc finger protein 507; ZNF507
別名:
染色体: 19
遺伝子座: 19q13.11
遺伝カテゴリー:
関連する疾患:Mowat-Wilson syndrome 235730 AD

www.ncbi.nlm.nih.gov/gtr/genes/22847/

ZNF507遺伝子の機能

現在研究中。その詳細な機能は不明。

ZNF507遺伝子の発現

現在研究中。その詳細な機能は不明。

ZNF507遺伝子と自閉症スペクトラム障害ASDの関係

均衡型染色体異常で自閉症や発達障害がある人の研究結果から

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/22521361/
均衡型染色体異常(BCA)は、神経発達障害(NDD)における単一遺伝子破壊の比較的未開発の宝庫である。自閉症や関連する神経発達障害の患者のBCAの塩基配列を調べたところ、以下の4つのカテゴリーに分類される33の遺伝子座が破壊されていることがわかりました。その結果、以下の4つのカテゴリーに分類される33の遺伝子座が破壊されていることがわかった。CHD8KIRREL3ZNF507など)、(4)遅発性精神疾患に関連する遺伝子(TCF4ZNF804APDE10AGRIN2BANK3など)が挙げられる。また、神経発達症の症例では、これらの33遺伝子座のコピー・ナンバー・バリアントの数が非常に多く、自閉症と統合失調症のゲノムワイド関連研究で得られた多遺伝子リスクアリルが有意に濃縮されていることがわかった。これらの結果は、自閉症の多遺伝子リスクモデルを示唆しており、一部の神経発達関連遺伝子は複数の変異メカニズムによる影響を受けやすく、異なるライフステージで発現する多様な表現型をもたらすことを明らかにした。

肥満症および統合失調症の全ゲノム配列データに対する負荷テストの適用に関する実践的経験

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/26474449/
生物学的および統計学的な理由から、遺伝子レベルのバリアントからの情報を組み合わせることは理にかなっている。また、希少なバリアントや機能に影響を与える可能性の高いバリアントをより重視したいと思うこともあるでしょう。SCOREASSOCプログラムで実装された複合的な重み付けスキームを、UK10Kプロジェクトで得られた統合失調症の1392人と肥満の982人の全エクソーム配列データに適用した。結果は帰無仮説の予想とほぼ一致し、個々の遺伝子が強く関与することはなかった。しかし、上位にランクされた遺伝子の中には、いずれかの表現型に関与していると考えられる有力な候補があり、さらなる調査が必要と思われる。例えば、MC4R、NLGN2、CRP、DONSON、GTF3A、IL36B、ADCYAP1R1、ARSA、DLG1、SIK2、SLAIN1、UBE2Q2、ZNF507、CRHR1、MUSK、NSF、SNORD115、GDF3、HIBADHなどである。これらの遺伝子の個々のバリアントの中には、コホート間で頻度が異なるものがあり、追加の被験者でジェノタイピングを行うことが可能です。その他の遺伝子については、多くの異なる部位に一般的に過剰なバリアントが存在するため、再現性を高めることはより困難である。全体として、weighted burden testは、配列データを使って興味のある遺伝子を強調する便利な方法である。

自閉症スペクトラムのハイスループット・シーケンサーの登場
希少な染色体異常の同定に期待されるWGS
ASDに関連する希少な染色体異常、特に神経発達障害(NDD)における単一遺伝子破壊の比較的未開発の貯蔵庫である均衡型染色体異常(BCA)を研究するために、塩基対分解能でゲノム再配列や構造変化を呼び出す費用対効果の高いパイプラインが開発されました(Talkowskiら、2011年)。Talkowskiら(2012)は,最適化ジャンピングライブラリプロトコル(21人),ターゲットDNAキャプチャープロトコル(10人),標準ペアエンド(PE)プロトコル(2人),イルミナマットペア(MP)プロトコル(5人)を用いて,自閉症または関連するNDDの患者38人のBCAの配列を決定した.その結果、以下の4つのカテゴリーに分類される33の遺伝子座の破壊が発見されました。1)神経発達異常との関連が指摘されている遺伝子(AUTS2FOXP1CDKL5など)、(2)微小欠失症候群の原因となっている単一遺伝子(MBD5SATB2EHMT1、SNURF-SNRPNなど)、(3)新規リスク遺伝子(CHD8、KIRIなど)。 (3)新規のリスク遺伝子座(CHD8、KIRREL3、ZNF507など)、(4)晩発性精神疾患に関連する遺伝子(TCF4、ZNF804A、PDE10A、GRIN2B、ANK3など)がある。) 独立した被験者でCNVを評価したところ、これら33の遺伝子座からのCNVの負荷が有意に増加していた。また、公表されているGWASデータを用いて遺伝子セットの濃縮解析を行い、ネットワーク解析を行ったところ、これらの33遺伝子座に多遺伝子リスクアリルが有意に濃縮されていることが判明した。

ZNF507遺伝子とその他の疾患との関係

報告なし

この記事の著者:仲田洋美(医師)

プロフィール

さらに詳しいプロフィールはこちら

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移