お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

5q35

5q35微小欠失症候群 SOTOS SYNDROME 1; SOTOS1 ソトス症候群1型の概要

SOTOS SYNDROME 1; SOTOS1
ソトス症候群1型

www.omim.org/entry/117550
5q35微小欠失症候群はソトス症候群1型を引き起す。ソトス症候群は、胎児期から小児期にかけての過成長を特徴とする神経疾患で、骨年齢が高く、頭蓋骨が大きく、先端巨大化した特徴と尖った顎を持つ特異な顔立ち、時折見られる脳の異常や発作、知的発達の障害などを認める。
Sotos Syndrome-2(SOTOS2;614753)は、染色体19p13上のNFIX遺伝子(164005)の変異により発症し、SOTOS3(617169)は、染色体19p13上のAPC2遺伝子(612034)の変異により発症する。

脳性巨人症としても知られるソトス症候群は5q35に位置する核受容体結合SETドメインタンパク質1(NSD1)遺伝子のハプロ不全によって引き起こされる。NSD1はヒストン修飾とクロマチンリモデリングに関与するヒストンメチルトランスフェラーゼである。NSD1遺伝子を含む染色体領域の欠失は、日本人集団におけるソトス症候群の最も一般的な原因であり、一方、NSD1遺伝子の点突然変異は、白人集団における最も一般的な原因である。この疾患と、H3ヒストンのメチル化に関与する遺伝子であるEZH2(Enhancer of zeste 2 polycomb repressive complex 2 subunit)の変異に関連するWeaver症候群との間には、いくつかの重複がある。Weaver症候群の患者は、過成長と屈指症を有している。

臨床的には、ソトス症候群は、頭囲の増加を伴う出生時の明らかな過成長を特徴とする。筋緊張の低下、粗大および微細運動のマイルストーンの遅れが典型的である。しばしば、これらの小児は “不器用 “とみなされる。また、軽度の知的障害がある。Sotos症候群の患者は、額の張り出し、髪の生え際の後退、多毛、口蓋裂の下降、大きな耳、高い口蓋、とがった顎などの特徴的な顔つきをしている。また、歯の生え変わりが早いことも特徴である。骨格的な特徴としては、脊柱側弯症、大きな手足が挙げられる。一般的に骨年齢の上昇が見られる。脳の画像診断では、脳室の拡張、軸外脳脊髄液(CSF)の増加、皮質の萎縮空間、脳梁の異常などが見られます。5q35欠失患者では、動脈管開存症(PDA)や心房中隔欠損症(ASD)などの心臓の異常も頻繁に認める。また、腎臓にも、低形成腎や水腎症等の異常を認める。

NK2ホメオボックス5(NKX2.5)遺伝子もこの欠失領域に位置しており、先天性心疾患や房室(AV)伝導障害に関連している。

5q35微小重複症候群の概要

近年報告された5q35マイクロデュプリケーション症候群は、小頭症、低身長、発達遅延、骨成熟の遅れを伴う。
顕著な顔面形態異常はない。臨床像はソトス症候群の患者(大頭症、過成長および高い骨年齢)とは反対である。

この微小重複は、マイクロアレイを用いた比較ゲノムハイブリダイゼーション(aCGH)によって同定された。2人の患者における重複のブレークポイントは、Sotos重要領域を挟む近位および遠位のローコピーリピート(LCR)にマッピングされている。これらの結果は、重複のメカニズムとしてnon allelic homologous recombination(NAHR)を支持し、Sotos遺伝子NSD1(5q35)の用量効果を支持するものである。

*******************
ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号