お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

PON3遺伝子

遺伝子名: PARAOXONASE 3; PON3
別名: 
染色体: 7
遺伝子座: 7q21.3
遺伝カテゴリー:
関連する疾患:

omim.org/entry/602720

PON3遺伝子の機能

PON1は2価Caイオン依存性エステラーゼであり、パラオキソンの他にも多くの有機リン系化合物の代謝物を加水分解し,神経毒性を軽減することが知られている。ヒトのPON1は肝臓で合成され血液中に分泌されるPON3をはじめとするパラオキソナーゼ(EC 3.1.1.2)遺伝子ファミリーのメンバーは、複数の酵素作用を持つ高密度リポタンパク質(HDL)関連の糖タンパク質をコードしている(Lu et al.
Paraoxonase 1 (PON1)は有機リン酸塩を加水分解する酵素として発見された。殺虫剤パラチオンの代謝物であるパラオキソンを加水分解するためパラオキソナーゼと命名されたものである。

PHF6遺伝子の発現

Primo-Parmoら(1996)は、2つのヒトPON1(168820)類似の遺伝子を同定し、PON2(602447)およびPON3と命名した。

Reddyら(2001)は、RT-PCRにより、HepG2ヒト肝癌細胞株からPON3をクローニングした。ノーザンブロット解析では、主に肝臓で約1.3kbの転写産物が検出され、腎臓では低い発現量であった。HEK293ヒト胚性腎臓細胞を用いたウェスタンブロット解析では、見かけの分子量が40kDの内因性PON3が検出された。ウェスタンブロット解析では、PON1と同様に、PON3もヒト血漿中のHDL画分にのみ局在することが示された。

Luら(2006)は、胎児の肝臓のcDNAライブラリーからPON3をクローニングした。PON3は、胎児の肝臓のcDNAライブラリからクローン化され、354個のアミノ酸と39.6kDの分子量を持つ成熟タンパク質であることがわかった。PON1とPON2に保存されている3つのシステインを含んでいる。Cys41とcys351は分子内ジスルフィド結合を形成することが予測され、cys283は抗酸化活性に関与することが予測されている。

Draganovら(2005)は、非変性PAGE法を用いて、ネイティブなリコンビナントPON3の見かけの分子量が94.9kDであることを確認しており、おそらく二量体を形成していると思われる。ヒト血清中のPON3をグリコシダーゼで処理したところ、分泌型のPON3には複合糖質が含まれていることが示唆された。

PON3遺伝子と自閉症スペクトラムASDとの関係

PON3遺伝子の病的変異は自閉症スペクトラムに関係するとしてClinVarに病原性があると登録されている。

PON3遺伝子とその他の疾患との関係

今のところ報告なし

この記事の著者:仲田洋美(医師)

プロフィール

さらに詳しいプロフィールはこちら