お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

PTCHD1遺伝子

遺伝子名: PATCHED DOMAIN-CONTAINING PROTEIN 1; PTCHD1
別名: 
染色体: X
遺伝子座: Xp22.11
遺伝カテゴリー: Rare Single Gene variant-Genetic association, rare single gene variant
関連する疾患:

omim.org/entry/602720

PTCHD1遺伝子の機能

PTCHD1は、ヘッジホッグ(Hh)受容体であるPATCHED1(PTCH1)、PTCH2、およびニーマン・ピック型C1タンパク質(NPC1)との関連性が高い、12個の膜貫通ヘリックスを持つパッチド関連ドメインを含む膜貫通タンパク質であることが示唆されている。
Noorら(2010)は、レポーター遺伝子アッセイを用いて、PTCHD1がPTCH1(601309)と同様に、10T1/2マウス線維芽細胞での発現後にGLI(165220)プロモーターからの転写を阻害することを示し、PTCHD1がヘッジホッグ(SHH、600725)シグナル伝達経路に関与していることを示唆した。

PTCHD1遺伝子の発現

Noorら(2010)は、ヒトPTCHD1をクローニングした。推定888アミノ酸のタンパク質は、12の膜貫通ドメインとステロール感知ドメインを含んでいる。ノーザンブロット解析では、成人の脳のいくつかの領域と肺に、約4.1kbのPTCHD1転写物が検出された。RT-PCR解析では、多くの組織でPTCHD1の発現が変動しており、小脳、脊髄、胃、子宮、前立腺で最も高い発現が認められた。定性的RT-PCRでは、小脳でPTCHD1の高い発現が確認され、下垂体でも高い発現が検出された。また、胎児の脳を対象としたin situ hybridization法では、胎生9.5日目から生後1日目までPtchd1が検出された。また、Ptchd1は成体マウスの脳にも広く発現していた。蛍光タグ付きのPtCHD1は、トランスフェクトしたCOS-7およびSK-N-SHヒト神経芽細胞腫細胞の細胞膜に発現していた。Noorら(2010)は、PTCHD1遺伝子にオーバーラップするノンコーディングアンチセンスRNAも同定した。

Filgesら(2011)は、PTCHD1遺伝子の発現は、ヒトの小脳、大脳皮質、側頭葉で比較的高く、また、腸、卵巣、乳腺でも発現していると述べている。また、マウスの小脳、外側中隔皮質、大脳皮質でも発現が高いことがわかった。

PTCHD1遺伝子と自閉症スペクトラムASDとの関係

PTCHD1遺伝子には、欠失ミスセンス変異など、自閉症との関連が認められる希少な単一遺伝子変異がいくつかの研究で発見されている。Marshallら(2008)は、PTCHD1遺伝子のヌル変異となる160kbの欠失を発見した。これらはClinVarに登録されている。

PON3遺伝子とその他の疾患との関係

今のところ報告なし

この記事の著者:仲田洋美(医師)

プロフィール

さらに詳しいプロフィールはこちら