欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

中心体

中心体とは?

中心体 centrosome とは、動物細胞の細胞小器官の一つで、短い微小管から構成されています。
長さ0.4μm、9対の三連微小管が環状に組まれたもの(中心小体)が二個一組になり、相互に直角にL字形となっています。

中心体は普段は核の近辺に配置されていて、細胞分裂に先立ってS期頃に複製されて計4つになります。
細胞が分裂期に入ると、それぞれ2つの中心小体からなる中心体が細胞の両極に移動します。
中心体を基点として微小管の重合がなされて、細胞分裂の際には星状体(aster)および紡錘体の極となり、娘細胞染色体を引っ張って分配します。

(A)イモリnewtの肺の細胞での有糸分裂(M期)の4つの時期を免疫蛍光法を用いて観察したもの。
1.2.分裂前期では分裂問期には顕微鏡下でも見えなかった染色体(青)が凝縮し始めて見えるようになり、細胞の両極にある中心体(淡緑)が集合し始めます。
3.分裂中期。染色体は細胞を二分する平面(赤道)に沿って整列。紡錘体(淡緑)の微小管線維に結合。同時に核膜は消失。
4.分裂後期。染色体の半分ずつ(染色分体)が紡錘体に引っ張られて細胞の反対極へと分離するsegregate
6.分裂終期。染色分体が2つの集合に集まる。直後に染色分体は分散して個々の染色分体の集合を取り囲む核膜が新しく形成。

【6】ゲノム情報伝達の仕組み:細胞周期

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移