欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

ザイゴテン zygotene 対合期

減数分裂Prophase Iの5つのサブステージ
ザイゴテンzygotene(対合期)は減数分裂の第1期のサブステージで、相同性のある染色体が対になったり、シナプスで一緒になったりする段階である。
減数分裂は、生殖細胞(配偶子)を生み出す細胞分裂の形態で、第1減数分裂と第2減数分裂という2つの連続した核分裂からなる。減数第一期は、第一段階であり、レプトテン、ザイゴテン、パキテンディプロテンディアキネシスの5つのサブステージからなる。
対合期の前には、染色体は核の中で長い紐状に凝縮し始め、染色体は糸状に見えるようになります。接合期は、相同性のある染色体がペアになったり、シナプスで一緒になったりする段階です。相同染色体が対になったり、集まったりすることをシナプスと呼ぶ。これは、シナプトネマ複合体によって促進されることがある。
zygoteneという用語は、対になった糸を意味するギリシャ語のzygon(接合部)+-tene(フィラメント)に由来する。ペアリングはジッパーのような形で行われる。ペアリングは染色体のどの部分からでも始めることができ、例えば末端付近やセントロメア付近でもよい。また、対になる相同染色体は、長さが等しく、セントロメアの位置が同じでなければならないなど、非常に特異的である。対になった染色体は二価染色体または四価染色体と呼ばれる。
対合期は、テロメアが核の一端に集まっていることから、ブーケ期とも呼ばれる。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

 

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移