お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

17q21.31

17q21.31微小欠失症候群KOOLEN-DE VRIES SYNDROME; KDVSの概要

www.omim.org/entry/610443

17q21.31微小欠失症候群KOOLEN-DE VRIES SYNDROMEでは、欠失は、微小管関連タンパク質であるタウ(MAPT)をコードする遺伝子に関連しており、両親のうち少なくとも1人にはH2反転と呼ばれる共通の反転多型が存在する。この逆位は、欠失につながる異常な組み換えイベントを媒介すると考えられる。当初は、MAPTをコードするMAPT遺伝子がこの疾患の原因遺伝子であると考えられていた。しかし、その後、この障害は、代わりにKANSL1遺伝子のハプロ不全によるものであることが判明した。KANSL1 (KAT8 regulatory nonspecific lethal (NSL) complex subunitは、遺伝子発現に影響を与えるクロマチン修飾因子KAT8の制御因子である。そのため、この病態は現在、KANSL1関連知的障害症候群として知られている。

臨床的には、この微小欠失は、軽度から重度の知的障害、筋緊張低下、および特徴的な顔つきと関連している。筋緊張低下はまた、乳児期の早い段階での吸啜不良や摂食障害と関連している。これらの患者の頭蓋顔面の特徴には、長い顔、大きな耳、鼻先が球根状になっている管状または洋梨状の鼻がある。その他の特徴としては、半数以上の症例で痙攣を起こし、心疾患(中隔欠損)、男性の約80%で停留睾丸、骨格異常(細長い下肢、股関節脱臼、足の変形、脊柱側弯)などが挙げられる。患者は一般的に人懐っこい性格で、時にはアンジェルマン症候群(AS)を彷彿とさせるような笑い声が頻繁に聞こえる。また、注意力の低下や多動性も報告されています。

これらの患者さんの管理には、発達評価、心疾患の有無を確認するための心エコー検査、脳の磁気共鳴画像(MRI)、脳波検査および発作がある場合にはその管理のための神経科への紹介などが含まれます。理学療法、作業療法、および言語療法は、特に筋緊張低下と摂食の問題に役立ちます。また、患者さんには拡張コミュニケーション法が有効です。

17q21.31微小重複症候群の概要

www.omim.org/entry/613533
17q21.31の重複には、微小管関連タンパク質Tau(MAPT)およびコルチコトロピン放出ホルモン受容体1(CRHR1)遺伝子が関与しており、欠失で見られたのと同様にMAPT遺伝子を挟む反転反復が介在している。この重複についての数少ない報告では、正常な認知から重度の知的障害、筋緊張低下、関節弛緩まで、様々な臨床的特徴と関連している。この重複を持つ患者では、社会的相互作用の低下や行動異常が報告されています。アルツハイマー病(AD)を対象とした研究では、早期ADの552人のうち、この領域に重複がある患者が4人みられた。

*******************
ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号