欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

EIF2B5

遺伝子名;EIF2B5

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝 EIF2B5
疾患 遺伝性白質脳症 vanishing white matter(VWM)with leukoencephalopathy
スーパーNIPTgeneプラスで検査対象のバリアント c.318A>T
c.1157G>T
c.338G>A
c.584G>A
c.925G>C
c.1016G>A
c.241G>A
c.545C>T
c.583C>T
c.895C>T
c.896G>A
c.943C>T
c.944G>A
c.584G>A
c.1010A>G
c.1030C>T
検出率 >72%
分布 一般人口(世界中のどこにでもある普遍的な人口)
引用 Fogli A. et al. (2004)
van der Lei H. D. etal. (2010)
程度 重度
遺伝形式  常染色体劣性
症状:引用元 www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/052111386.pdf
症状 白質の消失を伴う白質脳症の神経学的悪化は通常、乳幼児期後期または幼児期に始まるが、若年および成人発症例も報告されている。神経学的兆候には、進行性の小脳失調症、痙性対麻痺、脳MRI画像上の白質病変に関連する認知障害などがある。疾患は慢性進行性であり、熱性感染症または軽度の頭部外傷に続く急速な悪化のエピソードを伴う。通常は発熱と昏睡のエピソードに続いて数年から数十年の経過で死に至る。
ケベック州とマニトバ州のクリー族とチペワヤン族の間で見られる重篤な早期発症型は、クリー白質脳症と呼ばれる。
進行の緩徐な白質の消失を伴う白質脳症の中には40歳未満のゴナドトロピンレベルの上昇に関連して6か月以上続く一次性無月経または二次性無月経で定義される卵巣機能不全を伴うバリアントがあり卵巣白質ジストロフィーと呼ばれる。
頻度
保因者頻度
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移