セントロメア

セントロメアとは

セントロメア(Centromere) とは染色体の長腕と短腕が交差する部位をいいます。
染色体の構造
染色体のほぼ中央に位置するためこの名称になっていますが、短腕が凄く短くてセントロメアが中心にない染色体も実はたくさんあります。
細胞分裂するときには紡錘体が結合する大事な部分となっています。
凝集したクロマチン構造(ヘテロクロマチン)をとり、遺伝子発現自体は構造的に抑制されています。
DNAの塩基配列はセントロメア特有の繰り返し配列になっています。

 

Pocket