お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

NIPBL遺伝子

遺伝子名;NIPBL

遺伝子名: Nipped-B homolog (Drosophila)
別名: CDLS, CDLS1, DKFZp434L1319, FLJ11203, FLJ12597, FLJ13354, FLJ13648, FLJ44854, IDN3, IDN3-B, Scc2
染色体: 5 
遺伝子座: 5p13.2
遺伝カテゴリー: Rare single gene variant-Functional-Genetic association
関連する疾患: Cornelia de Lange 症候群

omim.org/entry/608667

機能

NIPBL遺伝子は、ショウジョウバエのNipped-B遺伝子産物や真菌のScc2型姉妹染色体結合タンパク質のホモログをコードしています。また、姉妹染色体の結合、染色体の凝縮、DNA修復などに幅広い役割を持つ染色体アドヒアリンのファミリーとも相同性がある。ヒトのタンパク質は、2つの部分からなる核標的配列と推定上のHEATリピートを持っています。この遺伝子の変異は、コルネリア・デ・ラング症候群を引き起こす。コルネリア・デ・ラング症候群は、顔面形態異常、成長遅延、四肢の短縮障害、精神遅滞を特徴とする疾患である。また、この遺伝子には、異なるアイソフォームをコードする2つの転写バリアントが見つかっています。

姉妹染色体は、S期複製された後、有糸分裂や減数第2分裂のアナフェイズに分離するまで結合している。この結合は、紡錘体微小管が姉妹染色体のキネトコアにかかる力を打ち消し、染色体が紡錘体で整列することを可能にする。また、姉妹染色体の結合は、第1減数分裂期の相同染色体の分離や、G2期のDNA二本鎖切断の修復にも不可欠である。コヒーシン(606462)は、姉妹染色分体の結合に必要なタンパク質複合体である。NIPBLはMAU2(614560)と二量体を形成し、コヒーシン複合体を姉妹染色体にロードするのに必須である(Watrin et al.

発現

Cornelia de Lange症候群(CDLS1; 122470)の分子基盤を探る過程で、Tonkinら(2004)とKrantzら(2004)は、Cornelia de Lange症候群に関連するde novo平衡転座を解析し、これらの症例で破壊される新規遺伝子を5p13.1に同定した。Tonkinら(2004)は、Nipped-B-like(NIPBL)遺伝子の産物を「delangin(デランギン)」と命名した。コード配列はエクソン2から始まり、エクソン47まで続いて長いアイソフォーム(2,804アミノ酸)が生成されるか、エクソン46の拡張バリアントまで続いてわずかに短いアイソフォーム(2,697アミノ酸)が生成される。短いアイソフォームと長いアイソフォームの残基1から2,683までは同一であり、短いアイソフォームには、長いアイソフォームの121アミノ酸のC末端とは無関係の14アミノ酸のC末端が含まれている(Tonkin et al.2004)。ノーザンブロット解析の結果、NIPBLは、胎児と成体の腎臓、胎児の肝臓、成体の胎盤、心臓、骨格筋、胸腺では強く発現しているが、胎児と成体の脳と肺、成体の肝臓、大腸、小腸、白血球では弱く、あるいはほとんど検出されないことがわかった(Tonkin et al. Tonkinら(2004)は、脊椎動物のデランギンが、Scc2タイプの姉妹染色体結合タンパク質やD. melanogaster Nipped-Bを含む、ハエ、ワーム、植物、菌類のオルソログと実質的な相同性を有することを見出した。

Yanら(2006)は、バイオインフォマティクスを用いた解析により、NIPBLタンパク質は、N末端にカルデスモン(CALD1; 114213)ドメイン、カルポニン(CNN1; 600806)ドメイン、2つのカルモジュリン(CALM1; 114180)結合モチーフを持ち、その後、核局在化シグナル、核輸出シグナル、5つのHEATリピート、C末端にDNA結合ドメインを持つことを明らかにした。

自閉症スペクトラムASDとの関係

この遺伝子は、特定の症候群を持つ人の一部が自閉症を発症する症候群性自閉症と関連している。

その他の疾患との関係


↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

NIPBL
疾患名コルネリア・デランゲ症候群1型
バリアント
検出率
分布
引用
程度重度
遺伝形式常染色体優性
症状:引用元
症状濃い眉毛、両側眉癒合、長くカールした睫毛、上向きの鼻孔、薄い上口唇、長い人中などの特徴的な顔貌。哺乳困難。哺乳力の微弱や口腔筋の協調障害のためもあるが、胃食道逆のためもおおい。
両側性感音難聴が多い。

側弯、成長障害、貧血、行動異常、先天性心疾患、心内膜炎、呼吸器感染、口蓋裂、屈折異常、停留精巣、先天性腎疾患

頻度推計罹患は約 4,000人
保因者頻度新生突然変異
新生児マススクリーニング対象外

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑