シグナル伝達 signaling pathway

シグナル伝達 signaling pathwayとは?

細胞内の主なシグナル伝達経路
細胞内の一群の分子が協力して、細胞分裂や細胞死などの細胞機能を制御する一連の化学反応をシグナル伝達 signaling pathwayとはとよぶ。ホルモンや成長因子などの分子が、細胞上または細胞内の特定のタンパク受容体に結合すると、細胞は環境から信号を受け取る。経路の最初の分子がシグナルを受け取った後、別の分子を活性化する。このプロセスは、最後の分子が活性化されて細胞の機能が遂行されるまで、シグナル伝達経路全体で繰り返される。シグナル伝達経路の異常な活性化は、がんなどの病気を引き起こす可能性がある。これらのシグナル伝達経路に関与する特定の分子を標的とした薬剤の開発が進められている。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号