欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません

 IKBKAP

遺伝子名;  IKBKAP

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝 IKBKAP
疾患名 家族性自律神経失調症
スーパーNIPTジーンプラスの検査対象バリアント c.2741C>T (p.Pro914Leu)
c.2204+6T>C
c.2087G>C (p.Arg696Pro)
検出率 >99%
分布 アシュケナージ系ユダヤ
引用 Chaverra, M. et al. (2017); Shohat, M. &
Weisz Hubshman, M. (2003); Peters, N.
et al. (Springer Berlin Heidelberg, 2009)
程度 中等度
遺伝形式 常染色体劣性
症状:引用元 www.genome.jp/dbget-bin/www_bget?ds_ja:H01987
症状 家族性自律神経失調症は、ライリー・デイ症候群としても知られ、感覚および自律神経系の発育遅滞を特徴とする常染色体劣性遺伝性疾患である。症状には、痛みや温度に対する感覚の減少、心臓血管の不安定性、再発性肺炎、消化管障害などが含まれる。本疾患は、主にアシュケナージ系ユダヤ人の血統に限定され、エロンゲーター複合体の足場サブユニット ELP1コードする IKAP 遺伝子変異によって起こる。
頻度
保因者頻度
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移