お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

BRAF

遺伝子名;BRAF

遺伝子名: v-raf murine sarcoma viral oncogene homolog B
別名:B-RAF1, BRAF1, NS7, RAFB1
染色体番号: 7
遺伝子座: 7q34
関連する疾患: 心臓顔面皮膚症候群 Cardiofaciocutaneous syndrome

omim.org/entry/164757

機能

この遺伝子は、セリン/スレオニンプロテインキナーゼのラフ/ミルファミリーに属するタンパク質をコードしています。このタンパク質は、細胞の分裂、分化、分泌に影響を与えるMAPキナーゼ/ERKsシグナル伝達経路の制御に役割を果たしています。この遺伝子の変異は、心臓障害、精神遅滞、特徴的な顔つきを特徴とする疾患である心筋梗塞症候群(CFC)[MIM:115150]と関連しています。また、この遺伝子の変異は、非ホジキンリンパ腫、大腸がん、悪性黒色腫、甲状腺がん、非小細胞肺がん、肺腺がんなど、さまざまながんと関連しています。

発現

Sithanandamら(1990)は、BRAFのキナーゼドメインに特有のオリゴマーを用いて、精巣cDNAライブラリーから全長のBRAFをクローニングした。この651アミノ酸のタンパク質は、計算上の分子量が72.5kDであった。BRAFは、RAFプロテインキナーゼに保存されている3つの領域、すなわち、仮説的なジンクフィンガー領域、セリン/スレオニンリッチ領域、C末端のキナーゼドメイン(仮説的なATP結合部位と触媒リジンを含む)をすべて含んでいる。また、BRAFのN末端はセリンリッチであり、CDC2(CDK1、116940)のリン酸化モチーフのコンセンサスとなっている。ノーザンブロット解析では、大脳、胎児脳、胎盤では10kbと13kbの転写産物が検出され、精巣では2.6kbと4.5kbの転写産物が検出された。また、精巣では10kbと13kbの転写産物の発現が少なかった。

Eycheneら(1992)は、BRAF遺伝子は、鳥類の細胞で検出される94kDのセリン/スレオニンキナーゼをコードする鳥類のc-Rmilプロトーンコジーンのヒトホモログであると述べている。このタンパク質は、mil/raf遺伝子ファミリーの他のタンパク質には見られないアミノ末端の配列を含んでいる。これらの配列は、鳥類ゲノムの3つのエクソンによってコードされている。Eycheneら(1992)は、これらの3つのエクソンがヒトのBRAF遺伝子に保存されており、鳥類の遺伝子と類似したアミノ酸配列をコードしていることを報告している。

自閉症スペクトラムASDとの関係

BRAF遺伝子のde novo missense variantは、Autism Sequencing Consortium(De Rubeisら、2014年)およびSPARKコホート(Wangら、2020年)のASDプロバンドで同定されている。16,000人以上の神経発達障害の症例における125の遺伝子の1分子分子反転プローブ(smMIP)シーケンシングと、ExACからの非精神疾患対照者との変異負荷の比較(Wang et al, 2020年、BRAFは、CADDスコアが30以上の超希少(MAF<0.01%)なミスセンスバリアント(Mis30バリアント)が、偽発見率(FDR)5%未満で有意に多く存在する遺伝子として同定されました。この解析には、14人のBRAFにおける合計11個のMis30バリアントが使用され、このうち5人はASDの一次診断を受けたコホートから得られました。BRAF変異を媒介とする心筋梗塞症候群の患者は、2つの報告で、一般的に使用されているASD関連の診断ツールで測定すると、社会的障害や内在化/外在化の問題などの自閉症的特徴を頻繁に示すことが判明した(Alfieriら、2014;Advientoら、2014)。

その他の表現型


↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

BRAF
疾患名心臓顔面皮膚症候群1型
バリアント
検出率
分布
引用
程度重度
遺伝形式
症状:引用元
症状CFC(心臓顔面皮膚症候群)症候群は、低身長、特徴的顔貌、心奇形、発達障害、知的障害を特徴とする先天性疾患です。まばらで脆い髪、皮膚の角化や魚鱗癬様の症状などの外胚葉の異常が見られます。高い前額部、斜めに下がった眼瞼裂、くぼんだ鼻梁、後方に傾いた耳といった顔貌が特徴的です。CFC症候群は Ras-MAPK 経路の構成因子をコードする BRAF, KRAS, MEK1およびMEK2 の遺伝子変異によって起こります。
頻度
保因者頻度新生突然変異
新生児マススクリーニング対象外

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑